弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (5 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (3 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (2 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
城破(わ)り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天正十八年七月晦日、秀吉は「城之事も相改、不入処ハ破却之義被仰付候」(同前No.一七
)という文言を含んだ朱印状を発給し、城の破却を命じた。これに先立って、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
時頼廻国伝説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
03)があり、また名川町の法光寺(写真104)は廻国中の時頼を助けたことによる恩賞として
の、旧寺院を破却しての創建と伝えられるなど、時頼の廻国伝説が流布しているが、これ
もこの時代の得宗領の増大を偲(しの)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
公認され、それ以外の九戸氏らは三戸氏の「家中(かちゅう)」あるいは「家臣」として位
置づけられ、居城を破却(はきゃく)し三戸城下に集住するよう強制されることになった。
ところが九戸氏は天正十八年七月の奥羽仕置...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 二 浅利騒動への加担
浅利騒動の停戦命令
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
へ詰めさせ、以後は一般の家臣同様に城下詰めとすること。(4)浅利騒動が起こってから
新たに築城した城を破却すること。この裁定によって浅利氏は、再び秋田氏家臣として再
確認され、さらに軍役・物成の一般家臣並みの...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
から天正十九年に蒲生氏郷の普請が加えられた福岡城(現二戸市)に移転され、かつ翌文禄
元年に領内の諸城の破却が行われ、四八城から一二城へ減少させられたごとく、着実に奥
羽の地へは、この天正十九年の再仕置によって...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 二 越後への転封問題
福島正則の改易
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
し、元和五年(一六一九)六月二日、先に広島城を無届けで修築したことをとがめられ、本
丸その外ことごとく破却すべきことを命じられた。しかし、石垣を少し壊しただけでその
ままにしておいたことを責められ、安芸・備後...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 四 城館の構造
[[城館の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
城(弘前城)の追手(亀甲門)二の門として三の丸の北虎口に移築、「賀田門」と称されたと
いう(明治時代に破却)。事実、明治の分限図によれば、虎口Fの東側は、堀が外側に張り
出して「横矢がかり」の工夫がされ、また...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 四 城館の構造
[[城館の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
と考えられる。おそらく元和元年の「一国一城令」の際に、曲輪Ⅰの機能を失わせるため
に、この部分の土塁の破却が行われたのであろう。曲輪Ⅳは、曲輪Ⅰ・ⅡBと幅広の水堀h
2を挟んで向かい合う広大な曲輪で、通称「馬...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第五節 国吉館跡・坂本館跡と東目屋の城館群 五 東目屋地区の中世城館の特徴
[[東目屋地区の中世城館の特徴]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
目屋沢館(坂本館?)入部と、目屋地方掌握の強化、統一終了後における彼ら家臣たちの独
立の否定、城館群の破却、という事態も想定されてくる。そうした問題も含め、東目屋地
区全体の城館の詳細については、今後の研究課...