弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (5 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (18 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (20 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (49 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (33 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (11 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (9 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (21 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (8 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (8 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (3 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (10 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (6 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (3 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[年表] 年表・索引編 (20 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 八 弘前地域の板碑一覧
鰺ヶ沢1~12
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
鰺ヶ沢1西鰺ヶ沢町種里町字大柳-種里城跡-鰺ヶ沢2西鰺ヶ沢町種里町字大柳-種里城跡
鰺ヶ沢3西鰺ヶ沢町種里...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 二 陸上交通網の整備と岩木川舟運
岩木川舟運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の川湊に集められ、十三湊まで輸送された。これらの物資は十三湖周辺の小型船によって
、七里長浜沖を南下、鰺ヶ沢湊(現鰺ヶ沢町浜町)まで廻漕され、そこから千石船などに積
み替えられて上方に運ばれた。この廻漕のことを...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 三 博奕と悪所 (二)悪所の取り締まり
公娼と私娼
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
より公認された売春婦)の場として認めた地域は、まず陸奥湾側の青森(あおもり)(現青森
市)と日本海側の鰺ヶ沢(現西津軽郡鰺ヶ沢町)が挙げられる。ここは、藩の重要な二つの
湊で、江戸時代には「両浜(りょうはま)」...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
町北金ヶ沢字塩見形薬師堂境内32~73深浦町関字栃沢甕杉下74深浦町関字栃沢(深浦町歴
史資料館保管)鰺ヶ沢1・2鰺ケ沢町種里町字大柳種里城跡3鰺ケ沢町種里町字大柳臥竜院墓
地4・5鰺ケ沢町日照田町字野脇地蔵堂...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第二節 復興期の経済 二 戦後の商工業
景気回復後の弘前市の商業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
。表21卸商品販売状況昭和31年7月現在種別事例商品仕向地卸売割合茶A主として弘前市周
辺農村20%B鰺ヶ沢,碇ヶ関,黒石,浪岡,五所川原65%-70%C北,中,南,西郡,弘前市内
,大館,能代90%紙類A北郡...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (二)沿岸警備と台場の構築
海防報告書にみる天保期の海防体制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
間越大筒台場32月屋村遠見番所2深浦117深浦大筒台場32金井ヶ沢村浦番所21金井ヶ沢村大
筒台場32鰺ヶ沢124728鰺ヶ沢大筒台場32長浜寄物番所2十三1415十三大筒台場32十三遠見
番所2脇元村遠見番所...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
六~一六一五)に城下寺町に移転、のち現在地へ。長勝寺曹洞宗金沢宗徳寺大永六(一五二
六)大浦盛信種里(鯵ケ沢町)西茂森大浦盛信が亡父光信の菩提寺として創建。賀田村(岩木
町)→堀越→慶長十五(一六一〇)、現在地...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 二 陸上交通網の整備と岩木川舟運
陸上交通網の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ているのは、表現に若干違いはあるものの、①秋田領境之明神堂(さかいのみょうじんど
う)~大間越~深浦~鰺ヶ沢~十腰内(とこしない)~弘前~藤崎~浪岡~新城(しんじょう
)~油川(あぶらかわ)~青森~浅虫~小湊(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 二 陸上交通網の整備と岩木川舟運
家中払米の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
森から松前へは、藩の重臣から小知行士まで階層を問わず、藩士の米が家中払米として積
み出されたのである。鰺ヶ沢からは上方への家中払米(かちゅうはらいまい)の積み出しが
多いのであるが、寛文三年には鰺ヶ沢からも松前...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
糧米確保
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
津軽藩政の展開と飢饉―特に元禄八年飢饉をめぐって―」『歴史』五二による)。藩では
、七月十二日に青森・鰺ヶ沢の両浜口を留めたと伝えられる(「平山日記」)。また、「国
日記」によると、七月十三日に、青森・鰺ヶ沢・...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 五 各種興行 (二)相撲興行
[[相撲興行]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
れに充てる願いが出され、認められた。元禄十二年(一六九九)に葛西太左衛門・成田無仁
左衛門から、弘前・鰺ヶ沢・浅瀬石川原の三ヵ所での相撲興行の願い出があった。この両
名は、『奥富士物語』の桜川太左衛門・黒塚無仁...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 4.古代の文化と信仰 (2)文字資料と文字文化 [[文字資料と文字文化]]
[[文字資料と文字文化]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
前半10「寺」〃〃〃〃(104溝)〃10世紀後半11「父」〃〃〃〃(26溝)〃〃12「〓」杢沢遺
跡〃鰺ヶ沢町大字湯舟字若山製鉄遺跡(8H)〃10世紀後半13「十」〃〃〃〃(12H)〃〃14「
□」山元(3)遺...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
種里城と町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
明応元年(一四九二)、現在の鰺ヶ沢町種里町に西海岸の掌握と西浜の南方にある安東氏に
備えて、久慈南部氏の信濃守光信が種里城を築いたことが...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
供口絵20同上口絵21東奥日報社写真提供口絵22同上口絵23南津軽郡浪岡町教育委員会口絵
24西津軽郡鰺ヶ沢町教育委員会口絵25八戸市博物館口絵26弘前市教育委員会口絵27同上口
絵28同上口絵29同上写真1仙...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運と領内の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
あるが、これは、岩木川流域の津軽の穀倉地帯からの米穀が、舟運(しゅううん)で十三湊
に集荷され、海上を鰺ヶ沢に廻漕される体制のことである(北見俊夫『日本海上交通史の
研究―民俗文化史的考察―』一九八六年法政大学...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (二)沿岸警備と台場の構築
領内海防と台場の構築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
青森へ馬廻組頭(表書院大番頭)西館宇膳(にしだてうぜん)を士大将とする一手五五人を派
遣し、また三厩・鰺ヶ沢・深浦・十三にも物(者)頭一手(物頭と中小姓・留守居組のうち
から一手一〇人宛)の固めの人数を配置した...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 二 城下町人の役負担
諸役と仲間
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
れに準じて納めることになっていた。弘前城下には居鯖横目(魚屋の商売を監視する役)が
四人、両浜(青森と鰺ヶ沢)に四人、十三(現北津軽郡市浦村)に一人、そのほか(場所不明)
に四人の計一三人置かれていた。ところが...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 二 日常生活 (二)日常生活
金木屋の生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
・香典を差し上げる。三日、向かいの桶屋の鉄が病死したため、悴(倅)忠吉がまだ十四歳
ほどで困っている。鰺ヶ沢〓菊屋へ京蕗一五把を差し上げる。五日、我家の田圃にまだ水
が入らず、苗代の苗が少し色が良くない。苗不足...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 三 市制施行前後の商工業
市制施行直前の商業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
人数が記されている。表32卸売商の状況卸売商(明治21年)商名総名市街陸奥国二戸郡及六
市街を除く青森鰺ケ沢弘前黒石八戸三戸米穀5841………………5……12酒類1244321141346
5味噌5811371...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
、八木橋文庫、旧八木橋文庫蔵史料、弘前藩庁日記(国日記)などの日記類、青森県立図書
館所蔵の瀧屋文書、鯵ヶ沢町公民館所蔵の塩屋文書を中心に、国立国文学研究資料館史料
館所蔵の津軽家文書、京都府立丹後郷土資料館所...