弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (10 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (32 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 4.古代の文化と信仰 (1)祭祀と仏教文化の波及 [[祭祀と仏教文化の波及]]
[[祭祀と仏教文化の波及]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
常生活用具との違いが明確でないため、一部を除きここでは省略する。各種の祭祀遺物の
多くは、集落遺跡での竪穴住居跡内からのもであるが、斎串だけはいずれも用排水路跡か
らの出土である。以下、各種遺物の概要と出土状況から...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(11世紀,碇ヶ関村古館遺跡)図15津軽型防御性集落(11世紀,大鰐町砂沢平遺跡)図167~8
世紀の竪穴住居跡図179世紀の竪穴住居跡図189世紀~10世紀の竪穴住居跡図1910世紀~11
世紀の竪穴住居跡図20...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 三 津軽の古代信仰
津軽地方の古代信仰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
軽地方の木製形代類土馬は東北地方では類例が極めて少ないが、黒石市甲里見(こうさと
み)(2)遺跡第二号竪穴住居跡床面から出土している(図25-1)。他にカマド燃焼部から土
製勾玉、覆土(ふくど)から手捏(てづく)ね...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第4節 住居と集落
3.縄文時代の集落
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
心部に200ほどの土壙群が放射状に配置されており、その外側を多数の柱穴群が取り巻き
、さらにその外側を竪穴住居跡群が取り巻くという構造である*192。本県でも縄文時代中
期における六ヶ所村富ノ沢(2)遺跡の例を見る...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 2.集落と住居
(3)10世紀後半~11世紀
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
1世紀,大鰐町砂沢平遺跡)砂沢平遺跡地形図この時期の集落を構成する建物では、作りつ
けのかまどをもった竪穴住居跡と総柱の掘立柱建物跡(倉庫)、竪穴構造の工房跡であり、
基本的には前代のものと同様である。竪穴住居跡は...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
5.大森勝山遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
当遺跡は、第1次調査により台地の南西部から13.77m×12.80m、面積150.4m2を測る円形大
竪穴住居跡が発掘され、発見当時は日本最大の竪穴住居跡といわれた(図5)。第2次調査で
は、台地の北東端に近い標高...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
太平洋戦争終結後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
を同年十一月に発掘し、翌年の十月には慶応大学の江坂輝彌も参加して、縄文時代中期末
の最花式土器をはじめ竪穴住居跡一棟を発掘した。なお、伸展葬(しんてんそう)の人骨一
体と頭骨も出土したといわれる(67)。本県の調査...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 一 農耕社会の定着
平安時代の大規模集落
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
石遺跡が挙げられるほか、浪岡町を流れる大釈迦川流域の遺跡群がこれに該当するであろ
う。九世紀中葉には、竪穴住居跡の外周に馬蹄形状に溝をめぐらし、その開口側と同一の
南東ないし東方向にカマドの主軸方位をもつ極めて斉一...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
2.下恋塚遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
992)4月21日から同年6月6日まで発掘調査を行った。調査面積は555m2である。(4)遺跡の
概要竪穴住居跡6件・堀跡2本・土壙5基が検出された。いずれの遺構も、平安時代中葉(9
世紀後半~10世紀前半)のもの...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
は、平成元(一九八九)・平成二年(一九九〇)の調査で二万六〇〇〇平方メートルを発掘し
、縄文時代中期の竪穴住居跡五四三棟を発見した(154)。また、平成三年(一九九一)以後
継続して調査が行われている青森市高田(た...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
本州の擦文文化の実態
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
カマドをもつ竪穴住居跡から出土する本州の擦文土器が土師器を伴うことは、東通村稲崎
遺跡や市浦村赤坂遺跡で早く昭和二十年代から...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第4節 住居と集落
2.縄文時代の住居跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
押型文土器を使用していた時代の住居跡は、八戸市河原木の見立山(2)遺跡で2軒発見され
ている。いずれも竪穴住居跡であり、1軒は3.15m×3.05mの円形、もう1軒は長軸3.22m、
短軸3.15mを計る隅丸方形で...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第1節 古代に関する考古学研究略史
(2)太平洋戦争後から現代まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
には明治大学の後藤守一・岩月康典らによる東通村将木館(しょうぎだて)遺跡の調査が行
われ、環濠内と外の竪穴住居跡を3軒検出している*10。これまでは東北地方北部で円形の
窪地として確認されている多くの竪穴住居跡の構...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
8.砂沢遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
られ、第1・第2次調査は高台地区を中心に行い、多数の小柱穴・溝跡・Tピット(落し穴)
・縄文時代後期の竪穴住居跡(1号住居跡)を発見、第3次から順次低地帯へ移り、前述と同
期の竪穴住居跡(2・3号住居跡)・水路状溝...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
15.尾上山(3)遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
した。(4)遺構・遺物の概要発見された遺構は、縄文時代前期(円筒下層b式土器期)の不整
楕円形を呈する竪穴住居跡2軒、円または楕円形を示し、断面がフラスコ状筒形を呈する
土壙9基、平安時代(10世紀前葉)の竪穴住居...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
16.鬼沢猿沢遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
委員会が発掘調査を実施した。(4)遺構・遺物の概要遺跡としては、縄文時代後期の十腰
内Ⅴ群(式)土器の竪穴住居跡1軒・土壙27基・配石遺構1基・焼土遺構2・時期不明の柱穴8
・降下火山灰の混入状況から平安時代後半期...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
3.石川長者森遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
あろう。丘陵頂部平坦面に配置した竪穴住居群を主体とした集落全体を、保塞する性格を
有する施設である。〔竪穴住居跡〕空堀に囲まれた丘陵頂部のトレンチで3軒の竪穴住居
が検出された。第1号住居跡は、改築された竪穴で、...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
5.荼毘館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
代を主体とするが、古くは10世紀後半、新しくは12世紀前葉期の遺物も少量散見する。検
出された遺構は、竪穴住居跡30軒、掘立柱建物跡15棟、井戸跡6基、土壙94基、焼土遺構1
9基、溝状遺構63本、堀跡3本である。...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 2.集落と住居
(1)7・8世紀
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
住居がある。この竪穴住居は、集落の中心的役割を果たした「村長(むらおさ)」の住居で
あろう。この時期の竪穴住居跡は、基本的には縄文時代に起源を持つものであるが、青森
県の中では古墳時代の約3世紀間が不明であり、在地...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 2.集落と住居
(2)9世紀~10世紀前半
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
落のものとほとんど異なる点がなく、この意味においても両地域との文化的差は認められ
ない。図179世紀の竪穴住居跡図189世紀~10世紀の竪穴住居跡