弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (2 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (31 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (10 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 四 弘前の普選運動 [[弘前の普選運動]]
青森県における衆議院議員選挙
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
〇・九%にすぎなかった。そして、選出された議員は、第一回自由党四人(奈須川光宝、工
藤行幹、榊喜洋芽、菊池九郎)、第二回自由党三人・改進党一人(工藤卓爾(改進)、工藤行
幹、榊喜洋芽、菊池九郎)、第三回革新党(旧...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
中弘政社の誕生
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
明治二十六年(一八九三)十二月、本県出身の自由党代議士菊池九郎、工藤行幹、榊喜洋芽
らは、星亨衆院議長除名問題における自由党板垣総理の姿勢を批判して、十数人の同志と...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 一 市制・町村制の発足
市会と市役所開庁
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
明治二十二年(一八八九)五月一日から四日間にわたって弘前市制最初の市会議員の選挙が
行われた。選挙は、菊池九郎の率いる大同派と寺井純司を首領とする官僚派とに分かれて
戦い、有権者も一級・二級・三級の資格別によって...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 一 第一次護憲運動と弘前 [[第一次護憲運動と弘前]]
菊池九郎の手紙
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
この後の菊池武徳の華々しい活躍は周知のとおりである。この状況を見て、菊池九郎の長
男菊池良一や弘前士族で時事新報記者工藤十三雄も政界進出の希望を抱き、大先輩の菊池
九郎に相談した。...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
県内遊説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
生伴野雄七郎は中村敬宇の同人社に学び、明治十二年に帰ってきて中央の自由民権運動の
動きを伝えた。本多は菊池九郎とともに自由民権運動を推進することを決意し、明治十三
年一月、田中耕一、出町大助、伴野雄七郎、服部尚義...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
東奥義塾開学
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
円の資金援助も行い、これは東奥義塾の主要な財源となった。写真39津軽承昭公から東奥
義塾へ寄附金調書(菊池九郎筆)東奥義塾開学の中心となったのは、兼松成言、吉川泰次郎
菊池九郎、成田五十穂の四人である。そのうち...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
市制の施行
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
戸長役場をもってし、吏員は弘前の五戸長役場から数人ずつ選出し、市長、助役のもと三
一人だった。初代市長菊池九郎、同助役は長尾義連が就任した。大道寺郡長は五月一日か
ら四日にわたり、それぞれ三級一〇人、二級一〇人、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
東奥共同会の設立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
することで、併せて会員中権利を侵害されている者があれば助けることである。東奥共同
会の主要メンバーは、菊池九郎、本多庸一のほか榊喜洋芽(さかききよめ)、田中耕一、伴
野雄七郎(とものゆうしちろう)、今宗蔵、服部尚...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
弘城政社の内紛と解散
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
太郎高倉良蔵三月二十三日、市会で弘前市長選挙が行われた。革新同志会と市政刷新会は
、引退して東京にいた菊池九郎を立てたため、弘城政社の小山内鉄弥は一四対一二で敗れ
、この敗北によって弘城政社は解散した。五月三日の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第四節 廃藩置県前後の動静 二 廃藩置県と明治初期の弘前
弘前の民衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ていった。それでも明治十年代の政界を主導していったのは大道寺繁禎(しげよし)・本多
庸一(よういち)・菊池九郎・笹森儀助などの旧弘前藩士たちであり、国会開設を求める本
多らの檄文(げきぶん)「四十万同胞に告ぐ」(...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第一節 学芸の隆盛 二 藩校
東奥義塾
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
校廃止の布令により、廃校の瀬戸際に立たされた。このような状況下で、かつて藩命で慶
応義塾に学び帰県した菊池九郎は、漢学教師兼松成言と英学教師吉川泰次郎と諮(はか)り
、成田五十穂(いつほ)、吉崎豊作、榊喜洋芽(き...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 一 青森県の成立と弘前 [[青森県の成立と弘前]]
県政初期の混乱
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
り、さらに明治十年、残額五万二〇〇四円を免除してもらって無届けの藩札問題が解決し
た。この問題のとき、菊池九郎は鹿児島留学の際の人脈を活用して大山格之助、前山誠一
郎らを動かし、事を有利に結着させた。津軽家は菊池...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 一 弘前不平士族
不平の源流
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
八・長尾義連・館山漸之進・赤石行三の名を挙げ、密議に与(あずか)り、気脈を通ずる者
として、本多庸一・菊池九郎・桜庭太次馬・八木橋雲山らを川越石太郎は挙げる。そして
、青森県が難治県と言われるのは「旧君側ニ基ヒセ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
保守派との合同団結
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
助、北郡工藤行幹(ゆきもと)、下北郡一町田大江、西郡蒲田昌清、県会議員赤石行三、同
本多庸一、共同会員菊池九郎、同石岡周右衛門、県属菊池元衛、同伊藤珍英(千葉の人)で
ある。山田県令は会合の趣旨を説明し、国会開設...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
請願建白文の審議
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
父)、石岡三郎、小笠原宇八(のち青森町会議員)、樋口金蔵、今宗蔵(東義教師)、小山内
清定、服部尚義、菊池九郎、山田改一(七戸町、のち県議)、斎藤太衛、乳井弘良、傍島正
郡(まさくに)(師範学校教師)、伊藤利三郎...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
弘前の紛紜の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
得申付けられ、中津軽郡長笹森儀助、同郡書記伊東正長、同内藤吉郎太の三君は依願本官
を免ぜられ、本県士族菊池九郎君は東津軽郡長に任ぜられ、本県士族小館兵吾君は南津軽
郡書記(一五等相当)に、同野際原吾君は同郡書記(...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 二 津軽の自由民権運動-本多庸一を中心に-
弘前の紛紜の裏面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
の紛紜事件で保守派の大反撃を受けたが、しかし、明治十五年十月の県会半数改選の選挙
で、中津軽郡は館山と菊池九郎を選出した。郷田県令は館山漸之進の当選に錯誤があった
として当選を取り消し、再選挙を行ったが、館山は再...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 三 反自由民権グループ
陸羯南の手紙
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
いたときに紋別行きを勧めたのは笹森や長尾介一郎と思われる。笹森は明治十二年十月、
中津軽郡長だったが、菊池九郎、長尾介一郎らと函館の物産会社や七重の試験場を見学し
て農牧社の構想を練り、その後、単身紋別の伊達藩入...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
士族授産事業の成立と展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
。農牧社の組織は、社長大道寺繁禎、副社長笹森儀助、牧佃掛中畑清八郎、会計掛芹川高
正、監督長尾介一郎、菊池九郎であり、このほかに牧佃掛と会計掛の附属員が各一人いた
。開業後、順次、牛馬をそろえ、農具を購入して準備...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
勧業諸会の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
前倶楽部は、武田清七、竹内半左衛門ほか二九人が議員となり、一〇七人の会員で構成さ
れ、他に大道寺繁禎、菊池九郎ほかの士族ら二一人の名誉会員がいた。