弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (8 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (5 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (27 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (11 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (5 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (5 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (11 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[年表] 年表・索引編 (8 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 二 越後高田領検地と領内統一検地
越後高田領検地の実施
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天和二年(一六八二)三月十九日、津軽弘前藩江戸留守居役は老中阿部正武より越後高田領
の検地を命じる老中連署奉書を受領した(資料近世1No.八四二)。越後高田領は、親藩(越
前家)の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 二 越後への転封問題
津軽信枚の越後転封
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ものの、信枚の転封先は決まっていないという状態であった。ところが、六月十七日付け
の義宣書状は、信枚の越後転封を伝えており(資料近世1No.三六九)、信枚もその沙汰を受
けたものと推定される。六月十八日付けの...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
、この年、津軽信枚、大久保主膳を預けられる。●慶長十八年(一六一三)十一月十八日、
津軽信枚、幕府より越後高田城普請役を命ぜられる。●慶長十八年(一六一三)十一月、こ
の月、津軽信枚、熊野宮に棟札を奉納する。...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
陸奥国蝦夷、特産物を貢上。………………………………続日本紀11●文武天皇元年(六九
七)十二月十八日、越後の蝦狄に賜物。………………………………続日本紀11●文武天皇
二年(六九八)六月十四日、越後国の蝦狄、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第三節 律令時代の青森 一 渡嶋津軽津司
陸奥国と出羽国
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
たわけではないが、当時の貴族の実感としても、大宝律令こそが、日本の律令の一つの到
達点であったことは、越後城司(えちごじょうし)として慶雲(けいうん)四年(七〇七)に没
した威奈大村(いなのおおむら)の骨蔵器...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 三 貞享検地と地方支配機構の確立
貞享検地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
統一的検地で、貞享元年(一六八四)に始まり、同四年五月の検地水帳の完成によって完了
した。貞享検地は、越後高田検地(天和元年〈一六八一〉の越後騒動の結果、幕府に収公
された松平光長旧領の検地)に動員されたこと...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 四 藩士の日常生活 (三)日常生活
城下での生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
)、藩主が帰ってから報恩寺(ほうおんじ)(現市内新寺町)へ参詣。昨日、私の組の足軽二
人が飛脚となって越後(えちご)国(現新潟県)より到着。昼飯後唐牛与右衛門を訪ね、午後
八時まで懇談して帰る。二十六日、朝飯...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 二 越後への転封問題
越後加増説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
信枚の越後転封は結局沙汰やみになったが、この騒動の最中に津軽弘前藩にとって一つの
重要な点も消滅してしまった。そ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 二 寛文~天和検地と本百姓体制の確立
検地の実施
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
人帰弘,登城。天和 2年 3月 8日検地役人出弘。4月 9日越後高田
検地へ動員のため中止。検地役人江戸登り。注)『津軽藩の基礎的研究』P175-176より作
成。延宝...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[七世紀以前]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●文武天皇元年(六九七)十月十九日、陸奥国蝦夷、特産物を貢上。●文武天皇元年(六九
七)十二月十八日、越後の蝦狄に賜物。●文武天皇二年(六九八)六月十四日、越後国の蝦
狄、特産物を貢上。●文武天皇二年(六九八...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 四 阿倍比羅夫「北征」
柵の設置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
一方、都岐沙羅柵の比定地については定説がない。渟足柵と同じものを指すという説、あ
るいはのちの出羽国と越後国との境である鼠ヶ関(ねずがせき)あたりとする説、また都岐
沙羅をアイヌ語の「トキサラ」に由来するとみ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 序
新編弘前市史 通史編2(近世1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
……………………………………………154一初代・二代藩政の動向…………………………
……………154二越後への転封問題……………………………………………165三初期新田開
発の展開……………………………………...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 一 慶長五・六年の動乱と津軽氏
関ヶ原の戦いと奥羽の情勢
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
・高木昭作責任編集『週刊朝日百科日本の歴史二九関ヶ原合戦の変遷』一九八六年朝日新
聞社刊)。慶長三年に越後から、陸奥国会津・出羽国置賜(おきたま)地方に転封してきた
景勝は、秀吉死後の政治的に不穏な情勢に対応...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 一 慶長五・六年の動乱と津軽氏
関ヶ原の戦いと津軽氏
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
幟(のぼり)・旗差物を用いた大名は、堀・蜂須賀両氏のほかに津軽氏のみであり(堀氏は
、さきにみた奥羽・越後各氏による上杉包囲網の一環として出羽庄内にいた)、さらに描
かれた幟の図柄を仔細に検討すると、諸将旌旗...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
江戸時代初期の大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
48.銚子築港普請役を命じた江戸幕府年寄衆・普請奉行連署奉書また、慶長十九年(一六一
四)に築城された越後高田城の普請も、伊達・佐竹・南部ら東北・越後の諸大名に役賦課
がなされている。津軽家も、前年十一月に普...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 二 十三廻しと領内商品流通
材木移出
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
六〇)から翌寛文元年にかけて、材木の積み出しを求めた船頭で、地名を冠した者を拾っ
てみると、加賀二木・越後・加賀安宅(あたか)・十三・庄内・鰺ヶ沢・新保(越前)・越後
今町と、津軽領内を除くと、おおむね越前よ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 二 商品流通の発展と城下の変容
由緒書から
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の情報をもたらした商人であったという。また、兵庫屋佐兵衛の由緒書には兵庫の浦、笠
島太平太の由緒書には越後出身の商人が認められ、特に、笠島氏の先祖は、天正から文禄
にかけて越後から津軽へ乗り込み、鰺ヶ沢を拠点...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[八世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●和銅二年(七〇九)三月六日、陸奥・越後二国の蝦夷に、征討軍派遣。●和銅二年(七〇
九)七月、出羽蝦狄征討の準備。●和銅二年(七〇九)八月二十...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[九世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
年(八〇二)正月十一日、東国などの浪人四〇〇〇人を胆沢城に移配。●延暦二十一年(八
〇二)正月十三日、越後国の米、佐渡国の塩を毎年、出羽国雄勝城に運ぶ。●延暦二十一
年(八〇二)四月十五日、阿弖流為等、降伏。...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十六世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、檜山の下国安東愛季、浅利則祐を比内扇田長岡城に攻め自害させるという。●永禄五年
(一五六二)十一月、越後上杉氏、檜山屋形下国安東愛季の好誼を謝するとともに、再び鷹
を所望する。●永禄五~十二年(一五六二~六...