常総市/デジタルミュージアム

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
水海道市史 上巻 [序]
目次
常総市/デジタルミュージアム    水海道市史 上/下
…………………………………………………………………………502漢学502猪瀬豊城502秋
場桂園503坂野耕雨504宮本蘋香504水海道の医学と洋学505第四節文芸………………………
……………………………………...
水海道市史 上巻 第四編 近世の水海道地方 第五章 水海道の文化 第三節 学問
坂野耕雨
常総市/デジタルミュージアム    水海道市史 上/下
耕雨の伝記については詳しくは伝わっていない。しかし、この地方における篤学者であっ
たことは世評にのぼる...
水海道市史 上巻 第四編 近世の水海道地方 第五章 水海道の文化 第三節 学問
宮本蘋香(ひんこう)
常総市/デジタルミュージアム    水海道市史 上/下
、談笑丈夫(男子)ノ如シ、終(つい)ニ嫁セズシテ歿ス、年三十二、(原漢文)以上、猪瀬豊
城、秋場桂園、坂野耕雨、宮本蘋香を挙げたがこのほか水海道市域出身の学者には松田秀
軒がいる。この松田に関しては資料が乏しいの...
水海道市史 上巻 第四編 近世の水海道地方 第五章 水海道の文化 第四節 文芸
漢詩
常総市/デジタルミュージアム    水海道市史 上/下
海道地方の詩壇に大きな影響を与えた詩客に、藤野秋山、小野湖山、秋葉猗堂、川田甕江
、僧梅痴、秋場桂園、坂野耕雨、間中雲帆らがあり、なかんずく秋場桂園の活躍は幕末か
ら明治の中期に至り、地方詩壇の育成に大いに寄与す...
水海道市史 下巻 第五編 近現代の水海道 第二章 学校教育の発足 第一節 発足時の小学校
教員の養成と設立当初の小学校
常総市/デジタルミュージアム    水海道市史 上/下
大生郷学校の教員となった福田貞助についてみてみよう。福田は、弘化元年(一八四四)の
生まれで、若くして坂野耕雨の塾などで教養を身につけ、長ずるに及んで自らも塾を開く
ことになった文人である。彼は明治五年一〇月、選...
第三編 近世 第六章 庶民文化 第一節 文化の地方普及
石下地方俳壇の系譜
常総市/デジタルミュージアム    石下町史
、江戸の俳人、児島大梅門下の逸材で、両国に住んでいたが、嘉永二年(一八四九)には北
総に来遊、大生郷の坂野耕雨を訪問し、馬場の秋葉雪窓や向石下の増田素柳とも、かなり
深い接触があったらしい。雪窓や好古はまた郷土を...