弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (8 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (1 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (二)天明の飢饉
飢饉への対応
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
力するよう、豪農・豪商層に呼びかけるしかなかった。藩がまず取り組んだことは、食糧
用の米よりも来年用の種籾の確保であった。種籾がないと翌年の植え付けもできないので
、藩は九月二十三日の時点で種籾一万三〇〇〇石...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
農政の転換
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
「有米改め人」という形で強化されることになった。一方、農業の再生産の保障を行うた
めには、夫食あるいは種籾の確保と貸し付けが必要となった。元禄五年(一六九二)の場合
、岩木川中流域の新田地帯は籾、外浜(そとが...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
米作奨励と栽培管理
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
うとしたものである。明治初期、米作技術の改良の課題は、①螟虫(めいちゅう)の駆除、
②馬耕法の採用、③種籾の塩水選法であった。明治七(一八七四)、八年ごろから稲の螟虫
が大量に発生し、津軽平野の水田はほとんど...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
』)、また藩から貸与される夫食(ぶじき)(凶作の際、領主が農民に貸し付けて救済を図ろ
うとした食料)・種籾の取り立てなどが想定された。同じ年の十月三十日、家老瀧川統伴(
むねとも)は免職、閉門を申し渡された。...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
上層農民・在方商人の伸長と藩政の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
年(一七五〇)四月には、近年の凶作に加え、前年の不作によって御蔵納米が大いに不足し
、皆無作の村々への種籾や御救米の支給で財政面で困難をきたしたとして、城下町人ばか
りではなく、在方を含む領内の富裕層に対して...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (二)天明の飢饉
飢饉のその後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
したうえに、前年と一転して猛暑・干ばつ気味で、収穫も平年の四分の一作に過ぎなかっ
た。他国から購入した種籾も質が悪く、うまく育たなかったという。それでも七月には所
々で七夕祭りや宵宮があり、酒盛りなどが開かれ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動のその後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
十八日には、責任をとって家財を処分し、自宅は「空屋」になっているが、実際はその後
も藩の命令で秋田藩に種籾の買い付けなどに派遣された(『天明卯辰日記』)。津軽領での
騒動は、大凶作の兆候がみられる天明三年七月...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
「標符(通帳)」通用の実態
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ることから、米穀・物資の欠乏は甚だしく、農民の標符はほとんど通用することはなかっ
た。また飯料や翌年の種籾も取り上げられたにもかかわらず、手当も貸し出しもなく、農
村では「飢渇に及ぶ者」も出るようになった。庶...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 一 開港と武備の充実
幕末期の蝦夷地交易
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
干し・油類など合計二二四両で購入した(『青森市史』第九巻)。この他に滝屋が箱館奉行
所に売却した物資は種籾・大豆・小豆など実に種類が多く、特に文久二年(一八六二)正月
と翌三年六月には幕府直営の漁場である樺太...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 五 人々の信仰 (二)庶民の信仰
抜参り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
祓と金子一分・銭二〇〇文を付け、秋田から駅送りで黒石へ帰った話を載せる。伊勢参り
したものが、伊勢から種籾(たねもみ)「山田錦」を持ち帰り、栽培・普及した記録は津軽
では見つかっていない。安永九年(一七八〇)...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 一 青森県の成立と経済制度改革
旧藩体制改革への動き
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
省へ取り次ぐことが職務であった。社会掛は、郡村で貯穀などを行い、凶年に窮民を救助
し、夫食(ぶじき)、種籾を貸与する。土木掛は、堤防、橋梁の修築を行い、水害を予防し
、官費による修築を村費によるものに転換する...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第三節 地域経済の動向 三 昭和恐慌と商工業
昭和恐慌の勃発と商工業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
。これに対し、県をはじめ官民は政府に冷害対策実施の陳情を行い、財政支援を取り付け
た。その内容は肥料、種籾購入資金や内務省土木費の支出であった。昭和六年に犬養内閣
が成立すると、高橋是清大蔵大臣は金輸出を再度...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
●元和元年(一六一五)、この年、東風にて凶作となり、津軽信枚、帰国して家臣中村内蔵
允を越後へ派遣し、種籾を購入させる。●元和二年(一六一六)、この年、前年に続いて凶
作。越後よりの入津米と幕府からの拝領米を...