弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (7 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (8 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (2 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (7 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第四節 農林業の発達 一 りんご栽培の拡大と販路拡張
農会の設立と農事改良
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
に頼らない自発的・自立的な団体として発展した特徴を有するが、全国的には明治三十二
年(一八九九)六月の農会法の公布によって組織された農会が、農政の下請け機関として機
能した。農会は、「興業意見」の前田正名の指...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第四節 大正二年大凶作と弘前市の農業 二 凶作後の農業
農業団体の発展
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
小農民の組織化に関する産業組合の役割と並んで、農業振興のために不可欠な農事改良・
技術指導は農会によって行われた。大正期の農会は、政府の支援が強められたこともあり
、半官半民的性格を有し、地主の主導...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第四節 農業の動向 四 戦時体制下の生産統制
戦時下のりんご統制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
果物配給統制規則はより強化され、出荷は生産者出荷を建て前とし、形式的にはりんご出
荷方針の決定権は帝国農会・県農会・郡出荷統制組合が握ることとなったが、出荷荷造の
能力は移出業者が圧倒的に勝っており、実際の集...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第四節 大正二年大凶作と弘前市の農業 二 凶作後の農業
外崎嘉七と島善鄰-りんごの神様と恩人
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
、大正天皇の行啓を仰いだほか、青森県のりんご界の功労賞として数々の表彰を受け、緑
綬褒章のほか、大日本農会から緑白綬有功賞、県農会より彰功銀賞を授与された。大正十
一年(一九二二)、報徳会(会長楠美冬次郎)が...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第四節 農林業の発達 一 りんご栽培の拡大と販路拡張
凶作と副業の奨励
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
み取りなど、雑食の推奨を要望し、これらを通して凶作の危機を乗り切ろうとした。これ
らの要望を踏まえて、農会などの指導機関は、米作だけに頼ることは危険として、果樹を
含む畑作物も導入すること、それと並んで冬季間...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第四節 農業の動向 二 昭和初期のりんご産業の発展
りんご栽培の進展
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
賄われた。花腐病試験地の土地は外崎嘉七の向陽園内の一町歩が充てられ、庁舎建設費用
五〇〇〇円は中津軽郡農会が募金して調達した。りんごの検査制度については、大正十五
年(一九二六)の暴落を機に、県営にて行うべき...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 四 弘前における名望人政治
明治二十年度予算審議
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
ボルドー液として青森県のリンゴ栽培を救った。藤田葡萄園は大打撃を受けたが、明治二
十二年に復活、大日本農会の品評会で優等し、全国に名を知られた。この明治二十年度予
算審議で最も激論のあったのは、土木費四四〇円...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第四節 農林業の発達 一 りんご栽培の拡大と販路拡張
りんご生産の展開と農業振興
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
配当を出していた敬業社(けいぎょうしゃ)(現藤崎町、明治十八年開業)や興農社(こうの
うしゃ)(後に興農会社に改称、現黒石市、明治二十年開業)に刺激されつつ、投資先の照
準をりんご栽培に定め、大規模経営が多く...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第四節 農林業の発達 二 地主制度の確立と農事改良
地主制の確立と在村地主の役割
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
主」的土地所有とは異なっている。次に、この時期の集落レベルの自小作別農家の状況を
見ておきたい。青森県農会が明治四十年(一九〇七)から同四十一年にかけて清水村(大字
富田、紙漉町、小沢、坂元、悪戸、下湯口、常...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第二節 銃後弘前の市政と生活 三 銃後の市民生活
軍人遺家族の援護対策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
ない。そのため昭和十三年三月十四日、県は応召農山漁村の遺家族に授産施設の利用を奨
励した。市町村当局や農会、産業組合、漁業組合などの団体に授産設備を作らせ、遺家族
に無償貸付けさせる事業で、仕事内容は技術的に...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第二節 銃後弘前の市政と生活 五 敗戦‐銃後弘前の終焉‐
供出と配給
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
店が当たった。割当数量は昭和十七年十一月三十日の時点で、市に対し一樽三〇キログラ
ムで、統制出荷組合や農会、産業組合などで協議し適正配給するよう命じている。物資の
供出の代替として市民は配給生活を強いられたの...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第二節 銃後弘前の市政と生活 五 敗戦‐銃後弘前の終焉‐
戦時生活の諸側面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
英」思想が、りんごにも反映したのである。りんごの英語名廃止運動を主唱したのは、『
東奥日報』だった。県農会や翼賛会県支部の後援を得て、県知事を委員長とする委員会を
設け、県民からりんごの和名を募集している。そ...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第四節 農業の動向 一 農村疲弊と小作争議
昭和初期の恐慌と冷害凶作
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
の写真や家族の困窮のための「婦女子の身売り」の悲話は、東北農村に国民の関心を集め
ることになった(帝国農会『復刻版恐慌下の東北農村』不二出版、一九八四年)。写真42
『東奥日報』の見出し(左:昭和9年12月3...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第四節 農業の動向 三 産業組合拡充運動と経済更生運動
経済更生運動と計画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
近・現代2No.二二七)。各町村においても町村長を委員長とする経済更生委員会が組織さ
れ、これに役場、農会、産業組合、学校、婦人会、青年団、農事実行組合が縦の組織を作
り、末端では農家五人組を単位とし、生産か...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第三節 戦後弘前の農業展開 二 りんご産業の発展
りんご復興と澁川伝次郎
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
戦時中に産業組合と農会が統合され、農業会が設立されたが、以後農業団体として認知さ
れたのは農業会のみであった。それゆえ、戦後...