日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
日本代表国際大会史 アジアラグビー史
[[アジアラグビー史]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
際交流が活発になるにつれ、アジアのラグビーを強化し発展させようという機運が高まっ
てきた。IOC委員でタイ・ラグビー協会会長のチャローク・コマラクール氏が中心となり
、昭和43年(1968)12月15日に創立...
女子日本代表史 女子ラグビー国際交流試合
[[女子ラグビー国際交流試合]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
菜子(湘南スプリンガーズ)女子RWC2006アジア地区予選平成17年(2005)5月29日~6月6日
・スパンブリー参加国:カザフスタン、日本、タイ、香港No40★196/3○女子日本代表7
8-0●香港...
戦後の国際交流 Ⅳ 国際社会の地域大会と日本ラグビー
タイ国の提唱で始まったアジア大会》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
アジアラグビー選手権大会がスタートしたのは1969(昭和44)年3月となっている。タイのI
OC(国際オリンピック委員会)委員で、同国ラグビー協会会長チャロック・クマラクールの
提唱によるも...
戦後の国際交流 Ⅲ 日本代表の海外遠征
《第2次ウェールズ遠征の成功》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
あったかは十分ご理解いただけるだろう。この「展開・接近・連続」の大西戦法について
は、目良篤が初来日したイングランド代表とのテストマッチで、日本代表が3-6の大接戦
を演じた最大の理由にあげていることを前述し...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.28 第2回アジア大会(タイ)決勝
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
English機関誌昭和45年(1970)1月18日バンコク○日本代表 42-11 タイ代表●第2回アジ
ア大会に連続優勝第2回アジア大会は日本、韓国、シンガポールがグループA、タイ、香港
、...
敗戦の焦土から復興へ Ⅱ 多様化する協会活動
《日本の女子ラグビーが正式加盟》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
ーが愛され、親しまれるために努力をしている。女子ラグビーもラグビー発展のためひと
つの力になってもらいたい」と期待を込めたあいさつ。岸田則子専務理事も「日本ラグビ
ーのために少しでも力になれたら…」とエールを...
日本代表国際大会史 国際交流の歩み
[[国際交流の歩み]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
足したことである。昭和44年(1969)3月、東京秩父宮ラグビー場を舞台に、日本、韓国、
香港、台湾、タイの5ヵ国総当たりで行われ、日本はエース坂田好弘の逆転トライで香港
に24−22で辛勝し、第1回大会の優...
日本代表強化史 強化の変遷と考察
7 参考資料
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
い。個々のパワーアップを進め、ラグビーの原則理論を高いレベルで実施し得るチームを
つくる長期計画を持ちたい。日本ラグビーの進むべき道は奪取、接近、展開、突破、連続
を攻撃の指針となし、さらに強固なディフェンス...
日本代表国際大会史 ラグビーワールドカップ史
[[ラグビーワールドカップ史]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
った、前述のアンディ・ダルトンに代わって、SHのデビッド・カークが務め、栄えあるエ
リスカップを手にした。イタリア戦で90メートル独走して怪物といわれた、WTBジョン・
カーワン[現日本代表HC]、No8ウェ...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.261 アジア五カ国対抗 第1戦 香港代表戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
てWTB小野澤宏時。終了間際にも再びWTBトゥプアイレイが力強い走りでトライを奪い、31
-3でハーフタイムを迎えた。宮崎合宿から取り組んできた浅くフラットなラインでテンポ
よくパスをつないでいく攻撃スタイル...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.269 リポビタンDチャレンジ2011 RWC2011 NZ大会 壮行試合 アメリカ代表戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
合(秩父宮)。前のイタリア戦から先発12人を入れ替えた日本代表が、主力抜きの米国に20
-14で辛勝した。いわばW杯のカナダ戦を想定した相手だった。勝ったこと、けが人がで
なかったことが救いか。最後のセレクシ...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.282 日本代表欧州遠征 第2戦 グルジア代表戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
Z)○日本代表 25-22 グルジア代表●「新しい歴史をつくった。選手たちのハードワーク
と勇気を讃えたい」と、ジョーンズHCが賞賛を惜しまなかったルーマニア戦の後に日本代
表が向かったのは、コーカサス山脈と...
戦後の国際交流 Ⅴ 花開いたセブン・アサイド(7人制)ラグビー
《アジア競技大会で7人制日本代表が悲願の金メダル達成》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
初めてラグビーが採用されたバンコク大会で日本は惜敗1998年12月4日から19日にかけて
タイのバンコクで第13回アジア競技大会が開催され、この大会からラグビーが正式種目
として採用された。大会は...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.152 第13回アジア競技会(タイ)決勝
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
English写真機関誌平成10年(1998)12月18日タイ・アーミィSt.●日本代表 17-21 韓国代
表○日本初参加アジア競技会で韓国に敗れる日本代表はバン...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.292 パシフィック・ネーションズカップ 第4戦 アメリカ代表戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
代表 38-20 アメリカ代表●「アメリカはゲームの入りでフィジカルにくるので、試合の
入りに気をつけたい。受けるのではなく、自分たちで仕掛けて、プレッシャーをかける。
最初の10分間が重要」(NO8菊谷崇バ...
日本協会の設立と興隆時代へ Ⅲ 大学ラグビーの興隆
《再燃した京大発の入場料問題》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
入場料徴収に否定的だったのは慶應の長老OB、なかでも最強硬派は関西在住組と伝えらた
ものだが、5年を経たいま、また関西から反対の声が起こったわけである。それも注目し
なければならないのは、OBではなく問題提起...
日本協会の設立と興隆時代へ Ⅴ 日本代表が開いた世界への窓
《日本とカナダの国際交流がはじまる》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
の経験から考えた作戦で、体力と走力に優れた彼らにとっては当を得たものであったろう
。彼らのチームはだいたい社会人からなっており、シーズン初めで練習不足の点がみとめ
られたが、もし彼らに一ヶ月の余裕を与えチーム...
敗戦の焦土から復興へ Ⅱ 多様化する協会活動
《ラグビースクールと少年対策》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
自発的に動かなければゴールは得られない。しかもその一人ひとりの動きが、全員が等し
く、こうやってもらいたいと思っているような動きでなければトライに結びつかない。そ
れがグラウンドの上の All for One...
定期戦から選手権時代へ Ⅰ 日本選手権がスタート
《日本選手権の変遷》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
6回大会から神戸製鋼の7連覇へと、社会人絶対優勢の日本選手権時代へと移っていくが、
ただ、指摘しておきたいのは、連覇の数こそ同じ「7」であっても新日鉄釜石と神戸製鋼
のそれには多くの点で違いがみられる。まず、...
戦後の国際交流 Ⅱ 初めて見る世界のナショナルチーム
《レッドデビルの来襲》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
感を覚える。伝説のレッドデビルを巧みに描いている。ここにその要旨を再録して21世紀
の現代に伝えておきたい。「“赤い悪魔”とおそれられ、又親しまれ9月11日から26日ま
での半月の間、日本中をラグビー旋風の渦...