日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
定期戦から選手権時代へ Ⅱ 社会人大会からトップリーグへ
[[Ⅱ 社会人大会からトップリーグへ]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
引き継ぐこととなったが、決勝戦にさきだちフィールドでは全国社会人大会貢献への表彰
が主催者の日本協会、朝日新聞社によって行われ、表彰チームには記念のプラークを贈り
、ひとつの時代が終ったことを象徴するセレモニーで...
その他の大会史 九州朝日招待試合史
[[九州朝日招待試合史]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
九州協会は九州のラグビーを強化発展させるために、国内の一流チームを迎えて試合をす
ることが必要と考え、朝日新聞九州支局に勤務していた松岡洋郎(早大OB)が、東京本社の
企画部長だった西野網三(早大OB)に働きかけ...
敗戦の焦土から復興へ Ⅰ 国敗れて「ラグビー」あり
《日本協会創設35周年と50周年記念祭》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
ュージーランド等に遠征、優秀なる成果と国際親善に寄与された功績「感謝・表彰された
法人」▽毎日新聞社▽朝日新聞社▽日本放送協会▽近畿日本鉄道株式会社(日本ラグビー
史から)ところで、日本協会の創設記念祭がなぜ30...
戦後の国際交流 Ⅰ 来日した大学ラグビーのエリートたち
《初めて目にした創始国のラグビー》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
に宮さまから握手を賜ったときの感激…」の思い出話であった。そこで資料の中から引っ
張りだしてきたのが、朝日新聞撮影の宮さまがグラウンドで、かつての主将ブラードと握
手をされている写真である。当時の主将は25歳。1...
日本ラグビーフットボール前史 ユニオン成立まで Ⅳ 古都に三高ラグビーが誕生
《同志社ラグビーの功績と存在感》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
一のスポーツ大会を主催もしくは後援してしてきたのは、毎日新聞社の全国高校ラグビー
、全国高校選抜野球と朝日新聞社の全国高校野球優勝(戦前はいずれも中学)の3大会だけ
である。高校ラグビーについては後に詳述する。
日本協会の設立と興隆時代へ Ⅰ 日本協会の設立
《協会成立の経緯と背景》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
助、香山蕃、田辺九万三、滝川純三、松井竜吉、朝桐尉ー、秋山信好、木村文一、杉原雄
吉。1月14日於東京朝日新聞社、セレクションコンミッティー。1.上海駐屯英国防衛軍チ
ーム招聘ニ関シ打合アリ結局招聘スルコトニ決定...
日本協会の設立と興隆時代へ Ⅳ 関西に2つの競技場
《実業団と軍隊ラグビー》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
大倉組、コロムビア、松坂屋、白木屋、三省堂、木村屋、正路喜社、川崎第百、正金銀行
、東京日日新聞、東京朝日新聞、日魯漁業、北海道炭礦汽船などとなっている。(日本ラ
グビー史)このようにみてくると、戦前の関東で指摘...
敗戦の焦土から復興へ Ⅰ 国敗れて「ラグビー」あり
《1943(昭和18)、44(昭和19)年の空白を乗り越えて》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
に関西クラブのメンバーを別表の通り発表している。試合はKRCが24−6のスコアで快勝。
翌24日付けの朝日新聞(東京)によると、1段のベタ記事ではあったが「初のラグビー関西
クラブ勝つ」の見出しとともに、「千余名...
敗戦の焦土から復興へ Ⅰ 国敗れて「ラグビー」あり
《日本ラグビーの50周年記念式典》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
ムJ.エブラハム慶應義塾大学第三高等学校同志社大学慶應義塾普通部京都一中同志社中学
京都一商毎日新聞社朝日新聞社近畿日本鉄道奥村信太郎種田虎雄大倉喜七郎〈総裁秩父宮
さまのお言葉 〉今日ラグビー五十周年記念式典を...
定期戦から選手権時代へ Ⅰ 日本選手権がスタート
《日本選手権の変遷》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
「ストップ・ザ・釜石」を残り2分の大詰めで決めたのがトヨタ自動車のFB田中伸典の逆
転PG。日本協会、朝日新聞社発刊の全国社会人大会50年史に「釜石の歴史を私のキックで
変えた…」と題して、田中伸典がその後の再会...
戦後の国際交流 Ⅰ 来日した大学ラグビーのエリートたち
《ダークブルーの次はライトブルーのケンブリッジ大学》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
て名門大学を招聘することなど、及びもつかない破天荒の計画といえたが、それが実現で
きたということは偏に朝日新聞社の理解と協力なくしてはありえなかったといえるだろう
。1953年に来日のケンブリッジ大学のプログラム...
日本ラグビー新時代 Ⅲ ジャパンラグビートップリーグの創設
《トップリーグのめざすもの》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
まなければならない。最後に、トップリーグ創設までに第55回を数える全国社会人大会を
共催していただいた朝日新聞社様並びに支援いただきました関係各位の皆様、数ある歴史
ある出場企業のチーム様。さらには、トップリーグ...
年代史 大正
大正5年(1916)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
義塾G:三田綱町R:高地万寿吉第4回定期戦慶応義塾、YCACに4度目の勝利大正5年12月18
日に対戦朝日新聞社『運動年鑑』2巻P259「大正五年度の蹴球」の項に「我国に於ける蹴
球は未だ野球、庭球の如く普遍的に...
年代史 昭和
昭和7年(1932)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
7−3で勝利し、創部以来宿願の全国制覇を果たした。この年のワセダの戦法を『ゆさぶり
』と命名したのは、朝日新聞記者の西野綱三[元日本協会専務理事、元早大監督]だと『
片岡メモ』にある。/関東は早大、関西は同大が優...
年代史 昭和
昭和18年(1943)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
改称され”という文言に、片岡先輩のやり場のない怒りと無念さを感じる。/全早慶戦の
実施11月24日付け朝日新聞の片隅に“二十三日の練成”「闘球」に◇早慶対抗(現役、先
輩聨合)早大25(15−14、10−6)20...
年代史 昭和
昭和25年(1950)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
破し初優勝を遂げた。/第5回学生東西対抗は関東学生が57−9で勝って3連勝。/九州朝日
招待試合始まる朝日新聞社が九州ラグビー界の普及育成のため、1月15日に大学最優秀校
を招待して九州代表と対戦する九州朝日招待...
年代史 昭和
昭和27年(1952)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
開催され、八幡製鉄が15−6で川崎重工の挑戦を退け、3年連続3回目の優勝を果たした。全
国社会人大会は朝日新聞社の後援[第9回から共催]により第55回大会まで継続し、2003
年度トップリーグ発足により発展的に解...
年代史 平成
平成13年(2001)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
社会人ラグビーを改組して全国縦断のトップリーグを2003年度から発足させることを決定
した。これに伴い朝日新聞社の後援で行ってきた全国社会人大会を55回大会で発展的に終
了することになった。トップリーグ参加の12...
大学ラグビー史 決勝観戦記とテーブル
平成14年(2002)1月12日 平成13年(2001)度 第38回大学選手権決勝
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
、ついに下井レフリーがノーサイドを告げた。「早大、粘り本物 ロスタイム、ゴール10
メートル前で笛」、朝日新聞にも復活を認める見出しが踊る。「試合終了直前。早大は同
点トライを狙って敵陣左サイドを走る。しかし、ゴ...
社会人ラグビー史 全国社会人大会の歩み
[[全国社会人大会の歩み]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
のほとんどがラグビーをエンジョイするクラブチームであった。昭和24年(1949)1月に日
本協会主催、朝日新聞社後援で第1回全国実業団大会[第5回から社会人大会]が行われ、
社会人チームが強化に本腰を入れるように...