弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (2 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (81 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (10 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (7 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (2 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (3 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (2 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (2 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (11 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (19 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策の展開と農村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
(『中里町誌』全一九六五年中里町刊)によれば、在宅藩士の振る舞いはわがままで誰はば
かることもなく、「百姓と利を争ひ、或は淫酒(いんしゅ)ニ耽り、行状も乱れ」ている。
そして、藩士土着によって古来の質朴な風習...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 一 蝦夷地直轄下の警備と民衆 (三)民衆負担の増大と一揆
負担の増大による民衆の困窮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
で松前に雇われている者もあり、このような状況になってしまえば、幕府御用も差し支え
てしまう。これまでは百姓からの申し出に応じて、そのつど手当米を与えていたが、それ
では、当座困窮した百姓のみの救済であり、百姓...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 三 貞享検地と地方支配機構の確立
「不作」と本百姓体制―貞享検地の前提―
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
地保有の急速な変化に対応できなくなっていることがわかる。そして、さきに触れたよう
に、夫役を負担する本百姓の経営は、「軒」ごとに掌握することが原則であったのである
が、このように土地保有の変化に対応できなくな...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
中期農政と農村構造の変化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ろうか。宝永六年(一七〇九)年に差し出された藩士桜庭太郎左衛門の建白書(本章第一節
四参照)によれば、百姓が藩から拝借した米の返済が強制的に行われ、その結果、上納で
きずに田畑・家財道具を捨てて逃散(ちょうさ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 二 寛文~天和検地と本百姓体制の確立
百姓
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
前期の農政における本百姓は、「抱地(かかえち)」と呼ばれる土地保有と、夫役(ぶやく)
(人身的労役の総称)負担をする「御蔵(お...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (一)改革意見書とその基調
赤石安右衛門・菊池寛司の「覚」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ために土着が必要だとする論理を展開する。(1)の定免制は次の三点で弊害とする。一つ
目は、定免によって百姓の取り分が増えた場合、奢りの風俗が生じ、ついには年賦質入れ
が始まり、結果として「国家の根」である百姓...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
刀狩り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
)八月七日、陸奥国南部の岩瀬郡長沼(いわせぐんながぬま)(現福島県岩瀬郡長沼町)で、
長沼その外在々の百姓らの刀・弓・鑓(やり)・鉄砲、並びに武具類を改め、また、検地も
行うように(『青森県史』資料編近世1)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 二 寛文~天和検地と本百姓体制の確立
請作
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
前期の農民は、「抱地」という土地の保有を実現した百姓層である「御蔵百姓(本百姓)」
と、いまだ一年作地の請作(うけさく)(小作)にとどまる水呑(みずのみ)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策と蝦夷地警備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
前御加勢御人数一式調帳」(寛政元年九月弘図古)によれば、そのうち一五九人(中間(ちゅ
うげん))が給地百姓から、一二〇四人(器械持夫、鉄炮等雑器持夫・浮夫(うきふ))が蔵
から出されることになっている。こ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
土着策廃止後の新田・廃田開発
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
までも補助的な労働力としての性格が強いことを意味するとともに、開発主体が基本的に
は藩の財政基盤である百姓にあったことを意味している。つまり、開発主体=百姓という
基本路線は一貫してとられていたのであり、した...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
土着策施行期の廃田開発
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、廃田の多い村に住居させた者〈同前寛政五年条〉)を廃田地に配置したり、あるいは仮
子(かりこ)や近郷の百姓を動員して開発する方法である。しかしながらこの場合、帰国し
た人や遊食の者の供給には限界があり、馬・飯...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
その他の諸政策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
定については、この時期、特に仮子との関係において注目される。藩士土着によって、藩
は給人に対して、その百姓と作人を確定していくことになるが、それには百姓の階層性を
明確に把握する必要があった。つまり、開発労働...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
は賤民となす。………………………………続日本紀33●宝亀七年(七七六)十二月十四日、
陸奥国奥地を守る百姓を募る。………………………………続日本紀33●宝亀八年(七七七)
三月、陸奥国夷俘、相次ぎ投降。………...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
青森町の成立と青森開港
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
町、塩町(しおまち)、三段目の街路には、上米町、中米町、下米(こめ)町、高町、最も南
側の街路には、御百姓町、寺町、御百姓派町(おひゃくしょうはだちまち)、大工町があっ
た。寺町には「禅常光寺(じょうこうじ)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
烏帽子山紛争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
撤去し伐採を中止するよう求めたのである。図111.藩境紛争に関する書状正徳三年六月、
ついに狩場沢村の百姓たちは、馬門村側の百姓が領境を犯し樹木伐採・草刈りの権利を犯
していると幕府に訴え出た。平内は明暦三年...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
農村の再開発
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
(一六七五)から六年まで八ヵ所の水利普請を行い、三〇〇〇石の収穫を見立てて新田を開
発し、それに伴って百姓たちも入植して、延宝七年(一六七九)ごろには九三軒が存在した
。しかしその後、水害で五一軒に滅じ、再び...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
人返し令
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
てであるが、そのほか弘前・九浦および在方の「小商人遊食之類」も対象としている。天
明飢饉による混乱と、百姓が在方を引き払って商人となったり、店商売や触売(ふれう)り
を兼業する百姓が年々増加している状況を克服...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
藩士対象の司法制度
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
でない。二人以上は正犯(せいはん)と従犯(じゅうはん)、共同正犯というような関係が生
じ、僧侶・神官や百姓・町人などとの結びつきでも行われた。刑罰の申し渡しに際しては
、身分・階層により申し渡し人と申し渡し場...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 二 寛文~天和検地と本百姓体制の確立
前期農政と検地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
施されたように、開発地のみであったわけではない。後述するように、前期農政では、農
民は役負担者である本百姓と、役負担の義務を持たない請作の小百姓(水呑)からなってい
た。本百姓はそれぞれ「軒」ごとに支配され、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (一)改革意見書とその基調
毛内宜応の「秘書 全」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
そのころ、藩士たちは在所に住居し、そこから通勤して藩政に参与していた。そして、一
定程度の開発を行った百姓については、小知行役(こちぎょうやく)として取り立てていた
。しかし信政の入国によって、家臣たちに行儀...