弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (4 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 一 中世寺院の建立
[[中世寺院の建立]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
統志』貞昌寺そのなかにあって、唯一、特異なのが、中野(浪岡町)に造営され、浪岡城主
北畠氏の外護を得た西光寺である。西光寺は、『法然上人行状絵図』巻四十八によれば、
「石垣の金光房は(中略)、嘉禄三年(一二二七...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
野奥照神社蔵口絵4撮影口絵5撮影口絵6弘前市熊野奥照神社蔵口絵7弘前市円明寺蔵口絵8
同上口絵9弘前市西光寺蔵口絵10弘前市万蔵寺蔵口絵11弘前市法源寺蔵口絵12弘前市貞昌
寺蔵口絵13弘前市長勝寺蔵口絵14南...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (三)キリシタンの流罪とキリシタン改め
キリシタン改め
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
へ直接提出し、組支配の者は番頭に判鑑を置き、組頭より寺社奉行へ提出した。延宝三年
(一六七五)、新寺町西光寺は、在方に二〇〇軒の檀家があるが、降雪の際に寺請証文を受
け取りに弘前まで行くのは難儀するので、榊村(...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (四)浄土宗の寺院
西光寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
西光寺(さいこうじ)は、浪岡で死去した法然の弟子金光に始まるという。慶長十四年(一
六〇九)、為信が鷹狩りの...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
前市円明寺8阿弥陀如来坐像〔伝義経持仏〕弘前市円明寺9阿弥陀如来立像〔金光上人由来
〕(県重宝)弘前市西光寺10唐糸御前位牌と毘沙門天像弘前市万蔵寺11阿弥陀如来像弘前市
法源寺12絹本著色当麻曼荼羅図(県重宝...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
昌寺慶長(一五九六~一六一五)以前不詳不詳堀越(弘前市)城下寺町を経て、慶長年間に貞
昌寺内に引移る。西光寺浄土宗貞昌寺建仁年間(一二〇一~〇四)金光上人中野(浪岡町)新
寺町当初、浪岡城主・北畠氏の保護、のち...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 四 中世津軽の宗教世界の特色
[[中世津軽の宗教世界の特色]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
である。また日蓮宗の京都本満寺と本圀寺による法立寺・本行寺の建立もその例外ではな
い。さらに、浄土宗の西光寺も法然教団の北辺布教の流れでとらえるべきであり、やはり
教団を背景にした弘通伝道であろう。このように、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)
[[協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
浦町)国文学研究資料館史料館国立国会図書館国立歴史民俗博物館五所川原市教育委員会
小泊村企画観光商工課西光寺(弘前市)猿賀神社(南津軽郡尾上町)市浦村教育委員会史跡志
苔館跡保存会(北海道函館市)市立函館図書館...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第二節 学芸の開花 四 美術・工芸
弘前市内寺院所蔵の彫刻・絵画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ある。それら以外の弘前の仏像のほとんどは江戸や上方から入手したものであるが、江戸
京橋の小林長五郎作・西光寺金光上人坐像、京堀川綾小路弘教作・報恩寺地蔵菩薩半跏像
、京七条仏所右京了意作・隣松寺千体地蔵菩薩立像...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
二代信枚
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
)、円明寺(えんみょうじ)、法華寺は本行寺(ほんぎょうじ)、法立寺(ほうりゅうじ)とみ
られる。浄土宗西光寺(さいこうじ)、天徳寺(てんとくじ)、西福寺(さいふくじ)、徳増寺
(とくぞうじ)は貞昌寺の塔頭として...