弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (4 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (9 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 二 続縄文文化の南下
弥生文化と続縄文文化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
稲作農耕を生産基盤とする本州の弥生文化に併行する時期に、北海道地方に展開した縄文
文化以来の食料採集に生産基盤...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 二 稲作農耕の開始
弥生文化の内容
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
先述したごとく、弥生文化には稲作農耕のほかに金属器も加わっている。恐らく縄文時代
から主要な用具であった石器類は次第にその地位を失って、金...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 一 遠賀川系土器の伝来
弥生文化の伝来と稲作農耕の開始
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る約二三〇〇年前のころになり、南から伝播して来た新しい弥生文化が徐々に浸透し、や
がてその文化の有する稲作農耕の技術を学び、次第に縄文文化から弥生文化へと移行した
。わが国の歴史は、縄文時代の後に弥生時代を設定し...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第2節 古墳時代 1.古墳時代の概観
[[古墳時代の概観]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
弥生時代に東北地方北部地域を含めた広域に展開する文化と見られたが、今日では、砂沢
遺跡や垂柳遺跡など、稲作農耕を伴う本県は、東北南部同様に弥生文化として評価され、
4世紀~6世紀ころが続縄文文化として把握されてい...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 一 遠賀川系土器の伝来
津軽への稲作の伝来
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
生時代の始まりが西日本において今から約二四〇〇年前、東北北部などで約二三〇〇年前
とすると、津軽地方へ稲作農耕の伝来は紀元前一世紀初めということになろう。北九州な
どで大規模な稲作農耕の開始期と東北北部とは遅くみ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
[[弥生時代]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
縄文時代に続く弥生時代は、稲作農耕を主体とした土地を基盤とする経済社会であり、し
たがってこの時代から貧富の差を生じ、またその貧富によっ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
4.垂柳遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
.9W-EW→E9.669※備考()で示した数値は復元及び推定した値である。砂沢と垂柳の両遺
跡では、稲作農耕に関する諸道具(例えば耕作具や石包丁など)は見られない。砂沢の場合
は、土器以外の遺物の内容を考えると...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 〈注一覧…第2章〉
[[〈注一覧…第2章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
隆「東北地方における弥生文化」(伊東信雄先生追悼考古学古代史論攻)1991年3月*151巌
文明「中国稲作農耕の起源と展開日本における稲作農耕の起源と展開」(日本考古学協会
設立40周年記念シンポジューム-資料集...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
。〔弥生時代〕弥生時代前期の二枚橋式・五所式期の土器のほか、竪穴遺構1基が検出さ
れた。このほか、初期稲作農耕と密接な関係を持つ遠賀川式系土器も出土しており、遺跡
の立地を考慮すると、稲作農耕を目的とした沖積平野...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 序 新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次
[[新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
……………………………………………350一遠賀川系土器の伝来……………………………
……………350二稲作農耕の開始………………………………………………352年表359津軽
地方の気象特性と災害………………………...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 二 稲作農耕の開始
水田跡の発見・垂柳遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
昭和五十六年(一九八一)に至り、交通体系の変化に伴う国道一〇二号バイパス建設の計画
が起こり、その路線...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第四節 弥生時代 二 稲作農耕の開始
砂沢遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
である。弘前市・砂沢遺跡の完掘した2号水田跡垂柳ならびに砂沢遺跡の水田跡発見によ
り、東北北部の地でも稲作農耕の開始は、大陸から伝わり最初にその栽培が始まった北九
州と、予想されるほど長期の年月を経ずに伝播してい...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 一 古墳文化北進の限界
東北地方の古墳時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
した東北地方のこの時代のなかで、東北地方北部では三世紀末から四世紀前半代には、弥
生時代の指標であった稲作農耕を欠き、食料採集に生活基盤をもつ北海道系の続縄文文化
の遺物が多くみられるようになり、古墳文化の影響を...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 二 蝦夷はアイヌか
北東アジア人の渡来
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ところが稲作農耕が日本列島に持ち込まれた弥生時代になって、人口が急増する。そして
近年の研究によれば、その背景として、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 三 大和政権の東北進出
古墳文化及ばぬ北の世界
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
生活を守り、稲作を好まない人々の住む地帯もあったであろうから、弥生時代の段階から
そうした続縄文的な非稲作農耕地域社会が併存していた可能性もあろう。稲作地域にこう
した続縄文的な社会が混っている状態を「斑状(まだ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
2.弥生時代の初期稲作について
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
北九州や近畿地方の縄文時代終末をさかのぼらせる考えを提起した。縄文時代晩期後半期
に北九州で開始された稲作農耕は、その後しだいに本州にも広まり、やがて東北地方北部
にも、西日本における弥生時代前期の遠賀川(おんが...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
3.砂沢遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の土層から遠賀川系土器も混じって発見され、砂沢式土器と西日本の土器との対比関係が
明白となった。恐らく稲作農耕の技術は、我々の想像を超えたスピードで伝わり、従来考
えられていた紀元後1世紀以降との説を大きくさかの...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第3節 弥生時代
5.青森県における弥生時代の終局
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
に、後北式土器の担い手たちが来着し、本拠地(北海道)と同様な生業を営んでいたのであ
ろう。恐らく彼らが稲作農耕を営むのは技術的に無理であり、かつての弥生時代前・中期
に行われていた稲作は、後の平安時代に入り開拓が...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 2.集落と住居
(2)9世紀~10世紀前半
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の先端部や河岸段丘の高位面などである。一部には沖積平野の微高地上や、山間部に進出
するものも認められ、稲作農耕の発展による耕地の拡大化が指摘される。特に、9世紀後
半から10世紀にかけてその傾向が強く認められる。...