弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (5 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (25 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (8 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (6 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
京都本圀寺天正八(一五八〇)日健堀越(弘前市)新寺町慶長十一年に城下寺町を経て、正保
年間に現在地へ。貞昌寺浄土宗岩城専称寺永禄年間(一五五八~七〇)為信の生母岌禎大光
寺(平賀町)新寺町同右。寺号は為信の生母...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (四)浄土宗の寺院
貞昌寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
貞昌寺(ていしょうじ)は、「山崎専称寺並末寺由緒記」(資料近世2No.四〇六)によると、
永禄年中(一五五八...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 一 中世寺院の建立
[[中世寺院の建立]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
前市)に建立した天津院以下、都合二八ヶ寺もの曹洞寺院が造立されている。この曹洞寺
院に次いで多いのが、貞昌寺を中心とする浄土宗であり、その数は七ヶ寺に及ぶ。この浄
土宗寺院も曹洞寺院と同じく、やはり在地土豪の定...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
二代信枚
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
(浄土真宗)四ヵ寺、法華寺(日蓮宗)二ヵ寺がみえるが、寺院名は記されていない。寺院の
縁起から浄土寺は貞昌寺(ていしょうじ)、門徒寺は真教寺(しんきょうじ)、専徳寺(せん
とくじ)、法源寺(ほうげんじ)、円明寺...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (二)本末制と僧録制
浄土宗
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
浄土宗は貞昌寺が僧録所で本末は図195のとおりであった。図195.浄土宗本末関係図信政
は、宝永五年(一七〇八)に江...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (一)寺社の開帳
出開帳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
を列挙すれば次のとおりである。藤崎村(現南津軽郡藤崎町)摂取院にいた蓮池が、元禄十
一年(一六九八)、貞昌寺を宿寺にして円光大師作の阿弥陀如来・毛髪の曼荼羅を開帳した
。正徳五年(一七一五)にも、念仏道場修理の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (二)富籤興行
[[富籤興行]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
)に焼失しており、同四年に富籤発行が認められ、慈雲院・耕春院が富籤の益金を金融に
回していたのである。貞昌寺は、文政八年(一八二五)から三年間に一五回の富籤発行が認
められた。これは、文化七年(一八一〇)に焼失...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 四 藩士の日常生活 (三)日常生活
城下での生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
まで勤務する。八日、櫛引源左衛門・成田七郎右衛門・伏見屋六右衛門等来訪。源左衛門
・七郎右衛門とともに貞昌寺(ていしょうじ)(現市内新寺町)へ参り、喜多村監物の位牌へ
焼香する。帰りに西福院(さいふくいん)(現...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第二節 学芸の開花 四 美術・工芸
弘前市内寺院所蔵の彫刻・絵画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
立時点での本尊像整備などの事情もかかわっていよう。数多くの寺の中で、藩とかかわり
深い長勝寺・報恩寺・貞昌寺・本行寺・誓願寺などに作風の優れた像が多かったのも特徴
である。それは、江戸時代、仏像およびそれを造る...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (四)浄土宗の寺院
天徳寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
縁起」は、弘前城下形成により、大浦城下から元寺町へ移ったとする。慶安二年(一六四
九)に類焼し、新寺町貞昌寺山内へ移転した。貞昌寺三世良城が隠居所とし、信枚へ茶道
を教え、御目見寺院の列に加えられた。寛永十七年...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (四)浄土宗の寺院
西福寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
憶とする。「浄土宗諸寺院縁起」は、堀越城下に創建し、慶長年間(一五九六~一六一四)
に弘前城下元寺町の貞昌寺門内に移ったとする。慶安二年(一六四九)に類焼し、新寺町
昌寺山内へ移った。円空(えんくう)作の十一...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (四)浄土宗の寺院
白道院
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
白道院(びゃくどういん)は、享和三年(一八〇三)の「寺社領分限帳」には、「貞昌寺念仏
堂覚入庵」とある。『新撰陸奥国誌』によると、土手町大橋の下に庵を構えていた欣求が
、寛文三年(一六...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (四)浄土宗の寺院
白狐寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
。熊谷(くまがい)安左衛門が寛文五年(一六六五)、江戸浅草の本法寺・浅草寺に熊谷稲荷
を祀った。弟子の貞昌寺隠居入誉が貞昌寺内に勧請したが、信政が宝永五年(一七〇八)新
寺町に稲荷宮を創建し、別当を白狐寺とした...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 三 神社 (一)神社
稲荷宮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
を落としたことから本法寺(現東京都台東区)と浅草寺に熊谷稲荷を創建し、江戸町民の信
仰を集めた。弟子の貞昌寺隠居入誉が、貞昌寺内に勧請したところ、この稲荷を祀る所が
繁栄するというので、宝永五年(一七〇六)、信...
新編弘前市史 通史編3(近世2) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
個人蔵182弘前市立博物館蔵183同上184同上185弘前市大仏院蔵186弘前市長勝寺蔵187弘前
貞昌寺蔵188弘前市弘前神明宮蔵189新撰陸奥国誌巻25東京大学史料編纂所蔵190中津軽
郡岩木町求聞寺19...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第七節 弘前の宗教者ほか 五 貞昌寺の山田良政碑
顕彰碑の建立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
大正八年十月十五日、山田家の菩提寺である新寺町の貞昌寺で、孫文、犬養毅、頭山満、
宮崎滔天(とうてん)らが発起人となった顕彰碑の除幕式が挙行された。碑は約九...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
御前位牌と毘沙門天像弘前市万蔵寺11阿弥陀如来像弘前市法源寺12絹本著色当麻曼荼羅図
(県重宝)弘前市貞昌寺13菊仙和尚倚像弘前市長勝寺14大日如来坐像(重文)大鰐町大円寺15
安東師季願文16秋田家系図17浄...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
前市円明寺蔵口絵8同上口絵9弘前市西光寺蔵口絵10弘前市万蔵寺蔵口絵11弘前市法源寺蔵
口絵12弘前市貞昌寺蔵口絵13弘前市長勝寺蔵口絵14南津軽郡大鰐町大円寺蔵口絵15和歌山
県東牟婁郡那智勝浦町熊野那智大社...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)
[[協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
郡大鰐町)中尊寺(岩手県西磐井郡平泉町)長勝寺(弘前市)築館町教育委員会鶴岡八幡宮(神
奈川県鎌倉市)貞昌寺(弘前市)土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム(山口県豊浦郡豊北町)
東奥日報社メディア本部調査部(青森市...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 二 越後への転封問題
津軽信枚の越後転封
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
国替に越後に上るという者があったら、路銀その外を遣わして召し連れること。七、最勝
院・長勝寺・百沢寺・貞昌寺に国替の通知を行い、末寺までも一緒に越後まで上るという
寺は召し連れること。その際は路銭なども貸すこと...