弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (20 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (103 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (120 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (34 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (9 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (2 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (7 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (4 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (5 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (2 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (13 件)

[年表] 年表・索引編 (101 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (一)改革意見書とその基調
毛内宜応の「秘書 全」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
茂巧(ありえもんしげよし)の嫡男。政策的に関連性を認めることはできないが、寛政改革
の中心政策である「藩士土着政策」が復古的側面を持つことから、宝暦改革の挫折のなか
で土着策の展開を考えることも、必要であろう...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
藩士対象の司法制度
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
当藩では、藩士に対する刑罰は、数は少ないが「安永律」・「寛政律」・「文化律」・「
文化律」((二)刑罰法参照)の規定...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (一)改革意見書とその基調
赤石安右衛門・菊池寛司の「覚」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、このことを端的に物語っている。以下、いわゆる寛政改革の理論的根拠となった本書の
内容をみていこう。①藩士土着の必要性本書では、卯年(天明三年)以来の困窮がいまだに
尾を引いているうえに、その困窮が家中にばか...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策の展開と農村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
藩士を農村に居住させるという土着策は、農村やそこで生活する人々にどのような影響を
与えたのであろうか。前述...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
その他の諸政策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
倹約令・風俗矯正・綱紀粛正などは近世を通して一貫してとられた政策であり、藩士土着
策の実施においても大いにその実効が期待されたことは、既に改革意見書のところでみた
とおりである。た...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第二節 村の生活 二 日常生活 (三)日常生活の諸相
農民と藩士の出会い
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
周辺農村とは在方へ通じる道で結ばれ、農民が城下と農村を往復する時には、この道が利
用されたのであった。藩士と出会った際の農民のとるべき態度についての規制は、枚挙に
いとまがないほど出されているが、「国日記」天...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 四 藩士の日常生活 (三)日常生活
生活の困窮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
~一七〇四)には幕府の財政窮乏が始まり、津軽弘前藩でも元禄八年の大凶作以後に藩財
政の窮乏化がすすみ、藩士に対して生活規制の法令が出されて、生活の緊縮が求められた
のであった。そのほかにも藩では幕末まで次々と...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
天明期の借り上げと寛政期までの状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天明三・四年の大飢饉は藩士の生活をも直撃した。第四章第二節で触れたとおり、大凶作
により諸年貢の免除を行うという緊急事態のもとで...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策と弘前城下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
藩士土着策は農村部への藩士在宅であり、家臣団の城下集住という大原則を否定するもの
である。したがって、これ...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第6章 幕藩体制の動揺と民衆
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
寛政改革の理論的根拠となったものである。赤石・菊池らによって積極的に推進された寛
政改革の中心政策は、藩士土着政策(「在宅」政策)であった。この時期、密接に相互規定
しあっている藩財政と藩士財政双方の困窮を、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
安永期の蔵米化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
「秘苑」ほか)、明和五年(一七六八)には知行の半知借り上げが行われた(資料近世2No.三
八)。しかし藩士の生活への配慮からか、当面一〇〇石につき二〇俵(八石に相当)の手当
が与えられている。その一方で、宝暦...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 二 藩主の日常生活
[[藩主の日常生活]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
り上げることにする(資料近世2No.一九九参照)。なお天明四年は天明の大飢饉の時期であ
り、寛政二年は藩士土着制(はんしどちゃくせい)(弘前在住の藩士を在方へ強制転居させ
た政策)が開始されていた時期である。...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
[[藩士土着政策の展開]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
改革意見書にみられるように、藩士土着策は、端的には、藩士の城下集住策と蔵米知行制
を見直し、藩士を在方に居住させ、直接生産活動に従事さ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
下級藩士への開発奨励(I期)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、惣家中による取り組みとはいえないこと。②「御給禄之高ニ応し地面割渡」とあること
から、切米取・金給取藩士=下級藩士がこの触れの対象となっていること。③したがって
「国益之筋」に当たるとはするものの、土着に積...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策と蝦夷地警備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
着策との関連でとらえたとき、重要な位置を占めてくる。つまり、土着策の起点は寛政二
年であり、その廃止は藩士を実際に松前に派遣した同九年十一月から半年後に行われてい
るからである。ここに、土着策の実施に関して、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 一 青森県の成立と経済制度改革
家禄制度改革
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
八五銭であり、その内訳は表3のようになっていた。このように、旧知藩事の取り分が多
かった。また、旧弘前藩士に限って、家禄を見れば、表4のとおりである。旧藩士の家禄
は、上下の格差が大きかった。表3明治4年青森...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
宝暦改革と蔵米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
五五)、藩は飢饉のため在方の借金・借米を免除、同年九月に知行取から切米取(きりまい
とり)に至るまで全藩士の蔵米化を打ち出している。この蔵米化は、「国日記」九月九日
条によると(資料近世2No.三六)、知行地...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
土着対象地と在宅分布
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
3年9月16日郡奉行調より作成(『津軽歴代記類』所収)。(2)右の点と関連して、給地割に
関して極めて藩士の意向を入れたものとなっていること。つまり、分散した給地のうち、
石高の多い村への在宅を許可し、他に分...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 三 軍制改革の展開 (一)軍制改革の開始
軍制への戸惑いと浸透
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
軍政局が発足して間もなく、広範な藩士たちの軍事調練が開始されたが、城中だけでは訓
練場所が不足したため、市内の寺社が借り上げられ、境内で歩...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 三 藩士の衣食住 (三)住居
建坪と住宅平面図
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
藩士の役(禄)高による家屋の新築基準が、「御用格」寛政十年(一七九八)七月二十九日条
に次のように示されて...