弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (3 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (11 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
5)聖観音不詳久渡寺(真言宗)僧円智の創立とも伝える(6)深沙大権現大同二年坂上田村麻
呂猿賀山長命院神宮寺(天台宗)(7)熊野三所大所大権現不詳飛龍山東福院(天台宗)元亀四
年の建立ともいう(8)八幡太神宮不...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (二)天台宗の寺院
神宮寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
神宮寺(現南津軽郡尾上町)は、深沙宮(じんじゃぐう)(現猿賀神社)の別当であった。「天
台宗縁起」(同前No...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
文元年(一五三二)僧弘信が堀越に建立した金剛山光明寺に始まるという。天正年間(一五
七三~九二)猿賀山神宮寺(尾上町)の別当。円明寺浄土真宗東本願寺明応八(一四九九)念
西坊油川(青森市)新寺町念西坊の俗名は下...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第四節 廃藩置県前後の動静 一 弘前藩の解体と神仏分離
大社の神仏分離
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
照宮(とうしょうぐう)は日光東照宮の例を調査してから行うとしている。次に深沙宮(現
南津軽郡尾上町)は神宮寺が別当を免じられ、本社の仏像は神宮寺に預けられ、社号を猿
賀(さるか)神社と改称することとなった。袋宮...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
の死をとげるという。………封内事実秘苑・津軽一統志339●天正十四年(一五八六)正月
、大浦為信、猿賀神宮寺を祈願所となすという。……………………………永禄日記340●
天正十四年(一五八六)十月三日、小野寺輝...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十六世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、大浦為則の実子、五郎君・六郎君不慮の死をとげるという。●天正十四年(一五八六)正
月、大浦為信、猿賀神宮寺を祈願所となすという。●天正十四年(一五八六)十月三日、小
野寺輝道、南部信直の滴石(雫石)攻略を賀す...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 一 延久蝦夷合戦
乳井福王寺の伝承
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
かも彼は沢田古館に住み、その地の人々を指導して「長崎村より高畑まで」高二千石余を
開発した上に、猿賀山神宮寺の別当職も兼帯して、その所領千石も領知したと伝えられて
いる。ここにみえる「白河天皇の勅願で承暦二年に...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第一節 幕末の政局と民衆 二 幕末期の民衆 (一)都市民衆の姿
宗教と交通統制の低下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
として挙げられよう。藩は寺社奉行を頂点として、仏教は薬王院(やくおういん)・百沢寺
(ひゃくたくじ)・神宮寺(じんぐうじ)・袋宮寺(たいぐうじ)・最勝院(さいしょういん)と
いった大寺院が中心となり、本山・末寺...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 五 参勤交代と江戸屋敷の生活 (一)参勤交代
帰国の旅
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
出発し、横手(よこて)で昼の休憩。午後三時に大曲(おおまがり)に到着。十七日、午前四
時に大曲を出発、神宮寺(じんぐうじ)を経て境(さかい)で昼の休憩。やがて久保田(くぼ
た)へ着き、佐竹右京へ添田が使者となっ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 五 参勤交代と江戸屋敷の生活 (二)江戸屋敷の生活
江戸勤番と生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
、夕暮れに帰宅。七日、夜に出番(請取番)。藩主が今朝、老中廻りをなされ比較的早くお
帰りになる。今日、神宮寺の僧侶が津軽へ出発した。八日、将軍が上野へおいでになるの
で、その道筋の大名・小名が道筋のほか町屋まで...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
藩政前期為信
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
棟札天正十四年(一五八六)に為信は深沙宮(じんじゃぐう)(現猿賀神社、南津軽郡尾上町)
へ参拝し、別当神宮寺(じんぐうじ)の所領を安堵し、祈願所としたが、翌十五年には領主
の命に別当が従わないのは反乱に結びつく...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
二代信枚
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
うしょういん)(現薬王院)の創建に当たっては本祐を開基に推し、真言宗に改宗させられ
ていた深沙宮の別当神宮寺を天台宗に戻した。また、幕府から一三年間預けられていた天
台宗の僧慶好院(金勝院)の意見を取り入れ、最...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
藩政中期四代信政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
信政が明暦二年(一六五六)、父信義のため天台宗報恩寺(ほうおんじ)を創建し、薬王院(
やくおういん)・神宮寺・袋宮寺とともに天台「四山」とした。大円寺(現最勝院)五重塔
は寛文四年(一六六四)から築造されたが、...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (三)真言宗の寺院
最勝院
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
最勝院(さいしょういん)は、天文元年(一五三二)、弘信僧都が堀越村に創建し、為信が
宮寺別当を兼帯させ寺領五〇〇石を寄進した(「津軽一統志」)。寺伝によれば、為信が高
野山無量寿院の宥観を第...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 三 神社 (一)神社
深沙宮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
、翌年別当延命院を追放し、最勝院に兼帯させたという。元和五年(一六一九)、信枚がも
との天台宗へ戻して神宮寺を別当とし、塔頭四院と神主四軒を置いた。神仏分離によって
猿賀神社と改称、郷社となり、明治十三年(一八...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 五 人々の信仰 (二)庶民の信仰
一代本尊
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
齢から生まれた年の守本尊を捜し、占いをしている様子が記され、幕末にはこの信仰が成
立していた。京徳寺・神宮寺(現南津軽郡尾上町)の十二支堂、袋宮寺の三夜堂(辰・巳・
午)にも一代守本尊が祀られた。表36津軽の一...