弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (45 件)

[目録] 文学館 (1 件)

[目録] 成田文庫 (32 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (95 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (32 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (23 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (24 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (31 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (21 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (3 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (2 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (5 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (5 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (21 件)

[年表] 年表・索引編 (30 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
*1廣澤安任「アイノノ遺跡ノ事」(東京人類学会報告2-11)1887年*2佐藤重紀「陸奥国上
北郡の竪穴」(東京人類学会報告5-51)1890年*3佐藤重紀「竪穴及チャシコツ」(東京人類
学会...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 〈注一覧…第2章〉
[[〈注一覧…第2章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
9月*5芹澤長介『層位的出土例と相対的編年』(古代史発掘①最古の狩人たち)1974年1月*6
曽根廣「陸奥椿山海岸より発掘せるエオリス様の石片に就いて」(地質学雑誌36-431)192
9年8月*7杉原荘介「...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (5)塩業 [[塩業]]
[[塩業]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
て進展した。製塩土器の出土例は、本県では縄文時代後期(八戸市風張(1)遺跡)にさかの
ぼり、同晩期には陸奥湾沿岸に広く展開するようになるが、弥生時代から奈良時代にかけ
てのものは未発見である。平安時代になると...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 1.各時代の概観
(3)10世紀後半~11世紀
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
や米代川流域(堪忍沢(かんにんざわ)・寒川Ⅱ遺跡等)に展開することが知られている。さ
らに、塩生産は、陸奥湾沿岸において集中的に行われており、約30の遺跡が確認されてい
る。漆器生産は、この時期に大きな転換期...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 2.集落と住居
(2)9世紀~10世紀前半
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
これも本県に圧倒的に多い施設である。前代の8世紀には、一部宮城県北の大境山(おおさ
かいやま)遺跡など陸奥国域の一部でも確認されていることから、その関連性(例えば集団
移住等)も注目されるところである。一般的...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 5.古代の交易・交流 (1)東北地方南部以南との交易・交流 [[東北地方南部以南との交易・交流]]
[[東北地方南部以南との交易・交流]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
文化圏を形成し、大和国家あるいは律令国家と対峙していた地域である。しかし、律令国
家による東北経営は、陸奥国あるいは出羽国の設置とともに、多くの城柵や官衙を拠点と
して、点から面への支配が及ぶようになり、文化...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 -文献リスト-
[[-文献リスト-]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
◇122酒井軍治郎・宮城一男・岩井武彦・水野裕(1967)郷土を科学する2・青森県の地質と
地下資源,陸奥新報社,P.3-38◇123Satoh, H. (1966) Pumiceflow deposits...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第5節 葬法 1.土壙墓
(3)弥生時代の土壙墓
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
遺構の代表的なものは、津軽半島の突端に近い東津軽郡三厩村宇鉄字下平に所在する宇鉄
Ⅱ遺跡と、下北半島の陸奥湾に面した下北郡川内町の板子塚遺跡である。宇鉄Ⅱ遺跡は、
昭和50年(1975)9月を第1次とし、3次...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第1節 古代に関する考古学研究略史
(2)太平洋戦争後から現代まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
査により、古代遺跡が飛躍的に発見されている。平山は津軽平野を*67、橘は下北半島を
中心に、また北林は陸奥湾沿岸をそれぞれ主なフィールドとして調査した。平山は須恵器
67、橘は擦文や続縄文土器*82*88*1...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈1〉津軽地方の土師器と擦文土器
[[津軽地方の土師器と擦文土器]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
当該地域の土師器と擦文土器の内容は、時代性と深くかかわり、地域性の濃厚な内容を持
つ時期と、隣接地の「陸奥」地域(太平洋岸側)、あるいは「出羽」地域(日本海側)に共通
性の高い内容を持つ時期とがある。また北海...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈1〉津軽地方の土師器と擦文土器
-古代後期Ⅰ期(9世紀初頭~9世紀中葉)-
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ものと共存する。一部ではカキメの用いられるものもある。甕の製作技法は、隣接の城柵
なかでも志波城を含む陸奥国に特徴的な在り方を示す。器種は坏・小型甕・長胴甕で球胴
甕が欠落し、一部で鉢が用いられる。須恵器の量...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (6)漁業 [[漁業]]
[[漁業]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
している。三内遺跡の場合は、3軒の竪穴住居跡から、大きさが5~6cmのものが合計13本
出土している。陸奥湾内での、タラなどの大型魚のはえなわ漁に用いられたものと想定し
ている。また、ヤスやモリは、大鰐町大平...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 4.古代の文化と信仰 (2)文字資料と文字文化 [[文字資料と文字文化]]
[[文字資料と文字文化]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
下田町中野平等)、「幸」(木造町石上神社遺跡等)なども注目される。墨書土器の一部は
、隣接する出羽国や陸奥国からの搬入も考えられるが、文房具としての硯も浪岡町山元(3
)遺跡・弘前市小友遺跡・平賀町鳥海山遺跡...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
「乳井出土古銭について」(東奥文化第11号)1958年*48成田末五郎「石川町出土の古銭に
ついて」(陸奥史談第31輯)1961年
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
しており、この時期は、奥州藤原氏(3代秀衡の時代)にとって、それまでの中で最も強い
公権(鎮守府将軍・陸奥守)を握り、支配圏を拡大した時期でもある。本遺跡での「かわら
け」を含む多くの遺物は、奥州藤原氏の政庁...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
3.野脇遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
なり云々」とあり、乳井大隅が中崎村を開村したという記録が出てくる。以後、中崎村が
見える史料として、「陸奥国津軽郡之絵図」正保2年(1645)(県立郷土館)、「津軽知行高
之帳」正保2年、「津軽郡知行高辻帳目...