弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (1 件)

[目録] 通史編3(近世2) (1 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (1 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (1 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (21 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (30 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (184 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (208 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (15 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (9 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (16 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (3 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (503 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
蔵口絵17弘前市立博物館蔵口絵18同上1大阪城天守閣蔵2弘前市安盛寺蔵3長谷川成一「本
州北端における近世城下町の成立」『海峡をつなぐ日本史』145頁三省堂刊4宮内省式部職
編『放鷹』453頁昭和6年吉川弘文...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 二 越後への転封問題
津軽信枚の越後転封
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
が、四月二十日手元不如意のため、境界決定をしたばかりの隣藩秋田藩に大判一〇〇枚の
借用をしている(資料近世1No.三六三)。幕府が秀忠の上洛を発表したのは、この年三月二
十五日のことであり、秀忠は五月八日に江...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
堀越城と城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
府として使われたところである。この時期の堀越城は、政治を司る中心としての機能を有
し、豊臣政権の中での近世大名として成長していく段階でも重要な意味をもっていた。さ
らに近世大名津軽氏の権力の形成と津軽地方にお...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
青森町の成立と青森開港
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
津軽から江戸への廻船運行を許可する、幕府年寄衆土井利勝と酒井忠世(ただよ)の連署奉
書を拝領した(資料近世1二一四頁)。これは津軽から同藩の江戸屋敷へ御膳米(ごぜんまい
)(江戸藩邸で費消する台所米)の廻漕を...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 序 はじめに・例言・目次
はじめに
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
近世部会長長谷川成一ここに、『新編弘前市史』資料編3(近世編2)を刊行する。本巻では
、『新編弘前市史』資...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 三 対幕府・公家関係の展開
公家との関係
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の密接なつながりについて検討が進んだ。ここでは、津軽家と公家社会との接触について
触れることにしたい。近世初頭に津軽家と関係のあった公家として、参議西洞院時慶(に
しのとういんときよし)・少納言時直親子が挙げ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 三 寛文蝦夷蜂起への出兵
寛文蝦夷蜂起と津軽弘前藩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
り、また情報収集を行うなど、密接にかかわっていることが、明らかにされている(菊池
前掲書、長谷川前掲『近世国家と東北大名』、浪川健治「藩政の展開と国家意識の形成―
津軽藩における異民族支配と『北犾の押へ』論―...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 三 対幕府・公家関係の展開
津軽家宛ての領知宛行状と領知高の変動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
際的な形として、将軍から諸大名に対して、領知宛行(りょうちあてがい)・安堵の「保証
書」(笠谷和比古『近世武家文書の研究』一九九八年法政大学出版局刊)として、領知宛行
状=領知朱印状(りょうちしゅいんじょう)...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第2節 中世・近世の考古学研究略史
[[中世・近世の考古学研究略史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ここで若干の研究史を概説してみたい。最初に青森県の中世・近世遺跡を考古学的な視点
でとらえたのは、中谷治宇二郎である。彼は『東北地方石器時代遺跡調査予報』*2の中...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
3.野脇遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
参照(5)検出遺構検出された遺構から出土した遺物は、縄文・弥生・古代の遺物も存在す
るがいずれも中世・近世(ほとんどが近世の遺物を含む)の遺物といっしょに出土している
ことから、遺構そのものは中世・近世と考え...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第6章 幕藩体制の動揺と民衆
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
の期間は、概ね次のようにとらえることができよう。宝暦期とそれに続く明和・安永・天
明期の約三〇年間は、近世社会の大きな転換点・分岐点として認識されている時期であり
、宝暦・天明期として一括して把握されてきた。...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 序
まえがき
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
近世専門部会長長谷川成一ここに、『新編弘前市史』通史編2(近世1)を刊行する。本市史
における近世の通史編...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 序
凡例
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
弘前市史』通史編は全五巻で構成し、本巻はその第二巻として、十六世紀後半からおおむ
ね十九世紀中葉まで、近世津軽領の政治・経済を中心として記述した。一、本文の記述は
、原則として常用漢字および現代かなづかいを用...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 一 初代・二代藩政の動向
初代為信の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
方生活を送っていた。天正十八年(一五九〇)に為信とともに上洛をした「足弱衆(あしよ
わしゅう)」(資料近世1No.二七)の一人として、秀吉の人質となり、そのまま秀吉に仕え
ることになったと考えられる。信建の生...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 三 寛文蝦夷蜂起への出兵
津軽領内のアイヌ民族
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
(たざわ)村から茂浦村(いずれも現東津軽郡平内町)の間に「犾村」がみられる。現在の北
海道地方を除き、近世国家においてアイヌ民族の居住が確認されるのは、津軽領の津軽・
夏泊両半島、そして南部領の下北半島という...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次
[[新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
方文化との交易・交流…………………372(第3章注一覧)…………………………………378
第4章中世・近世……………………………………………………393第1節中世・近世遺跡の
概観……………………………394...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第1節 中世・近世遺跡の概観
[[中世・近世遺跡の概観]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
中世・近世遺跡の概念を考古学資料から見ると、日常生活容器として陶磁器が流通するよ
うになる年代以降を中世(時代区...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城への移転
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
「津軽一統志」(資料近世1No.五六)によれば、為信は、文禄三年(一五九四)、岩木川東岸
の堀越城を居城たるにふさわしいよう修...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
江戸時代初期の大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
れる。慶長十九年(一六一四)十月四日、幕府は東北・関東の諸大名に大坂へ参陣するよう
陣触を発した(資料近世1No.三二九)。大坂冬の陣の始まりである。諸大名は江戸に参集し
た後、伊達政宗・上杉景勝らは独自編成...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 序
凡例
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
市史』資料編1(古代・中世編)……資料古代中世No.□・資料古代中世□頁、『新編弘前市
史』資料編2(近世編1)……資料近世1No.□・資料近世1□頁、『新編弘前市史』資料編3(
近世編2)……資料近世2No...