弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (4 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (8 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (11 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (4 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (2 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (2 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 三 諸産業 (五)津軽の漆工芸
海底塗と唐塗を結ぶ磯草塗
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
り、国日記にたびたび登場する唐塗は、現在と同じ技法で塗られていたとは思えない。文
化五年(一八〇八)、若狭について書いた『稚狭考(わかさこう)』(福井県立図書館『拾椎
雑話(じゅうしいざつわ)・稚狭考』一九五...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
稗貫状243●永享八年(一四三六)四月、「奥州十三湊日之本将軍」下国安藤康季、後花園
天皇の勅命を受け若狭国羽賀寺の再建に着手。文安四年に完成する。………………………
…羽賀寺文書244●永享八年(一四三六)...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 三 諸産業 (五)津軽の漆工芸
変わり塗と池田源兵衛
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ちは、変わり塗技法(色漆を塗り重ね、研ぎ出して平滑に仕上げる)を用いて漆器を製作し
、これらの漆器は、若狭塗と呼ばれていた。小浜市の妙楽寺には、小浜藩の塗師三十郎が
変わり塗技法で塗った文庫や硯箱が収蔵され、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
豊臣政権の奉行衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
田氏を擁護した秀吉家臣佐々正孝、木下吉隆らに交代した。なお、伏見作事板は、越前敦
賀・三国(みくに)、若狭小浜(おばま)の豪商によって担われ、すべて敦賀湊に一旦陸揚げ
され琵琶湖を経て伏見へと廻漕されたが、木...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
若狭・敦賀(つるが)を中点として、日本海沿岸地域と畿内とを結びつけた北国(ほっこく)
海運は、古くから発達...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 二 商品流通の発展と城下の変容
慶安二年の「弘前古御絵図」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
研究』二二一)。まず、屋号にみえる地名からは(表30)、①日本海沿岸地域、なかでも越
中を除き出羽から若狭・丹波までの地名の屋号が際だって多く、因幡など山陰地方の地名
はみえない。東北地方の地名を冠する屋号は...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十五世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
するという。●永享八年(一四三六)四月、「奥州十三湊日之本将軍」下国安藤康季、後花
園天皇の勅命を受け若狭国羽賀寺の再建に着手。文安四年に完成する。●永享八年(一四
三六)十二月二十五日、女とう、「なませいし...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十六世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
前大館に移り、のち檜山屋形下国安東尋季より狄島守護に任ぜられるという。●永正十一
年(一五一四)四月、若狭国羽賀寺、後柏原天皇綸旨と青蓮院門跡尊猷法親王勧進状により
本堂修復。その中に「奥州十三湊日之本将軍」...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 三 中世寺社の存在形態
[[中世寺社の存在形態]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ことは、いうまでもない。また、永享八年(一四三六)、「奥州十三湊日之本将軍」として
の安藤康季が行った若狭(わかさ)羽賀寺の再建事業(「本浄山羽賀寺縁起」史料七八〇)や
、長禄四年(一四六〇)の安東師季による...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 二 領知安堵と太閤蔵入地の設定
太閤蔵入地の設定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
まずは、陸奥国に設定されたという蔵入地についてみてゆくことにしよう(以下は、渡辺
信夫「南部・津軽藩と若狭海運」福井県立図書館他編『日本海海運史の研究』一九六七年
、および、長谷川前掲『近世国家と東北大名』に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の鎮圧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
までの諸大名を軍事動員できたことを示すことにもなった。九戸城は本丸・二の丸・三の
丸・松の丸・石沢館・若狭(わかさ)館によって構成され馬淵川(まべちがわ)に臨む天然の
要害であり、総面積三四万平方メートルに及...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第一節 幕末の政局と民衆 二 幕末期の民衆 (一)都市民衆の姿
民衆の精神世界
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ち)だとして、「大平神」を取り上げ、神官に預けるように指示を出した。これを受けて
弘前八幡宮の神官小野若狭(わかさ)は「大平神」六体を預かり、藩の諮問(しもん)に答え
て「大平神」とはいかなるものか、調書を提...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 出典・典拠一覧(第一章・第二章) [[出典・典拠一覧(第一章・第二章)]]
[[出典・典拠一覧(第一章・第二章)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
…………………………………………………東京大学史料編纂所影写本小浜本鏡寺墓碑銘…
山名暢氏論文「戦国期若狭小浜の関戸氏と組屋氏」福井県総務部県史編さん課『県史資料
』4か廻船式目………………………………………...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
下し、秋田・津軽・南部領内で材木を伐採し、敦賀への廻漕を命じる。●文禄四年(一五
九五)十一月二十日、若狭小浜の組屋源四郎、津軽の太閤蔵米を売却する。●文禄四年(一
五九五)十一月二十六日、浅野長吉、若狭小浜...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第二節 室町・戦国期の津軽 一 「日の本将軍」安藤氏
[[「日の本将軍」安藤氏]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
六)四月、「奥州十三湊日之本将軍」安藤康季(やすすえ)が後花園天皇の勅命を受けて、
前年三月に焼失した若狭国羽賀寺(はがじ)の再建に乗り出している(史料七八〇・七八一
・写真160)。この康季が安藤氏では最初...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第二節 室町・戦国期の津軽 三 安藤・南部氏との抗争
安藤氏の没落
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
部氏側では承引できず重ねて勧告することになっている。しかし、その後、永享八年(一
四三六)に安藤康季が若狭羽賀寺の再建に際して莫大な費用を寄進(写真166)していること
から、安藤氏は十三を回復しているものと...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 一 十三湊と津軽
湊の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
くに積み荷の「鮭」は『庭訓往来(ていきんおうらい)』に記載された北方の特産物そのも
のである。さらに、若狭(わかさ)国羽賀(はが)寺縁起に記された「奥州十三湊日之本将軍
安倍康季(やすすえ)(安藤康季)」の記...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 一 築城と都市高岡の形成
城下弘前の変化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
く、江戸屋・京屋・大坂屋・兵庫屋・堺屋・尾張屋・丹波(たんば)屋・広島屋・備前(び
ぜん)屋・大和屋・若狭(わかさ)屋・越前屋・越中屋・越後屋・輪島屋・秋田屋などがあ
った。西日本の国名が多いのが目立つ。湯屋...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 四 農村復興と国産奨励 (二)国産の奨励
漆の栽培奨励
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
た漆栽培は寛永年間ころに始まるとされ、元禄期には現在の津軽塗の原型になった唐塗(
からぬり)の技術が、若狭の池田源兵衛によって伝えられている。しかし、続く十八世紀
は天明の飢饉の影響もあり、全体的に漆の栽培は...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 二 沿岸警備と蝦夷地警備 (二)安政期の蝦夷地警備
津軽人のみた開港場箱館
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
僊(ひらおろせん)(一八〇八~一八八〇)は、弘前生まれの画人・国学者として知られた人
物である。家業は若狭屋の屋号を持つ魚屋であったが、幼時から画を志し、学問・画業に
優れた元用人の毛内雲林(もうないうんりん...