弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (4 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (25 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (5 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (4 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
●天正十七年(一五八九)八月二日、豊臣秀吉、南部信直へ朱印状を下し、信直の親類並び
に檜山安東氏を同行しての上洛に支障なきことを伝える。●天正十...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
の滴石(雫石)攻略を賀する。……………………………奥瀬文書340●天正十四年(一五八六
)十二月、関白豊臣秀吉、「関東・奥両国惣無事之儀」を命じ、違反者は成敗すべきこと
を令する。…秋田藩採集文書「多賀谷隆経家蔵...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十六世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
八六)十月三日、小野寺輝道、南部信直の滴石(雫石)攻略を賀する。●天正十四年(一五八
六)十二月、関白豊臣秀吉、「関東・奥両国惣無事之儀」を命じ、違反者は成敗すべきこ
とを令する。●天正十五年(一五八七)正月、大...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 三 鷹献上と鷹保護
鷹献上による豊臣政権との折衝
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
際して鷹を献上しており、なかでも天正十七年(一五八九)十二月二十四日と推定される、
南部右京亮へ宛てた豊臣秀吉朱印状(資料近世1No.三)は、同氏が初めて統一政権へ公式に
鷹献上を行った文書として注目に値する。内...
新編弘前市史 通史編2(近世1) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
987年河出書房新社刊一部改変して掲載8南部利昭氏蔵盛岡市中央公民館写真提供9二戸市
教育委員会蔵10豊臣秀吉朱印状津軽右京亮宛6月20日付国文学研究資料館史料館蔵津軽家
文書11東京大学史料編纂所蔵12仙台市博...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 三 鷹献上と鷹保護
津軽氏の鷹保護
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
」『日本中世の政治と文化』一九八〇年吉川弘文館刊)。さて天正十九年(一五九一)十二
月十日と推定される豊臣秀吉朱印状(資料近世1No.四二)は、津軽為信の領地において鷹の
商売を禁止し、鷹巣の保護を命じたものであ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
清治「九戸合戦」『北辺の中世史』一九九七年名著出版刊)。しかし、天正十八年(一五九
〇)七月二十七日の豊臣秀吉朱印状によって、三戸南部氏の当主信直(のぶなお)が南部氏
の宗家としての地位を公認され、それ以外の九戸...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
野長吉らの分権派と、政権の強化を図る集権派に分裂し激しい権力抗争を重ねていた。そ
のため奥羽の諸大名は豊臣秀吉に臣従するといっても、実際にはこれら集権派か分権派の
大名や奉行らを取次としていくことを迫られることに...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 二 「津軽一統志」の編纂
津軽家の自己認識確立への試み
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
氏、政信―為則(ためのり)―守信―為信は藤原氏とされている。天正十七年(一五八九)十
二月二十四日付の豊臣秀吉朱印状(資料近世1No.三)の宛先では為信を「南部右京亮」とし
ており、津軽家が南部家の支流であったと...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
置され,壁には板卒塔婆が張り巡らされている。(本文史料232・233号)霊屋内部天正十九
年六月二十日豊臣秀吉朱印状津軽右京亮宛(本文史料三三号)天正十九年ヵ十月晦日豊臣秀
朱印状津軽右京亮宛(本文史料四一号)...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 二 南部氏の津軽平定と石川高信
三戸南部氏による領国支配の強化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
源家光いずれにしろ、現状においては、光信の移住伝説を明確に肯定するには史料が不足
である。ただ、のちに豊臣秀吉をはじめ、豊臣秀次、織田信雄(おだのぶかつ)といった豊
臣政権の有力者が、「南部右京亮」為信に宛てて朱...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
藤崎城と中世都市
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
都市は極めて特異なものである。このような「外構」で有名なものとしては、織田信長の
清洲(きよす)城や、豊臣秀吉によって作られた大坂城などを挙げることができる。宗教施
設では「外構」部分には「稱名寺(真宗)」「眞連...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第一節 大浦氏の統一政権への接触 一 関東・奥惣無事令と北奥大名の動向
関東・奥惣無事令
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
文)。その意味で、関東惣無事令は、北条氏のみならず、北関東の諸大名をも対象とする
ものであった。図1.豊臣秀吉画像関東惣無事令は、北条氏を中心とした北関東の諸大名間
の紛争をその対象としていた。このころ、北条氏の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
[[検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天正十八年(一五九〇)三月一日、豊臣秀吉は京都をたち、小田原の北条氏攻略の途につい
た。すでに、前年の天正十七年八月二十日付の前田利家(まえだ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
城破(わ)り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
部信直に敵対するようになっていた(小林前掲「九戸合戦―中世糠部郡の終末―」)。天正
十九年六月二十日、豊臣秀吉は、奥州奥郡の仕置(一揆鎮圧)のための陣容・進路、そして
、進軍の方法を指示する朱印状を下した(資料近...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
刀狩り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
豊臣秀吉は、会津到着に先立って、天正十八年(一五九〇)八月七日、陸奥国南部の岩瀬郡
長沼(いわせぐんながぬま)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 三 鷹献上と鷹保護
鷹献上システムの成立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天正十九年(一五九一)十月晦日と推定される豊臣秀吉朱印状(資料近世1No.四一)は、次の
ようなものであった。御鷹儀、津軽右京亮被仰付差上候条、泊々宿並...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
豊臣再仕置軍の奥州下向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
らかにされているように「奥州奥郡」の仕置に発展したのである。図10.為信に対し九戸
一揆の成敗を命じた豊臣秀吉朱印状浅野長吉が南部信直の家臣東朝政(ひがしともまさ)に
宛てた四月十四日の書状によれば、「津軽・仙北...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の意義
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
信直の為信に対する私恨はこの段階でも消えうせていたわけではなかったのであるが、私
戦という行為はすでに豊臣秀吉の天下のもとではできようはずもなかったのである。信直
は、秀吉が出した惣無事令によってその近世大名とし...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 二 肥前名護屋での「日本之つき合」
[[肥前名護屋での「日本之つき合」]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
北奥の糠部郡において九戸一揆が鎮圧された直後の天正十九年(一五九一)十月、豊臣秀吉
は奥羽再仕置を終えてすでに奥羽から帰っていた浅野長吉を総奉行に任命し、肥前名護屋
(ひぜんなごや)にお...