弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (14 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (5 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
江戸での借財の増加
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
上方での蔵元(くらもと)を勤めていた茨木屋(いばらぎや)・鴻池(こうのいけ)に対し、江
戸での蔵元を主に勤めていた...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
宝暦―天明期の借財
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
祠堂金や座頭の貸付金まで借りているのが特徴である。最大の借入先であった茨木屋は、
元禄以来津軽弘前藩の蔵元(くらもと)を務めていた。蔵元とは蔵屋敷の管理に当たり、大
名から廻米を中心とする「蔵物」の売却・出納...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
茨木屋の苦悩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
時期は一二貫から九〇〇貫まで、毎年のように借金が累積している。度重なる借金に茨木
屋は悲鳴を上げ、再三蔵元を辞退したいと述べている。「茨木屋安右衛門安永年間御用達
銀高書上」(国史津)によると、元文三年(一七...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
上方廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
行われた。「雇船」による廻米もまた、領主主導によるものであったことがうかがわれる
。上方廻米の販売は、蔵元(くらもと)(蔵屋敷で蔵物の出納・販売をつかさどる役人)によ
って行われた。一般に、蔵元は初期には藩の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ることで、海難による損害を軽減しようとしていたとも受け取れる(印牧前掲論文)。これ
ら雇船は、藩の町人蔵元によって派遣されたものであった。すなわち、大坂廻着の雇船は
、多くが蔵元によって雇われ、廻米の販売が行...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
御用金の賦課
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
で見る天明の飢饉後のことであるが、天明六年(一七八六)には、藩からの廻米が入らなか
ったとして、江戸の蔵元津軽屋が参勤交代のための融資を停止してしまい、藩主の江戸へ
の出発も延期せざるをえないという事態に至っ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
な増加はみられず、一定の成果があったと思われる。しかし、これだけでは自ずから限界
があり、江戸・上方の蔵元(くらもと)や幕府の公金からの借財が増加していった。幕府か
らの援助は、拝領金の貸与(たとえば文化四年...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 四 弘前における名望人政治
明治二十年度予算審議
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
モ危険ニテ該坂登ルノ際転倒スルモノ少ナカラズ今ヤ改良ヲ加ヘ往来人ノ便ヲ計ラザル得
ザルナリ拾三番外崎覚蔵元案ヲ可トス該茂森坂ノ危険ナルハ誰人モ知ル処ナリ夫レ昔ハ医
者駕籠ニテ往来セルカ為メ坂往来ニテモ駕籠ヨリ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
正徳から天明にかけての大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
参照)。費用捻出のため、藩では江戸・上方・国元において金策を実施したが、さらに江
戸・大坂・京都三都の蔵元からは五年間借金を拒絶される事態に立ち至った。ここで藩は
経費節減によって費用捻出の一助とし、当座を切...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
った(「国日記」宝永六年十二月二十四日条)。さらに取り立てたもののうち、「御普請料
米」の一部が大坂の蔵元への借銀返済に流用されるなど、出頭人グループの見込みどおり
には行かなかった。表20宝永7年津出予定石...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
農政の転換
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
津軽弘前藩では、元禄四年(一六九一)から江戸・上方蔵元(くらもと)の丁字屋(ちょうじ
や)が藩の財政を掌握しており、京都の金主(きんしゅ)(当時、江戸に送金...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
商人の活躍は、こうした町の在り方を反映したものであった。また、酒田の舟持商人は、
特に最上氏家臣などの蔵元的機能を持っており、上方商人に中継して蔵米の売却を行って
いて、酒田と上方(敦賀)間の蔵米の廻漕・販売...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
銀遣いへの変更と商人の活用
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
識にあったのは、江戸入用金が上方からの送金によって賄われていたことであった。大坂
廻米が始まって以来、蔵元(くらもと)との関係ができ、領内の金銀を上方(かみがた)に送
って銭と替え、それを領内で通用させたこと...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 一 蝦夷地直轄下の警備と民衆 (二)対外危機意識の表出
弘前八幡宮の祈祷
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
顕著に遂行されたのが蝦夷地警備に関するものであった。表43・44は弘前八幡宮文書(弘
前大学附属図書館蔵元禄六年~明治四十一年)にみられる祈祷内容とその回数を、元禄六
年(一六九三)~天明八年(一七八八)まで...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
幕末期の借財
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
うとしたため、銀主たちが不服を述べ、これ以上強行すれば今後の融資に差し支えるとし
て、仲介に立った江戸蔵元の津軽屋三平が一四ヵ年賦、毎年一〇〇〇石ずつの返済を藩庁
に嘆願している。しかし、藩はこの年上野寛永寺...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 二 明治初期の制度改正と弘前 (二)郡区町村編制法と弘前
戸長の配置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
年一月二十一日、県令山田秀典が布達した中津軽郡弘前各町の戸長は次の人物である。本
町在府町相良町宮崎文蔵元大工町森町覚仙町塩分町元長町上白銀町打越(うてつ)永吉茂森
町西茂森町成田俊蔵茂森新町古堀町古堀新割町...