弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (1 件)

[目録] 通史編3(近世2) (1 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (1 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (1 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (101 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (30 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (184 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (208 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (15 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (9 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (16 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (2 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (503 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編3(近世2) 序
凡例
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
市史』資料編1(古代・中世編)……資料古代中世No.□・資料古代中世□頁、『新編弘前市
史』資料編2(近世編1)……資料近世1No.□・資料近世1□頁、『新編弘前市史』資料編3(
近世編2)……資料近世2No...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 一 町方の構成
諸家業と職人
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
についてわかる最も古い史料は、先に引用した元禄年間(一六八八~一七〇三)の「松井四
郎兵衛留書」(資料近世1No.一一五〇)である。これによれば、元禄三年(一六九〇)ころ城
下で酒屋(酒造業)を営む者は、本町...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
藩政中期四代信政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
政の後見役信英の所領となる黒石領の検地が行われているので、寺社領の把握もなされた
ものとみられる(資料近世1No.八一八、八一九)。貞享元年(一六八四)から四年間をかけて
実施した「貞享検地」は詳細を極めたも...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 一 治安と犯罪 (一)治安機構と共同体規制
辻番・自身番・木戸番
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
され、木戸では怪しい者の通行の警戒に当たった。「国日記」延宝六年(一六七八)二月十
日条によれば(資料近世2No.二六四)、藩士の御手廻組(おてまわりぐみ)に対し、辻門番・
自身番は夜回りを油断なく勤めるよう...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 四 庄内出兵と野辺地戦争 (一)戦局の展開と藩論統一
藩論の紛糾
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
相が強くなってきたことを指摘し、鎮撫総督軍の通行許可を強く求めたが、意見は聞き入
れられなかった(資料近世2No.五二九)。五月十四日には、仙台から同盟に調印した山中兵
部が帰藩し、より詳しい事情を得た弘前藩...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
藩政前期為信
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
一五九〇)に豊臣秀吉から領地を安堵され、戦国大名としての地位を築いたことによって
なった(長谷川成一『近世国家と東北大名』一九九八年吉川弘文館刊)。この統一過程にあ
って、天正六年、浪岡城攻略の時は間者に浪岡...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 五 人々の信仰 (二)庶民の信仰
伊勢参り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
伊勢神宮は、慶長七年(一六〇二)、城内に「太神宮」として神主惣宮太夫久長に祀らせ(
資料近世1No.一五一)、寛永四年(一六二七)、天守閣焼失の際に信枚が現在地へ移させた
。伊勢神宮では伊勢御師...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 二 ねぷた運行
ねぷたの起源と変遷
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
なる眠気(ねむけ)を退けるために、「祢ぶたハながれろ。まめの葉ハとゞまれ。いや/\
、いやよ。」(資料近世2七六七頁)と唱えて、笹で身を撫(な)でて川に流したのであり、
送り盆または七夕(たなばた)の流し行事...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 三 藩士の衣食住 (一)衣服
生地による統制と着用規定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
材料として絹・紬(つむぎ)・木綿の三種類の使用が許され、一〇〇石以下は木綿のみに制
限されている(資料近世1No.七三三)。「国日記」正徳元年(一七一一)八月二十六日条には
、先年(正確な年代は不明)藩士一同...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 三 藩士の衣食住 (三)住居
建坪と住宅平面図
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
高による家屋の新築基準が、「御用格」寛政十年(一七九八)七月二十九日条に次のように
示されている(資料近世2No.二一四)。一、此末新家作之分、建坪御定左之通、母屋五拾坪
弐百石同四拾坪百五拾石同三拾坪百石同...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第二節 村の生活 一 衣食住 (一)衣服
仕事着
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
領には、天明八年(一七八八)から寛政元年(一七八九)までに記録した「奥民図彙(おうみ
んずい)」(資料近世2No.二四六)に、絵入りの仕事着とそれについての記述がある。それ
によれば、男は野良着の上着に藍で染...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第一節 学芸の隆盛 二 藩校
学官の職掌
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
った。寛政八年(一七九六)三月十五日には職制が定められ、学官名に対応する席次と俸禄
が決められた(資料近世2No.二七九)。「国師」は総司の学官名であり、藩校全体を総括す
るのがその職掌である。「典成」(小司...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第二節 学芸の開花 四 美術・工芸
弘前市内寺院所蔵の彫刻・絵画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
と名高い仏師の名を確かめ得るものも少なくない。また、弘前に江戸と上方双方の仏像が
運ばれていたことは、近世の仏像流布の問題を考えるうえで重要である。その問題を考え
るとき、現在長勝寺に安置されている三門楼上羅...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
二代信枚
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
宗寺院三三ヵ寺を集めた。図189.茂森禅林街元寺町(もとてらまち)へ集めた寺院は「正保
城絵図」(資料近世1No.七一六)によれば、天台寺一ヵ寺、浄土寺一ヵ寺、門徒寺(浄土真
宗)四ヵ寺、法華寺(日蓮宗)二ヵ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (二)天台宗の寺院
薬王院
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
を通してこの本祐とも師弟の関係にあった。本祐は江戸常福寺と兼帯し、信枚へは兵法三
ヵ条を伝授した(資料近世1No.四三〇)。寛永四年(一六二七)、雷火により天守閣が焼失し
た時に東照宮も被害を受けたらしく、同...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 一 町方の構成
戸口と住民構成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
家の比率が一対二になっている。元禄年間(一六八八~一七〇三)の「松井四郎兵衛留書(
とめがき)」(資料近世1No.一一五〇)には、元禄三年(一六九〇)の「諸事覚」があり、そ
れによれば町方の総家数は借家を合わ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 一 町方の構成
日雇と松前稼ぎ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
、幕末期の文久三年(一八六三)八月の「和徳町西側四丁目より坂之上九丁目迄(まで)戸数
人別改帳」(資料近世1No.一九七以下「和徳町人別帳」と略記)が参考になる。「桶屋町人
別帳」には同町だけでなく、隣接する...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 二 城下町人の役負担
諸役と仲間
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
.弘前寶字銀時代が下がると、宝暦年中(一七五一~六三)から御印方によって書かれた「
家業役銀帳」(資料近世1No.一一五五)がある。これには、多くの家業の役銀が記載されて
おり、まとめると表3のようになる。な...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 三 市域の変遷
宝暦期の城下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
横町(現東長町)の算盤(そろばん)屋大坂屋久兵衛宅から出火した火事により、寺町の五ヵ
寺が類焼し(資料近世1No.七一三・七一四)、翌年寺町の寺院を南溜池の南に移動させて新
寺町を形成したのが最初である。次の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 三 市域の変遷
寛政期の城下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
空き屋敷が生じたことである。天明四年(一七八四)に始まり寛政十年(一七九八)の廃止に
いたる経緯(資料近世2No.七〇~八五)については、第四章第二節二を参照のこと。寛政七
年(一七九五)の「御家中在宅之族(...