弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (16 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (4 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (3 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (13 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (5 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[年表] 年表・索引編 (3 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 二 続縄文文化の南下
弥生文化と続縄文文化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
稲作農耕を生産基盤とする本州の弥生文化に併行する時期に、北海道地方に展開した縄文
文化以来の食料採集に生産基盤...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 三 原エミシ文化からエミシ文化へ
原エミシ文化の形成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
を図る交易の仲介者として活動していたことを物語っている。さらに、古墳時代後期から
奈良時代併行期には、農耕を生業とする集団によって拠点的に集落が形成された。本州の
平安時代に併行する時期に、東北地方北部や石狩...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 二 稲作農耕の開始
弥生文化の内容
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
先述したごとく、弥生文化には稲作農耕のほかに金属器も加わっている。恐らく縄文時代
から主要な用具であった石器類は次第にその地位を失って、金...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 一 遠賀川系土器の伝来
弥生文化の伝来と稲作農耕の開始
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
二三〇〇年前のころになり、南から伝播して来た新しい弥生文化が徐々に浸透し、やがて
その文化の有する稲作農耕の技術を学び、次第に縄文文化から弥生文化へと移行した。わ
が国の歴史は、縄文時代の後に弥生時代を設定し...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第五節 戦時教育の様相 二 国民学校令下の初等教育
児童の船沢村農耕地開墾
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
う深刻になり、小学校児童も食糧増産に駆り出された。県は中津軽郡船沢村の岩木山麓(
現弘前市弥生地区)に農耕地を開墾、一般入植者のほかに国民学校児童による食糧増産を
図り、弘前市内各国民学校に農耕地を割り当て、...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 〈注一覧…第2章〉
[[〈注一覧…第2章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
化財報告書7)1979年3月*119*114に前掲*120*114に前掲*121中尾佐助『栽培植物と農耕
起源』(岩波新書P.96G103)1992年6月*122渡辺誠『青森県田子町石亀遺跡第2・3次発掘...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第2節 古墳時代 1.古墳時代の概観
[[古墳時代の概観]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
時代に東北地方北部地域を含めた広域に展開する文化と見られたが、今日では、砂沢遺跡
や垂柳遺跡など、稲作農耕を伴う本県は、東北南部同様に弥生文化として評価され、4世
紀~6世紀ころが続縄文文化として把握されてい...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 2.集落と住居
(1)7・8世紀
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
と、県内各地で集落が出現し始める。この理由については、弥生時代後期に始まった気候
寒冷化により衰退した農耕が、この時期の気候温暖化によって、再開されたことによるも
のと考えられている。すなわち、土地を基盤とす...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 一 遠賀川系土器の伝来
津軽への稲作の伝来
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
代の始まりが西日本において今から約二四〇〇年前、東北北部などで約二三〇〇年前とす
ると、津軽地方へ稲作農耕の伝来は紀元前一世紀初めということになろう。北九州などで
大規模な稲作農耕の開始期と東北北部とは遅くみ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 一 農耕社会の定着
ふたつの広域火山灰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
七・八世紀代に散在的に展開した農耕集落は、八世紀末から九世紀に入ると面的な展開を
みせ、斉一性が強まり、さらに生活技術の面でも土器製作の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
擦文文化の特徴
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
道地方を中心に展開した独自の文化である。顕在的な物質文化の面では、日常容器として
の土師器を指標とする農耕文化の生活様式を大幅に採り入れているが、続縄文以来の伝統
的文様を土器に描き出すことで独自性を示し、狩...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 三 貞享検地と地方支配機構の確立
「不作」と本百姓体制―貞享検地の前提―
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
模の違い、労働力に即していうと、協業的な組織力の大小などによって両者が規定され、
それが「御百姓」間の農耕の作業過程での遅速を生じさせていた。そして、こうした作業
の遅延傾向は、結果として収量の減少の可能性を...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策の展開と農村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
等)、つまり脅かして金を巻き上げ、内済にするといった類が多い。このような状況は、
裏を返せば、在宅者の農耕従事が藩の予測に大きく反したものとなっていたことを示して
いる。それは、自ら積極的に手作りしなくても、...
新編弘前市史 通史編3(近世2) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
17江戸名所図絵弘前市立図書館蔵118奥民図彙国立公文書館蔵内閣文庫119弘前市教育委員
会120四季農耕図屏風坂本賢一氏蔵121同上122四季農耕図屏風坂本賢一氏蔵123奥民図彙国
立公文書館蔵内閣文庫12...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
[[弥生時代]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
縄文時代に続く弥生時代は、稲作農耕を主体とした土地を基盤とする経済社会であり、し
たがってこの時代から貧富の差を生じ、またその貧富によっ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
4.垂柳遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
W-EW→E9.669※備考()で示した数値は復元及び推定した値である。砂沢と垂柳の両遺跡
では、稲作農耕に関する諸道具(例えば耕作具や石包丁など)は見られない。砂沢の場合は
、土器以外の遺物の内容を考えると...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
雄・桜井清彦「青森県北津軽郡市浦村相内福島城址」(館址)1958年*33井上久「津軽地方
における先史農耕について」(東奥文化12)1958年*34音喜多富寿・江坂輝弥「青森県八戸
市大字沢里鹿島沢古墳群踏査...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
弥生時代〕弥生時代前期の二枚橋式・五所式期の土器のほか、竪穴遺構1基が検出された
。このほか、初期稲作農耕と密接な関係を持つ遠賀川式系土器も出土しており、遺跡の立
地を考慮すると、稲作農耕を目的とした沖積平野...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 序 新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次
[[新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
………………………………………350一遠賀川系土器の伝来…………………………………
………350二稲作農耕の開始………………………………………………352年表359津軽地方
の気象特性と災害………………………...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 二 稲作農耕の開始
水田跡の発見・垂柳遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
昭和五十六年(一九八一)に至り、交通体系の変化に伴う国道一〇二号バイパス建設の計画
が起こり、その路線...