弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (1 件)

[目録] 通史編3(近世2) (1 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (1 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (1 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (101 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (30 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (184 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (208 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (15 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (9 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (16 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (2 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (503 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 序 はじめに・例言・目次
はじめに
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
近世部会長長谷川成一ここに、『新編弘前市史』資料編3(近世編2)を刊行する。本巻では
、『新編弘前市史』資...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第6章 幕藩体制の動揺と民衆
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
の期間は、概ね次のようにとらえることができよう。宝暦期とそれに続く明和・安永・天
明期の約三〇年間は、近世社会の大きな転換点・分岐点として認識されている時期であり
、宝暦・天明期として一括して把握されてきた。...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 二 神社建築
●猿賀神社 本殿 尾上町大字猿賀字石林--県重宝
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
この神社の創立については、古代にまで遡る伝承も伝えられており、中世を通して信仰さ
れ、近世においても、津軽家の祈願所となるなど、周辺の人々の篤い信仰に支えられてき
た神社である。素木造の簡素な...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第7章 藩政期の人々の生活と文化
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
本章では、藩政初期から幕末期まで、すなわち資料編2(近世編1)の藩政前期をも含めて人
々の生活の実態を扱った。第一節「武家の生活」では、藩主と藩士の生活を取り...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
伊能中図(東京国立博物館蔵)津軽風俗画巻平尾魯仙原画(本文史料二四七号)忍ぶ草(本文
史料一六一・一六...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 序 はじめに・例言・目次
新編 弘前市史 資料編3 近世編2 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
■口絵■序はじめに…………………………………………………………………………………
…2例言………………...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第7章 藩政期の人々の生活と文化 第一節 武家の生活 二 弘前城と江戸藩邸 (一)弘前城と本丸御殿
1 弘前城の歴史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
二年(一五九三)であった。江戸幕府成立後、外様大名の一人として、四万七〇〇〇石を領
したが、堀越城では近世的な城下を形成するうえで、地勢的にも、また、規模の上からも
不十分であった。そこで新たに「高岡」の地へ...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 [[寺社建築]]
はじめに
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
近世になって城郭が形成されていった弘前では、数多くの寺社がいっきに建立され、それ
がまた、よく残されている...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 一 寺院建築
●革秀寺 藤代一丁目
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
広縁を取り、外陣と内陣とに分けられている。内陣の来迎柱には組物を置き、その前面に
須弥壇を構えている。近世初頭における禅宗寺院の大規模な本堂建築であり、津軽地方に
おける曹洞宗本堂の典型として、価値の高い遺構...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 一 寺院建築
●円明寺 本堂 新寺町--県重宝
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
る浄土真宗の本堂建築としては最古のものであり、構造形式や細部の様式、意匠にも優れ
たものがある。県内の近世本堂建築のなかでもとりわけ貴重な建築である。図10円明寺本
堂平面図
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 一 寺院建築
●報恩寺 本堂 新寺町--県重宝
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
である。宝永元年(一七〇四)の建立であり、格式の高さとともに、古い形式が採用されて
おり、県内における近世本堂建築を見るときには欠くことのできない重要な建築である。
図15報恩寺本堂平面図
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 一 寺院建築
●橋雲寺 愛宕堂 岩木町大字植田字山下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
を建てるが、ほかはすべて横羽目板壁である。向拝の虹梁や象鼻や手挟などの彫刻も優れ
たもので、津軽地方の近世三間堂として貴重な遺構である。図18橋雲寺愛宕堂平面図
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 二 神社建築
●厳鬼山神社 本殿 十腰内字猿沢--県重宝
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
棟札に「……十一面観世音精舎一宇……」と記されているように、かつては観音堂であっ
たものであり、近世津軽の三間仏堂が、神社本殿となる典型的なものである。建立された
のは、棟札によると、元禄四年(一六九一...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第9章 維新と藩体制の崩壊
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
る。これらの他にも、田中秀和氏の民衆史料によって宗教政策や民衆生活が浮き彫りにさ
れるであろう。本章が近世と近代の間の明快な連結点となることを願っている。(解説坂
本壽夫)
新編弘前市史 資料編3(近世編2) [後付]
「新編 弘前市史」編纂事業 関係者名簿(平成十一年四月一日現在辞令交付分)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
成技術(株)代表取締役〃佐々木馨北海道教育大学函館分校教授調査協力員菊池正司尾上町
立尾上中学校教諭Ⅱ近世専門部会部会長長谷川成一弘前大学人文学部教授執筆編集員黒瀧
十二郎弘前学院大学非常勤講師〃篠村正雄元県...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) [後付]
[奥付]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
新編弘前市史資料編3(近世編2)平成12年3月31日発行■<編集>「新編弘前市史」編纂委
員会■<監修>乕尾俊哉(弘前大学名誉教...