弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (33 件)

[目録] 文学館 (1 件)

[目録] 成田文庫 (32 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (95 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (32 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (23 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (24 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (31 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (21 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (3 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (2 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (5 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (5 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (21 件)

[年表] 年表・索引編 (30 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 七 第五十九国立銀行の創設
第五十九国立銀行の創設
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
。国立銀行創立願私共、申合、明治九年八月中御頒布相成候国立銀行条例を遵奉し、青森
県管下第三大区一小区陸奥国津軽郡弘前本町一番地に於て、資本金額概計二十万円を以て
国立銀行創立仕度、尤既に株主も大略決定仕居候...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 三 反自由民権グループ
陸奥立憲帝政党の結成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
き)論者の為に我国体を過られん事を憂へ、慷慨忠憤の士を団結し大に漸進の主義を拡張
せんとて、同地に於て陸奥帝政党を組織せられしに、之に同盟なす者恰も響の応ずるが如
く也と云ふ。今其盟約書を得たれば左に記せり。...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 三 市制施行前後の商工業
市制施行直前の商業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
統計でも、理髪については、理髪人数が記されている。表32卸売商の状況卸売商(明治21
年)商名総名市街陸奥国二戸郡及六市街を除く青森鰺ケ沢弘前黒石八戸三戸米穀5841……
…………5……12酒類1244321...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第三節 商工業の近代化 七 交通・運輸の進展
鉄道事業の伸展
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
備も軽易で、旅客運賃額に最高制限がなかった。同法に基づき、大正七年九月二十五日に
は五所川原-川部間に陸奥鉄道(本社五所川原町)が開業し(資料近・現代1No.六二五)、五
所川原町との交通が著しく便利になった...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第四節 大正二年大凶作と弘前市の農業 二 凶作後の農業
養蚕業の振興
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
個々の農家で副業的養蚕が奨励される一方、本格的な製糸業を目指す動きも出ており、大
正八年(一九一九)、陸奥製糸株式会社が清水村富田(現弘前市)に設立された。業務は生糸
と蚕種の製造販売、桑苗の製造販売、蚕糸業...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 四 学制の実施
鬼沢小学開校と「村落小学」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
小学を列挙する。表17中津軽郡各小学名称地名設立年新築旧屋公有借用教員生徒授業料備
考男女男女百田小学陸奥国津軽郡百田村明治九年民家借用二五一有現城東小学校の前身川
田小学陸奥国津軽郡清野袋村同同同一三二同後...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
焼け跡)口絵50大正初期の自動車(東長町の果実問屋前にて)口絵51大正4年蓬莱橋開橋口絵
52大正7年陸奥鉄道開通口絵53青森県初のデパートメントストア「角は宮川」†大正4年陸
軍大演習†口絵54大本営が設置...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 一 青森県の成立と弘前 [[青森県の成立と弘前]]
廃藩置県
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
(ひろき)による建言が太政官に出され、大久保利通内務卿から二人に尋問があった。この
ときの五県とは本州陸奥国の五県で、北海道の館県(旧松前藩)は入っていなかった。もっ
とも、北海道と弘前のかかわりは、明治三年...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 一 青森県の成立と弘前 [[青森県の成立と弘前]]
弘前県から青森県へ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
弊から抜け出しがたく、諸事御一新の目的が達しがたい、これに対して青森は「陸羽第一
ノ大港ニテ海運得便、陸奥渡島(おしま)両国ヲ管轄スルニ最上ノ要地」ということだった
。また、戊辰戦争の功労賞の「三陸二岩触頭(...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 二 明治初期の制度改正と弘前 (三)戸長役場時代の村
村の実情
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
協議費の負担をわれわれがしなければならない理屈は分かる。しかし、ここ宮地村は戸数
僅に五十余戸-「新撰陸奥国誌」によれば田畑を専(もっぱら)の産とすれども土地下の下
にして、人又少く、柴薪を市に売て口を糊する...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 一 弘前不平士族
弘前士族の反発
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
となり、明治十四年から十五年にかけての弘前紛紜(ふんうん)事件(本節第二項参照)を起
こし、十六年には陸奥帝政党結成に奔走した。彼らの中で最も活発に活動したのは川越石
太郎で、彼の思想は不平弘前士族の典型であ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
請願建白文の審議
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
ち師範学校教師)の二一人である。この会合で建白文が審議され、決定した。もっとも、
この建白文は「青森県陸奥国八郡有志人民三千人の委員本多庸一等」という書き出しであ
ったが、元老院に提出された建白文は「三千人の...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 三 反自由民権グループ
陸羯南の手紙
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
すでに陸羯南は、明治十五年四月十四日、帝政党結成に積極的な内務省の品川弥二郎に弘
前における陸奥帝政党結党の不調を手紙で伝えている。羯南は明治十三年秋から翌十四年
五月まで北海道の官営紋別製糖所に勤...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
「農事調査」と中津軽郡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
(馬厩、人糞)の確保、果実・蔬菜(そさい)の販路が便利であると指摘されている。また、
「農事調査」の「陸奥国中津軽郡農産地図」によれば、各村の中心的な農産物として、弘
前市街-林檎・養蚕・葡萄、清水村-米・小...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
菊池楯衛とりんご植栽
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
授)は、楯衛の自園について「今から考えてみると、私設の園芸試験場である」と評価し
ている(菊池秋雄編『陸奥弘前後凋園主菊池楯衛遺稿』一九三八年)。写真19菊池楯衛菊池
は、明治十年代初めから、全国各地の博覧会...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
組織的活動-化育社
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
に、秋の農産品評会は年中行事の一つで、「官権の力を借りずに農事の改良、新知識の普
及を計った」(前掲『陸奥弘前後凋園主菊池楯衛遺稿』)ところに、この時期の指導者の心
意気を読み取ることができる。組織的活動とし...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 四 明治維新後の弘前と町の経済状態
町の様子
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
でゝある。随分長いものであった。殆んど三十年近いもので三昔である。(中略)(山野亘
「大弘前建設論」『陸奥の友』五-四、五、六)写真22明治5年当時の北の郭と亀甲門弘前
城を舞台に、明治維新後の若者たちが乱暴...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 六 通信・運輸
電信事業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
六台を設置したことに始まる。明治五年九月、東京の浅草電信局を起点に、宇都宮・白河
・福島・仙台を経て、陸奥湾に面する青森県今別に至る約八二五キロメートルの東京・青
森間の電信線架設工事が東京・青森双方から同時...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 四 学制の実施
含英女小学創設
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
英女小学(元寺町)表16弘前各小学(明治八年)名称地名設立年新築旧屋公有借用教員生徒男
女男女白銀小学陸奥国津軽郡白銀町明治六年旧官舎公有一〇-三三五-和徳小学同和徳町
同旧倉廩同七-一五八-亀甲小学同亀甲町...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 四 日清戦後の商工業
日清戦争後の会社、銀行と工業生産
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
8同弘前煙草合資会社同土手町煙草製造及仲買3,5007同漆器樹産合資会社同本町漆器販売3
,0005同陸奥物産合資会社同和徳町藁細工物其他販売2,3507同弘前桶樽合資会社同鍛冶町
桶樽製造7005同弘前織物...