弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (1 件)

[目録] 通史編3(近世2) (1 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (1 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (1 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (101 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (30 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (184 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (208 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (15 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (9 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (16 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (2 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (503 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
堀越城と城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
府として使われたところである。この時期の堀越城は、政治を司る中心としての機能を有
し、豊臣政権の中での近世大名として成長していく段階でも重要な意味をもっていた。さ
らに近世大名津軽氏の権力の形成と津軽地方にお...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
藤崎城と中世都市
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
町も津軽地域における特異な手法によって作られた中世都市であるということができる。
もともと藤崎の地は、近世には羽州街道の宿駅で、なおかつ平川に臨む水陸交通の結節点
にあり、岩木川を利用して年貢米を輸送するため...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦氏の城下町建設の流れ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
地域の領土拡張に向けて動き出していく。為信は天正十八年(一五九〇)から文禄三年(一
五九四)の五年間、近世大名津軽氏の領国支配の本拠として大浦城を利用していたが、同
年に大浦から石川城の北側に位置する堀越(ほ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 二 南部氏の津軽平定と石川高信
三戸南部氏による領国支配の強化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
嫡男盛信(もりのぶ)を置いたとされる(史料八七七)。光信・盛信親子が戦国時代末期に津
軽地方を席巻し、近世大名へと発展する大浦-津軽氏の祖とされているのはいうまでもな
い。写真189南部(大浦)光信倚像津軽氏...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
穢・祓と境界の地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
てきた。境界の地に犯罪者を流刑にするのは、穢を境界の地に追放する祓(はらえ)の行為
でもある。これは、近世武家法の遠島にまでつながる日本固有の観念であった。このよう
に、境界の外には、流された穢がそこに充満し...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
世的な展開相を眺めてみることにしよう。今日の「禅林三十三ヵ寺」や「新寺町」が政治
的に形成されたのは、近世期のことであり、その意味で、今日の寺社群がそのまま中世的
なありようを伝えるとは限らない。むしろ、今日...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
種里城と町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ると同時に、種里城の城域を明確にしている。写真202種里城の外郭土塁と堀跡次に城と
町とのかかわりでは近世の絵図面(写真203)や、明治期に書かれた地籍図で復元をしてみ
ると、かなり小さなものではあったが「町...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (一)歴史的な激化の背景
女性たちの戦場
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
近世初頭の史料を手掛かりに、戦国時代の女性達の姿についてみることにする。『津軽徧
覧日記』の天正十三年(一...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 四 阿倍比羅夫「北征」
沈黙交易
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
黙交易」と呼ばれているスタイルの交渉の事例としてよく知られている。白石は『蝦夷志
(えぞし)』において近世アイヌ社会でも同様の事例があることを述べている。ただこの比
羅夫と粛慎との接触の場合については、比羅夫...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 一 延久蝦夷合戦
「東夷征討」祈願
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
也」なる記述は、あるいは「頼俊、征討東夷之故也」の誤写であったかもしれない(現在
伝えられているものは近世の写本である)。また、それは七年前の前九年合戦の勝利の単
なる報賽供養などではなく、今まさに行われよう...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 一 文治五年奥州合戦
鳥取越えの奇襲と安藤次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ら、密かに会津の方に向かった小山朝光以下の七名によってなされた。地元の研究者によ
れば、そのルートは、近世の羽州街道の小坂(こさか)峠越えから白石川に至り、その支流
七里沢川沿いの間道伝いに阿津賀志山を大きく...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
津軽(郡)中名字の世界
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
津軽の状況を正確に伝えているとは考え難い。そこに記された字名は貴重な史料といえる
が、郡名については、近世における所伝としてはともかく、なお慎重な検討が必要であろ
う。
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
秋田の唐糸伝説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
光明寺(秋田市旭北寺町)・三七日(みなぬか)山阿弥陀堂(現大国主神社、仙北郡西木村・
写真107)に、近世の縁起が残されている。写真107三七日山阿弥陀堂(秋田県西木村・現大
国主神社)先にも触れたとおり、そ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
得宗領・安藤氏との関わり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
られよう。唐糸伝説と得宗領の分布とは密接なかかわりをもつものなのである。ただこれ
らの所伝は、直接には近世を遡るものではなく、縁起としてそれなりの目的があって書か
れたという要素も多々あるであろうから、細部に...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
安藤氏の系譜認識
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ることには注目すべきであろう。この蝦夷に連なるという系譜認識は、中世を通じて維持
され、その末裔である近世大名・明治華族秋田氏となっても、その解釈はともかくとして
、この特異な系譜認識だけは受け継がれていった...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
系譜認識の変化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
き並べることはまずない。安藤氏系譜の特異性は際立っている。もちろん、現在に伝えら
れている諸系譜には、近世社会の成立による「ひのもと」世界の消滅に伴って、相当の改
変が加えられている。たとえば『秋田家系図』で...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
蝦夷か蝦夷の支配者か
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
すれば、このことは安藤氏の系譜認識形成に大きな影響を与えていたであろう。安藤氏の
末裔である秋田氏が、近世に一時期使用した「伊駒」姓も、日本神話はもとより、蝦夷の
祖である安日・長髄説話とも密接に関係する。も...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 四 執権時頼の東国廻国をめぐって
[[執権時頼の東国廻国をめぐって]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
真言宗寺院として誤認してしまったのは、鎌倉時代における天台宗から真言密教寺院への
改宗一大事業自体が、近世の『津軽一統志』の編集時には、まったく忘却の彼方にあり、
伝承もされていなかったからであろう。しかし現...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 一 十三湊と津軽
十三湊空白の百年
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
とを確認できるようになった。場所によっては一メートル以上の砂丘が形成されており、
砂丘の上面では確実に近世(一六世紀末から一七世紀初頭)の遺構や遺物が認められ、さら
に十三湖側から前潟付近までの広い範囲で、砂...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
陶磁器と地域社会
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
の伝統性や物資の動きから、さらに「北国相」と「蝦夷相」に区分している。いみじくも
この区分は、中世から近世に至る和人社会とアイヌ社会との分断の歴史と連動するもので
あり、考古学資料の分析が社会構造の動きに一定...