弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (7 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (1 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑罰の目的
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
刑罰の目的は一般予防(威嚇(いかく))と特別予防の二種類がある。前者は獄門・火罪・
などの刑罰そのもののほか、これらの重科に付加された引き廻しや、鋸挽(のこびき)・
などに付加されたさ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑罰体系
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
られる刑罰である。当藩の三種の刑法から刑罰をみてゆくと次のようになる。①生命刑―
―鋸挽(のこびき)・(はりつけ)・獄門(ごくもん)・火罪(かざい)・斬罪(ざんざい)・死
罪・下手人(げしにん)の七種が規...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
自分仕置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
巻、下巻を「御定書百ヵ条」という。以後「公事方御定書」と表現する場合は下巻を指す
。)によれば、逆罪は(はりつけ)、付火は火罪(火(ひ)あぶり)で最高刑に処せられた。
津軽弘前藩の最初の刑罰法「御刑罰御定...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
裁判と判決
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
)(現弘前市取上)では馬廻(うままわり)役の武士が当たり(寛政九年以後には徒目付が申し
渡す)、火罪・(はりつけ)・獄門(ごくもん)・斬罪のほか、鞭(べん)刑(敲(たたき))の
うえ追放が申し渡され、徒目...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
刑の執行
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
表門を入って右側にあった)・取上の御仕置場である。村端・町端では追放や鞭刑が主で
あるが、斬罪や獄門・などが見せしめとして行われた場合もある。牢屋の前では斬罪・
死罪などが行われた。いわゆる刑場は弘前城下...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
安永律
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
書」の影響がまだ少ない、などが挙げられる。次に刑罰の種類は、死刑として(イ)鋸挽(
のこびき)、(ロ)、(ハ)獄門、(ニ)斬罪、(ホ)下手人(げしにん)(解死人とも書く)、(へ
)死罪、(ト)火罪(火焙(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
寛政律
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
併号)。最初は総則的な規定が小項目で二一、条数では二七あり、①刑罰の種類は生命刑
―鋸挽(のこびき)・・獄門・斬罪・下手人・死罪・火罪、身体刑―鞭刑・入墨、身分刑
―非人手下、自由刑―徒(ず)刑(懲役刑)...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 一 治安と犯罪 (二)犯罪と刑罰
高岡霊社の宝蔵・弘前城の金蔵へ侵入
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
件について、「国日記」十二月七日条によれば、塩詰めにした死骸は冬至中にもかかわら
ず、取上の御仕置場で(はりつけ)に処せられることになった。庄太郎に対する刑罰は、
「文化律」の項目「盗賊御仕置之事」・「御...