弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (5 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (19 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (5 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (6 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (5 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (12 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (3 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (2 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
種里城と町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
明応元年(一四九二)、現在の鰺ヶ沢町種里町に西海岸の掌握と西浜の南方にある安東氏に
備えて、久慈南部氏の信濃守光信が種里城を築いたことが文献史...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (四)中世城館のネットワーク
種里城を中心とした城館群
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
種里城跡を中心とした城館群は、川崎城をはじめ、赤石川流域を中心とした山の麓に設け
られているという特徴が挙...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 二 南部氏の津軽平定と石川高信
三戸南部氏による領国支配の強化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
一四九一)に、南部氏の一族である南部光信(なんぶみつのぶ)(写真189)が、軍勢を率いて
、日本海側の種里(たねさと)(西津軽郡鰺ヶ沢町種里)に移住したことにはじまる(史料八
六〇)。これについて、種里は当時...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
自害するという。…………………………八戸湊文書274●延徳三年(一四九一)、この年、
南部光信、大浦・種里に入部し種里城に拠るという。……………………………前代歴譜27
4●明応二年(一四九三)三月八日、波岡...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 八 弘前地域の板碑一覧
鰺ヶ沢1~12
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
鰺ヶ沢1西鰺ヶ沢町種里町字大柳-種里城跡-鰺ヶ沢2西鰺ヶ沢町種里町字大柳-種里城跡
-鰺ヶ沢3西鰺ヶ沢町種里町字大柳-臥竜院...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
)百沢寺真言宗不詳真言五山寺初め、十腰内村にあり(2)最勝院同右天文元年弘信僧都真言
五山寺初め、大浦種里村にあり(3)国上寺同右不詳僧円智の創立とも真言五山寺(4)橋雲寺
同右慶長六年真言五山寺(5)久渡寺...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
一五九六~一六一五)に城下寺町に移転、のち現在地へ。長勝寺曹洞宗金沢宗徳寺大永六(
一五二六)大浦盛信種里(鯵ケ沢町)西茂森大浦盛信が亡父光信の菩提寺として創建。賀田
村(岩木町)→堀越→慶長十五(一六一〇)...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦氏の城下町建設の流れ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
信(ためのぶ)の祖父に当たる久慈南部氏の信濃守光信(みつのぶ)を明応元年(一四九二)に
現在の鰺ヶ沢町種里(たねさと)町に種里城を築いて入部させたことにはじまる。その後、
文亀二年(一五〇二)三戸南部安信(や...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
三戸南部氏の津軽進出と大浦築城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
だい)」とするとともに、延徳三年(一四九一)に南部久慈(くじ)氏の一族南部光信(みつの
ぶ)を津軽西浜種里(たねさと)城(現鰺ヶ沢町種里)に配置し安東氏への押さえとした。三
戸南部氏が、本貫地糠部郡だけではな...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
跡七戸城跡北東出丸矢館跡Ⅲ』(七戸町埋蔵文化財調査報告書第4集)1989年61)鰺ヶ沢町教
育委員会『種里城跡』(種里城跡第1次発掘調査報告書)1989年62)八戸市教育委員会『史跡
根城跡発掘調査報告書Ⅺ(...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 二 大浦城の歴史
[[大浦城の歴史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
うした中、安東政季死去より三年後の延徳三年(一四九一)、南部氏の一族・光信が九戸郡
下久慈より「大浦・種里」に入部。海からの安東勢力の侵入口である西浜の種里に拠って
(「前代歴譜」)、南部氏の前衛の役割を担う...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
師堂境内32~73深浦町関字栃沢甕杉下74深浦町関字栃沢(深浦町歴史資料館保管)鰺ヶ沢1
・2鰺ケ沢町種里町字大柳種里城跡3鰺ケ沢町種里町字大柳臥竜院墓地4・5鰺ケ沢町日照田
町字野脇地蔵堂前6鰺ケ沢町日照田...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
より継続中、十~十一世紀=平安時代、十五世紀=室町時代の二期に分かれる)(149)、西
津軽郡鯵ヶ沢町種里町の種里城跡(一九八九年より継続中、十二世紀=平安時代末期、十
五~十六世紀=室町時代)(150)等に...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦城と大浦城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
浦を中心とした地域であり大浦城である。「大浦城」は文亀二年(一五〇二)三戸南部氏安
信(やすのぶ)が、種里城の光信に大浦城を築かせ、鼻和郡の本拠地としたとされている(
史料八七七)。光信は大浦城に長子の盛信を...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (一)歴史的な激化の背景
文献史料から見た戦国動乱の激化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ということができる。南部氏は延徳三年(一四九一)、南部久慈(くじ)氏の一族光信(みつ
のぶ)を津軽西浜種里(たねさと)に入部させ、安藤氏への押さえとし、文亀元年(一五〇一
)、閉伊郡の千徳(せんとく)氏を滅ぼ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (二)さまざまな中世の城館
城館タイプの分類
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
れた、「領主居住型城館跡」ともいえる拠点的性格を持つ城館は、浪岡町浪岡城跡や弘前
市石川城跡、鯵ヶ沢町種里城跡、岩木町大浦城跡、川内町蠣崎城跡、八戸市根城跡、七戸
町七戸城跡が挙げられる。これらの領域支配を目...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (五)発掘調査から見た遺跡
大浦氏関係の中世城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
鯵ヶ沢町種里城跡や岩木町大浦城跡などは開発に伴う発掘調査が行われている。種里城跡
においては主曲輪から束になった銭...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 二 三代藩政の動向と家中騒動
信義の襲封
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
安方町に善知鳥(うとう)宮を再興している(同前No.六三六)。また、正保元年(一六四四)
には大円寺を種里村(現鰺ヶ沢町種里町)から銅屋町に移した(『記類』上)。図74.浪岡八
幡宮鳥居棟札幕府との関係では、...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (一)藩主家の菩提寺
[[藩主家の菩提寺]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
大浦光信は大永六年(一五二六)十月八日、種里城(現西津軽郡鰺ヶ沢町)で臨終の際、自分
の没後は甲胄のまま埋葬すること、これまで海蔵寺を菩提寺として...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (六)曹洞宗の寺院
長勝寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
長勝寺(ちょうしょうじ)は、大永六年(一五二六)、大浦光信が種里城(現西津軽郡鰺ヶ沢
町)で死去する時、一寺建立を遺言したため、その子盛信によって創建された。菊仙が招...