弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (49 件)

[目録] 文学館 (1 件)

[目録] 成田文庫 (32 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (95 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (32 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (23 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (24 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (31 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (21 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (3 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (2 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (5 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (5 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (21 件)

[年表] 年表・索引編 (30 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、蝦夷朝貢。津軽の首領等に論功行賞。………………………………日本書紀8●斉明天皇
五年(六五九)三月、陸奥と越の蝦夷を饗応。………………………………日本書紀8●斉明
天皇五年(六五九)三月、阿倍比羅夫の第二次...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[八世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●和銅二年(七〇九)三月六日、陸奥・越後二国の蝦夷に、征討軍派遣。●和銅二年(七〇
九)七月、出羽蝦狄征討の準備。●和銅二年(七〇九)八...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十一世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●寛弘元年(一〇〇四)九月二十四日、陸奥守橘道貞、藤原道長に貢馬。●寛弘元年(一〇
〇四)閏九月十一日、出羽守平季信、藤原道長に貢馬。●寛弘元...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[九世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
一月七日、坂上田村麻呂、蝦夷征討の功により授位。●延暦二十一年(八〇二)正月七日、
征夷の霊験により、陸奥国三神に加階。●延暦二十一年(八〇二)正月八日、征夷の軍監以
下に授勲。●延暦二十一年(八〇二)正月九...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十二世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●康和四年(一一〇二)二月三日、陸奥守藤原実宗、貢馬。●康和五年(一一〇三)十一月一
日、藤原基頼、陸奥守。●長治元年(一一〇四)五月二日...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●延喜元年(九〇一)九月二十二日、菅原道真、陸奥守藤原滋実の死を悼む。蝦夷との交易
の困難さを詠む。●延喜十六年(九一六)三月五日、陸奥国交易進御馬。...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十五世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
という。●応永二十四年(一四一七)、南部守行、上杉禅秀の乱に戦功あり、南部家所伝で
はこのとき幕府から陸奥国司職に補任されたと伝える。●応永二十五年(一四一八)八月十
日、「関東大名南部(南部守行か)」上洛し...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[七世紀以前]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
遠征。●斉明天皇四年(六五八)七月、蝦夷朝貢。津軽の首領等に論功行賞。●斉明天皇五
年(六五九)三月、陸奥と越の蝦夷を饗応。●斉明天皇五年(六五九)三月、阿倍比羅夫の第
二次遠征。●斉明天皇五年(六五九)七月...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第二節 五輪塔 [[五輪塔]]
[[五輪塔]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
ているが、弘前市内に関する描写はない。明治以後、研究は一段と進み、昭和二年(一九
二七)中村良之進は『陸奥古碑集』をまとめ、その中に明治から大正にかけて調査した五
輪塔を記載している。同書によると、昭和初年の...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 二 青森県の板碑分布
[[青森県の板碑分布]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
宮境内に残る板碑は、浅瀬石城のあった黒石市高賀野から移された大善院に関連するもの
である。このほか、『陸奥古碑集』は付近にもう一基の板碑があったことを記録しており
、さらに浅瀬石字中屋敷にも数基あった旨を記し...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 八 弘前地域の板碑一覧
〈凡例〉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、若干の補足を行った。改定の際、福井敏隆氏の協力を得た部分がある。なお、補足は拓
本による調査のほか『陸奥古碑集』(中村良之進・昭和二年〈一九二七〉刊)によるところ
が大きかった。(9)板碑に欠損・切断・剥離...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) [後付]
参考文献(第四章に関連する主要文献・論文-各節の文中で記述したものは除く)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
「津軽大戸瀬村の古碑と箱舘所在貞治の碑」(むつ1輯)(6)竹内運平「長勝寺梵鐘の観察過
程に就いて」(陸奥史談14輯)(7)成田末五郎「船沢村地内に群立する板碑について」(青森
県文化3巻10号)(8)成田末...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 出典・典拠一覧(第一章・第二章) [[出典・典拠一覧(第一章・第二章)]]
[[出典・典拠一覧(第一章・第二章)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
記………………………………………………………………………………………………………
……日本思想大系新撰陸奥国誌……………………………………………………………………
……………………東京大学史料編纂所写本信長公...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十四世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
乳井郷福王寺別当職。●建武二年(一三三五)三月一日、伊賀盛光、津軽の戦功により篝役
を免除され、ついで陸奥国岩城郡矢河村の地を受ける。●建武二年(一三三五)三月十日、
南部師行等に外浜内摩部郷内を安堵。●建武...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 二 大浦城の歴史
[[大浦城の歴史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
誓願寺にある応安四年(一三七一)の板碑は、大浦城跡の本丸石垣より出土したものと伝え
られ(中村良之進『陸奥古碑集』)、『新撰陸奥国誌』にも「本丸の跡、(中略)東に虎口あ
り石垣残る」と記される。大浦城では、少...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 六 板碑の調査・研究史
[[板碑の調査・研究史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
平尾魯仙『合浦山水観』〈弘前市立図書館蔵〉所載)中別所の公卿塚の板碑を写生明治維
新後、青森県は『新撰陸奥国誌』編纂に着手し明治九年(一八七六)岸俊武の手により完成
した。この中にも板碑に関する記述がある。明...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 七 板碑の発見と保護の状況
[[板碑の発見と保護の状況]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
原一基南津軽郡大鰐町三ッ目内一基南津軽郡藤崎町藤崎二基南津軽郡田舎館村二津屋一基
次に、中村良之進の『陸奥古碑集』に記載され、その後行方を確認できなかった板碑のう
ち、再確認できたものを挙げたい。ただし、所在...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) -例言- [[-例言-]]
[[-例言-]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
話・物語・和歌・縁起・系図類を中心に、内容別に排列した。一、文献史料としては、古
代においてはおおむね陸奥・出羽国関係の史料から、中央政府による東北経営に関するも
のと、馬産に関するものとを重点的に採択した。...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十三世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
三日、惟重夫人伊豆田所女房に平賀郡岩楯村地頭代職(一期分)。●暦仁二年(一二三九)正
月十一日、幕府、陸奥国郡郷所当の銭納を禁止。また白河関以東の銭貨の流布を禁止。●
延応元年(一二三九)三月二十八日、曾我惟...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 一 大浦城の立地と現状
[[大浦城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
の平賀郡を「上浦」というのに対して付けられたという。大浦城はまた、地名を取って「
大浦賀田城」(『新撰陸奥国誌』)「八幡城」(慶安二年「津軽領分大道小道磯辺路并船路
之帳」、八幡は賀田の北の集落)とも呼ばれた...