弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (9 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (2 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第三節 戦後弘前の農業展開 一 農村の民主化
農地改革と自作農創設
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
当面の緊急課題と考えていた。国内においても戦時中の農業生産力の低迷から、次第に地
主的土地所有の規制と自作農創設とに向かっていたが、日本政府は、大戦終了後も徹底し
た土地改革に手をつけようとはしなかった。そこで...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第三節 地域経済の動向 六 昭和金融危機の勃発と打開
県債五〇〇万円の成立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
委員顔触定まる尚、委員は関係方面へ交渉中東奥4.27五百万円の貸付方針を協議県と銀行
団側打合〃5.5自作農創設の借入申込漸く続出県商工課に於て区分調査弘前6.29県債五百
万円の貸付全部完了す昨日、第五回貸付...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第四節 農業の動向 四 戦時体制下の生産統制
米穀の統制と自作農創設
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
来、多くの先人によって興隆をもたらしてきた農業構造の転換を迫るものであった。すな
わち地主制度の変革と自作農創設、それらを担い手とする商品作物の正常な発展が課題と
なって浮上せざるを得なかったのである。国内の農...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 二 昭和戦前の社会・労働運動 (一)世界大恐慌と青森県
青森県における恐慌の影響
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
っており、本県ではさらに相次ぐ冷害、農業不況がこれを深刻にした。昭和二年(一九二
七)の本県農家戸数は自作農二万五一四五戸、自作兼小作農三万二五二七戸、小作農二万
四九七九戸だったが、四年後の昭和六年には自作農...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 二 昭和戦前の社会・労働運動 (一)世界大恐慌と青森県
疲弊する農村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
一六七市町村のうち、三五%を超える六二町村が無医村であった。農村の疲弊に対して政
府も救農政策をとり、自作農創設維持資金を貸し付けたりしたが、青森県の場合、昭和五
年には自作兼小作から自作になったもの一〇〇人に...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第三節 戦後弘前の農業展開 一 農村の民主化
農業会の解体と農協の乱立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
農村民主化に関する「GHQ覚書」は、小作人の自作農化と、その自作農の再没落を防ぐた
めの農民団体の育成をもう一つの大きな狙いとしていた。GHQは、戦時中...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第三節 藩政改革と藩制の終焉 二 戦後の経済政策 (一)財政の逼迫と帰田法
「概略手続」の発表と変更
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
住した士族・卒は年貢米を納めれば、残る部分は自分の自由となる。そう考えれば帰田法
は最初から士族・卒の自作農化を意図したともみえる。ところが、帰田法は地主たちから
大多数の耕地を確保しようとしていたから、当然そ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第三節 藩政改革と藩制の終焉 二 戦後の経済政策 (一)財政の逼迫と帰田法
廃藩置県と帰田法の終焉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
月八日になると、今年の秋の収穫分から徴収が可能とされた(同前No.六〇九)。ここに、
帰田法は士族らを自作農化するという目的を棄て、弘前城下にいながら農村からの利益を
享受できる途を開いたのである。では、どうし...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第三節 藩政改革と藩制の終焉 二 戦後の経済政策 (一)財政の逼迫と帰田法
王族利益の実態と帰田法の意義
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
であった彼らを、より生産的な場に近づけようとした政策と位置づけるのが最も妥当であ
る。確かに士族らには自作農となる途も開かれてはいたが、日々の生活に事欠き、農業経
営のノウハウも持たず、移住資金もなく、いったん...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
地租増徴問題と青森県
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
とに分裂し、地価修正派優位のうちに推移、日清戦争によって終わりを告げる。これは、
運動の主体が十年代の自作農・小規模手作(てづくり)地主層から、小作米販売者として米
価に関心を持つ寄生地主層が運動の主体となり、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第四節 農林業の発達 一 りんご栽培の拡大と販路拡張
りんご生産の展開と農業振興
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
培株式会社の発起趣意書と賛成者」、資料近・現代1No.四一九)が、後者の形態は成功せ
ず、次第に小規模自作農経営が主流になっていった。
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第四節 農林業の発達 二 地主制度の確立と農事改良
地主・小作関係
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
有の拡大を図った。特に、松方財政のデフレ政策とその後の農村不況は、明治政府の徴税
の厳しさも加わって、自作農民から小作農民に転落する農民層を増加させた。一方、商業
・酒造業・金貸しなどはこれを契機に農民の手放し...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第四節 大正二年大凶作と弘前市の農業 一 大正二年の凶作
大凶作下の農村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
事業団によるりんご販売(大正2年~3年)例えば、高杉村糠坪(現弘前市)では、当時、戸数
四八戸のうち、自作農三戸、自作兼小作六戸、小作二四戸、日雇一五戸の農家が居住し、
五七町歩の水田面積があるものの、地域内住...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第一節 軍都弘前の展開 二 弘前市にとっての東北振興
昭和弘前市民の一側面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
は宮川地主小作制度に象徴される農山村社会の深刻な問題は、地主の豪農・豪商化をもた
らし、小作人の窮乏と自作農の小作化を引き起こしていた。昭和農村恐慌はそれらを増幅
させた。貧富の拡大は当時の社会運動でも問題視さ...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第二節 銃後弘前の市政と生活 五 敗戦‐銃後弘前の終焉‐
戦時生活の諸側面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
恵を絞らざるを得なかった。農家からの食糧供出はいうまでもないが、食糧増産のための
農事試験や耕地改良、自作農創設など、農業の根本的な制度改正も講じられた。しかし弘
前市自体は中心部が市街地であり耕作地は少ない。...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第四節 農業の動向 一 農村疲弊と小作争議
小作争議と地主制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
「調停申立書」、同前No.二二六)。このような地主的土地所有の矛盾は準戦時体制以降
にいっそう拡大し、自作農創設の必要性が社会的に要請されるようになった。