弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (78 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (23 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (27 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (23 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (4 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (5 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (323 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
器時代の終末期に問題」(ミネルヴァ1-5)1936年*9中島全二「下北半島新石器文化の編年
的研究」(考古学雑誌36-4)1950年*10岩月康典「下北半島に於ける土師器の竪穴」(考古
ノート5)1951年*...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 〈注一覧…第2章〉
[[〈注一覧…第2章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
*1杉原荘介「群馬県岩宿発見の石器文化」(明治大学文学部研究報告考古学1)1956年9月*2
毎日新聞1993年(平成5)5月13日(木)の1面・3面・23面記事参照*3藤...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
七七八年(安永七) B中谷治宇二郎『日本先史学序史』岩波書店一九三五年十二月 C村越潔
「永禄日記」『考古学ジャーナル』四三一九七〇年四月(2)菅江真澄「栖家の山」『秋田
叢書別集菅江真澄集六』一九三三年八月(...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 三 亀ヶ岡土器文化の発展
第三節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
(1)安田喜憲『環境考古学事始』NHKブックス三六五一九八〇年(2)江坂輝彌「海岸線の進
退から見た日本の新石器時代」『科学朝日...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第2節 中世・近世の考古学研究略史
[[中世・近世の考古学研究略史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ここで若干の研究史を概説してみたい。最初に青森県の中世・近世遺跡を考古学的な視点
でとらえたのは、中谷治宇二郎である。彼は『東北地方石器時代遺跡調査予報』*2の中で
十三湊に触...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 年表 考古学史年表 [[考古学史年表]]
[[考古学史年表]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
[考古学史年表][考古学史年表(国内・県内のおもな出来事)][考古学史年表(日本考古学
)][考古学史年表(...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
*1考古学資料によって中世・近世遺跡と認定できる遺跡のみ抽出した。対応する文献は下
記のとおりである。表1に対応...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
現在の態勢
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
以上、本県の考古学研究を第Ⅰ期から第Ⅲ期に分け、それらの中で江戸時代から昭和三十
三年(一九五八)の第Ⅲ期に至るまでを概...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 二 考古学研究の展開過程
[[考古学研究の展開過程]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
青森県における考古学研究は、記録によると江戸時代に始まり、明治時代に入って、東京
大学(当時東京帝国大学)を中心とした人類...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
昭和時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
45)。また、田中は、大正十五年(一九二六)に県師範学校へ赴任し、国史および地理の講
義を担当する傍ら考古学の研究に励み、その成果を県師範学校校友会誌『郷土号』に発表
した。内容は、時代区分から説き起こし、亀ヶ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第1節 古代に関する考古学研究略史
(2)太平洋戦争後から現代まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
この時期は、戦時中の皇国史観から脱却し、歴史考古学の分野での本格的な研究が開始さ
れた時期から、今日までの飛躍的な発展を遂げた時期である。昭和20年代の...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 序 新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次
[[新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
6五津軽地方に被害を及ぼした地震と特徴……………………240第二章津軽の原始時代245
第一節青森県の考古学研究史………………………………………246一はじめに……………
…………………………………………246...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 一 はじめに
[[はじめに]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
証的な歴史観が台頭し主流を占めるに至った。特に、この傾向は文字による記録の出現以
前を研究の舞台とする考古学に強かった。それは、地下に埋没している遺構・遺物などの
埋蔵物に光を当て、記録とは異なった資料を基に、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
[[考古学からみた中世的世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
目を見張るものがある。とくに津軽地域においては、原始・古代はもちろんのこと中世と
いう時代においてさえ考古学的な遺構や遺物の発見がなければ、具体的な歴史像を描くこ
とは不可能となっている。考古学資料は、中世社会...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
12.牧野Ⅱ遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
た際、多量の遺物が出土し、それを伝え聞いた県立弘前工業高校岡田郁雄教諭の調査を経
て、弘前大学教育学部考古学研究室が出土遺物を採集した。発掘調査は既に整地が完了し
、ビニールハウス建設工事中のため実施していない...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 三 第Ⅰ期…考古学研究の曙の時代
明治時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
事典にあったArchaeologyを訳し、これを『古物学』と題して出版し、ヨーロッパで考え
られていた考古学を初めて我が国に紹介したのであった(11)。明治十年(一八七七)、腕足
類(わんそくるい)研究のため来...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
太平洋戦争終結後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
が「下北における縄文文化の編年」を(72)、江坂輝彌は「尻屋の物見台(ものみだい)遺跡
について」を『考古学雑誌』にそれぞれ発表した(73)。一方、同年の発掘調査は、県教育
委員会社会教育課長であった横山武夫(...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 二 稲作農耕の開始
第四節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
系日本書紀』後篇吉川弘文館一九九〇年(普及版一二刷)(7)A須藤隆「東日本における弥生
文化の受容」『考古学雑誌』七三-一一九八七年B市川金丸・木村鉄次郎「青森県松石橋
遺跡から出土した弥生時代前期の土器」『考...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) [後付] 「新編 弘前市史」編纂事業関係者名簿(平成十三年一月一日現在辞令交付分)
[[「新編 弘前市史」編纂事業関係者名簿(平成十三年一月一日現在辞令交付分)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
大学学長〃荒井清明弘前市立博物館協議会委員長〃千葉寿雄元弘前市教育委員〃村越潔青
森大学社会学部教授・考古学研究所顧問〃長谷川成一弘前大学人文学部教授【編集委員会
】監修者乕尾俊哉弘前大学名誉教授編集委員長森山...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 二 環壕集落の出現
環壕集落の構造と年代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
の対象を明確にしえないこの種の施設に対して、機能が明確に限定されてしまう「防御性
集落」という名称は、考古学的には必ずしも適切な表現とは思われない。いわゆる防御性
集落と呼ばれるもののすべてが、かつて北奥の地に...