弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (14 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (1 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (6 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
正徳から天明にかけての大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
や、西丸への出入りを押さえる外桜田門・馬場先門・和田倉門、大手前から北丸への出入
りを押さえる竹橋門に譜代大名、大名小路や大手前より外側の諸門に外様大名、外郭の諸
門に寄合旗本が配置されていた。各門番は二家が...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 一 四代信政政治の動向と支配機構の整備
「出頭人」の台頭
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、藩政を掌握することになったのは家老高倉盛成(たかくらもりなり)らである。この四人
の家老は藩成立時の譜代重臣層の家系ではなく、藩成立以後、新規に召し抱えられて重臣
層にまで到達した家系の出身であり、いずれも...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
藩政の転換と家臣団統制の動き
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
来郡・勘定方を掌握し、藩主信政の意向を受けて諸政策を展開してきた「出頭人」グルー
プと、それを批判する譜代・下士層の間に政治的対立が生まれたことはすでに述べたが、
信政の死去・信寿の家督相続を契機に、この対立...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
郎左衛門は宝永二年から同七年にかけて三通の「建白書」を藩に差し出している(国史津)
。桜庭は為信以来の譜代家臣であり、この時期には藩主信政の近習を務めていた人物であ
る。彼の建白書からは宝永期における藩内の政...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 一 文治五年奥州合戦
泰衡の死
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
こへ、河田次郎によって、泰衡の首も届けられることとなった。泰衡は、三日に糟部(糠
部)から信頼していた譜代家臣の河田次郎の本拠、肥(比)内郡贄柵(にえのさく)に立ち寄
ったところ、そこで河田次郎の裏切りに会い...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 二 三代藩政の動向と家中騒動
舟橋騒動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ふなはし)半左衛門と乾(いぬい)四郎兵衛に対して、津軽美作(みまさか)・津軽伊豆ら重
臣をはじめとする譜代(ふだい)の家臣が排斥(はいせき)運動を起こしたのである。美作・
伊豆らは、上洛供奉後江戸屋敷には入ら...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 一 四代信政政治の動向と支配機構の整備
支配機構の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
唐牛三左衛門・溝江半右衛門が、二〇〇石以上の藩士で、「御手廻」の「御本参」、すな
わち藩成立当初からの譜代の人々の小頭とされ、これに該当する七〇人のうち四五人が両
名の支配となっている。寛文九年に発生した寛文...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 三 大浦為信と安藤愛季
為信の離反
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
攻略したとも伝えられ(史料一〇〇八)、南津軽一帯を手中に収めた。こうした為信の勢力
拡大を支えたのは、譜代の家臣団のみならず、安藤・南部両氏の侵攻によって浪人となっ
た隣国の比内・鹿角の領主層や、東国・北陸・...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第一節 大浦氏の統一政権への接触 二 異民族との接触
津軽地域の確保と蝦夷荒
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
会編『海峡をつなぐ日本史』一九九三年三省堂刊なお、特に断らない限り以下の記述はこ
れによる)。津軽家の譜代家臣の出身地は、岩木川西岸、そして岩木山と岩木川とに囲ま
れた地域、すなわち鼻和郡の南側に色濃く認めら...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
城破(わ)り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
対象となったのが、大光寺・浪岡・浅瀬石(あせいし)・田舎館(いなかだて)・油川・和徳
の八ヵ所であり、譜代の家臣などを含めた城郭が三二館であるという。これらは、奥羽仕
置による城の破却の指令により、軍事的機能...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
郡や旧九戸領、和賀・稗貫両郡については知行宛行状を発給していたが、本貫(ほんかん)
の地である糠部郡の譜代家臣にはまったく知行安堵状・宛行状を発給していない。津軽氏
も南部氏も、家臣団に対して直書(じきしょ)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
綱吉政権下における大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
的なものは儀礼のたびに江戸城に登城し、将軍へ挨拶することであった。このほかには、
幕府役職の任命(ほぼ譜代大名に限られる)、江戸城各門の警備(門番)、江戸城や幕府施設
などの防火(火消・火之番)、寛永寺(かん...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 三 対幕府・公家関係の展開
公家との関係
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
近衛家の関係でも、「御手伝」に当たる「合力(ごうりき)」が行われている。宝永元年(
一七〇四)、「家門譜代」の由緒から基熈(もとひろ)の隠居領分という名目で、以後一〇
〇〇石分を献上することになった(資料近世...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
高照神社の造営と「名君」信政像の創出
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
成一「津軽氏」『地方別日本の名族一東北編I』一九八九年新人物往来社刊)。先にみた
宝永期における一門・譜代層の中で高まった不満も、同様の理由に根元を持つものであろ
う。手厳しい評価がある一方、信政が「名君」と...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
地方知行制の復活と借知制の実施
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
るための対策が併せてとられているのである(「国日記」正徳二年九月十五日条)。さらに
、宝永期に高まった譜代層を中心とする家臣団の不満への妥協ということもいえるであろ
う(浪川健治「宝永期藩政の位置づけについて...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 二 「津軽一統志」の編纂
「津軽一統志」の編纂まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
つ基盤の成り立ちに深い興味と関心を示していたことがうかがえる。信政は信枚の時期に
収集した古記録類を、譜代の家臣取り立ての資料とするために江戸に運搬した。ところが
、明暦三年(一六五七)、いわゆる「明暦大火」...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 一 戊辰戦争の勃発
戦争の波紋
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ついて、青森商人滝屋善五郎は二月四日の日記に、大坂で徳川慶喜が朝敵になり、蒸気船
で江戸へ逃げ去った、譜代大名は残らず朝廷方につき、幕府征討に向かっており、幕府の
味方は、会津、桑名、庄内、伊予松山藩ばかりと...