弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (9 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (2 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
元禄の大飢饉と家臣召し放ち
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
年九月朔日のもので、不作への対応として節倹を命じ、さらに先例遵守を求めている。さ
らに九月二十八日には知行米を規定どおりに渡すことができないため家中に節倹を求める
ものと、一〇〇〇石以上の大身の家臣に対しては、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ぐって差別があること、困窮した家中が貸金業者の金に頼り、連帯責任を負った者も難儀
していること、家臣の知行米前借りにおいて、その知行米を町人に払い下げた額と家臣に
給与する際に換算した額との間に差があり、不当な...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
宝暦~天明期の弘前藩の財政状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
る。米方の収入は一五万九〇八一石余である(表34参照)。そのうち年貢・諸役米が七割を
占めるが、家中の知行米の買い入れも二割半になる。年貢収納だけでは足りずに、恒久的
な家中からの米買上げによって補填されていた...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 二 陸上交通網の整備と岩木川舟運
家中払米の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
積み出しがみられた。同年五月十三日付の野呂善左衛門の鰺ヶ沢沖口出米願書(同前No.八
〇六)は、野呂の知行米一二〇石を松前へ積み出すことを願い出たものであり、量の多さ
が目を引く。同年十月十八日付の浅川猪左衛門...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
藩政の転換と家臣団統制の動き
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
むねとも)・大湯五左衛門以下が許された(本章第一節四参照)。正徳元年(一七一一)二月
十二日には藩士の知行米を月割支給して当面の困窮を収拾し、八月二十六日には藩士窮乏
を理由に拝借・町借返済を延期、知行六ツ成に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
どめ)・穀留(こくどめ)の処置が講じられた。弘前では和徳町の山本四郎左衛門が藩の買
米を担当し、家中の知行米や津出米の管理・販売なども行うなど特権的立場を持つ御用商
人となっていった。安永年間は米価も高く、買米...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
安永期の蔵米化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
た。米を藩士が引き出すまでの間、藩による運用をねらったものであろう。さらに安永七
年(一七七八)からは知行米は月割りに変更された。ただし「仕送」(借金等の返済か)があ
るもの、役替などで金を使う者に関しては「皆...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
経済政策の前提
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
今年の凶作を乗り切るためには、藩の蔵から農工商の扶助を行い、家中については出来高
にかかわらずすべての知行米を蔵納めし、切米取(きりまいどり)への支給米も含めて、甲
乙なく平等に支給してもらいたい、という申し出...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
四万四四〇〇石で七三・八二パーセントを占め、年貢米に基盤を置く構造は基本的に変わ
りはない。他に家中の知行米・切米の買上が四万石で二〇・四五パーセントを占めるが、
この量もほぼ安永六年と同程度である(表61)。...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (一)寺社の開帳
出開帳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
、一度は断られた。未払いを再度整理してみると、二七〇両の不足であり、その結果、百
沢寺が寺領四〇〇石の知行米から年賦で返済することで、藩邸が融通することに応じた。
浅草奥山に次いで両国橋を挟む回向院の周辺と橋の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (二)本末制と僧録制
天台宗
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ように触下には四ヵ寺があった。図193.天台宗本末関係図薬王院の塔頭千寿院は、文化七
年(一八一〇)に知行米横領と、寺院修復の金銭問題から、脱衣のうえ、弘前より三里四方
追放の処分を受けた。僧侶を処罰する際は、...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第6章 幕藩体制の動揺と民衆
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
札価が下落して物価の変動をきたし、領内経済が混乱するに至った。ただ、買い上げ米の
主な対象が藩士たちの知行米であったこと、預かり手形の発行数が少なかったこと、通用
期間が短かったことなどから、失敗の影響は小さか...