弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (10 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (4 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (3 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第三節 弘前市の都市計画 四 市街地開発事業
弘前駅前地区整備事業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
土地区画整理事業の代表例として弘前駅前地区を見れば、その目的は、駅前広場と駅前通
りがわずかに整備されているだけで、無秩序に発展した市街地なので...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第二節 高度経済成長と弘前の経済 一 津軽地域の中核都市弘前の財政
金澤市政の財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
を図るものとした。③弘前駅前再開発事業福士市政から受け継がれてきた弘前駅前再開発
事業は、三年度末には駅前地区土地区画整理の進捗率が五三・六%となった。七年度から
駅前地下道と地下自転車駐輪場が建設され、十年度に...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第三節 弘前市の都市計画 四 市街地開発事業
市街地再開発事業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
を確保して快適な環境に変える事業である。この事業としては、昭和六十三年(一九八八
)に計画決定した弘前駅前地区第一種市街地再開発事業がある。第一種市街地開発事業と
は、権利変換方式によるものである。なお、第二種市...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
園南沿道地区口絵79平成11年度都市景観大賞受賞の下土手町地区口絵80都市景観100選に
選ばれた弘前駅前地区
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第二節 高度経済成長と弘前の経済 一 津軽地域の中核都市弘前の財政
福士市政の財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
築と周辺再開発は、五十四年度になって着工が実現し、工事費一億円、用地取得費二億円
が計上される。また、駅前地区約三〇・一ヘクタールの都市改造事業が始まり、測量等の
経費に四五〇九万円余り、用地取得費に三億三〇〇〇...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第三節 安定成長への転換 一 安定成長への転換と弘前市経済
小売業の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
者を対象とする業種の整備も必要である。昭和五十一年十月には弘南ビルが完成し、イト
ーヨーカ堂が入店し、駅前地区の集客力が増えた。この結果、市内の商店街の動向にも変
化が見られた。昭和五十七年の調査では、各商店街の...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第三節 安定成長への転換 二 安定成長下での商店街の変化
大型店舗の出店
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
り、集客力を高めた。また、これらの店舗は変動も激しく、タックシティが土手町から郊
外に移り、また、弘前駅前地区再開発ビルにダイエーが出店した。これらの大型店舗は、
地域の中心的な店舗であり、その配置は人の流れを変...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第三節 弘前市の都市計画 一 都市計画の推移
地区計画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
全し、良好な住宅地の形成を図る。-用途の制限弘前駅前・上土手町地区土地の高度利用
が見込まれるJR弘前駅前地区及び上土手町地区において、良好な商業業務地区の形成を図
る。-用途の制限、壁面の位置、広告物、屋根・外...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第三節 弘前市の都市計画 二 道路の建設
生活道路の計画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
り、昭和五十年度の九・九%から大幅に整備が進んだ。この間には、昭和五十七年度に懸
案であった城東地区と駅前地区を結ぶ地下連絡道が完成し、歩行者及び自転車の専用道と
してその機能を果たしているほか、三・三・三号下白...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
前市名誉市民条例制定〈平成5年〉(左から、花田勝治・奈良岡正夫・工藤甲人・彌冨啓
之助・古川武治)45駅前地区都市改良事業完工〈平成13年〉