弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (20 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (13 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (2 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (3 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 一 町方支配機構の再整備~町役負担の変遷
町方支配
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
これによって城下の町人の生活は隅々にわたり規制されることになった。町方の支配機構
は、町奉行のほかに、町年寄・町名主・月行事の町役人によって構成された。町奉行は、
御用人の支配のもとにあり、定員は藩政前期を除い...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 一 町方支配機構の再整備~町役負担の変遷
町年寄の由緒
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
弘前の町年寄を廃藩置県に至るまで世襲していた松山・松井家の由緒をみてみると、とも
に、近江国坂本の出身であり、文禄...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第5章 藩政時代の町と村
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
配に分けて構成した。城下の生活では、城下弘前を含めた町方全体を統制する藩の法令を
掲げた。次いで、弘前町年寄の松井四郎兵衛の留書の中から、主に城下住民の編成の仕方
や生活規制、あるいは町方の構成やその員数に関わ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 一 町方支配機構の再整備~町役負担の変遷
町支配の役人
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
人と知行取の由緒書」(資料近世1No.一一五一、故八木橋武實氏旧蔵)によると、弘前の町
支配の役人は、町年寄町年寄手(町名主・月行事(がつぎょうじ))・知行取(町方の有力
町人)籠(ろう)奉行・籠守・時の鐘撞...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 一 町方の構成
諸家業と職人
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
小児科医が一人であった。この内、本町の針医の一人は盲人であった。家業といえるのか
どうか疑問があるが、町年寄物書が三人、人馬御払役が三人などがみえる。ただし、染物
屋は項目だけあって記載がない。一方、元禄七年(...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 二 城下町人の役負担
町役負担と御用金
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
なみに、正徳元年の「町支配分限帳」(資料近世1No.一一五三)によれば、当時の町扶持人
は高一〇〇石の町年寄松井四郎兵衛・松山善次の二人のほか、俵子五〇俵の町御買物役人
が二人、五人扶持の酒屋改役人が二人、板反...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 二 十三廻しと領内商品流通
十三小廻しの成立と町の盛衰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
こともあり、湊津の条件としては決して恵まれたものではなかった。天和三年(一六八三)
二月初め、十三町の町年寄の理左衛門が、十三町の衰退によって自身も命が危うくなるよ
うな状態(渇命と表現)にあり、町年寄の辞職を...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
藩士対象の司法制度
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
廻深浦⑪鯵ヶ沢町奉行鰺ヶ沢町奉行所⑫青森町奉行青森町奉行所⑬代官浪岡庄屋宅⑭今別
町奉行今別町奉行所⑮町年寄町年寄宅①は上級藩士に対するものである。②と③の申し渡
し人の違いは、①の次にランクされる御目見(おめ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
青森町の成立と青森開港
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
No.五五七)。佐藤・村井の両名が町方支配の責任者として藩から任命されたのであり、彼
ら両氏は後の青森町年寄である。十七世紀中葉と推定される「青盛(森)御町絵図」(『青
森市史』第二巻港湾編上一九八二年復刻国書...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動の要求と結果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
と来秋までの藩による蔵米の備蓄、(三)米留番所の廃止と惣町による米穀流通の管理、違
反者の摘発、(四)町年寄を二人制とし、元職の佐藤伝蔵の復帰、(五)役人の賄料の町方負
担の停止、(六)名主会所の廃止による町方...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 六 南溜池の四季
祈祷の地としての南溜池
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
神主に依頼して、南溜池で神楽を奏し、灯籠(とうろう)を出してうちそろって雨乞いをし
たいという希望を、町年寄が藩庁に出した。結局は、「神明宮」の神楽は同宮にて行い、
「神明獅子舞」と太鼓をはやし、灯籠を多数出し...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 五 人々の信仰 (二)庶民の信仰
伊勢参り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
するよう義務付けているので、すでに相当数の伊勢参りが行われていたことがわかる。元
禄二年(一六八九)、町年寄松井四郎兵衛と神明宮(現弘前神明宮)神主斎藤長門が町人と藩
士の代参として伊勢神宮へ出かけ、帰途、江戸...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
月、津軽信枚、高岡神明宮に棟札を奉納する。●元和九年(一六二三)閏八月二十六日、津
軽信枚、近江国大津町年寄矢島藤五郎から銀五十貫を借用する。●寛永元年(一六二四)正
月二十二日、幕府年寄衆、津軽信枚等へ奉書を...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
江戸時代初期の大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
美々しい供連人数の様子からも多額の費用がかけられたことがうかがえる。この上洛の折
、津軽家は近江国大津町年寄矢島藤五郎から銀子五〇貫を借用している。これも上洛供奉
の経費の借用と考えられる(長谷川成一「津軽藩藩...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
にいうように、安藤氏の退転により、中世の十三湊はその機能を失い終焉を迎えたともい
える。しかし、弘前の町年寄松井四郎兵衛らの由緒書から、十六世紀の中ごろには、日本
海交易の拠点としての機能を持っており、松井らは...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 二 十三廻しと領内商品流通
近世の十三湊
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
近世の十三湊(とさみなと)は、弘前城下の町年寄を務めた松井家の由緒書などから、安藤
氏の退転後も、十六世紀の中ごろにはその機能を回復しつつあり、十七...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
災害の続発とその影響
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
(1733)流行病領内感冒流行享保19(1734) 9月28日火災弘前城下本町13軒焼失,町年寄
松井家ほか,藩医・大商人方が焼失享保20(1735)閏 3月18日火災関村(赤石組)27軒...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動の意義
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
頭取と見なされた者たち(一〇人)は苗字を持つ上層町民が多い。落合は当時七十二歳の老
齢で、酒造業を営み町年寄も勤めた顔役的存在であった。また寺子屋を開き俳人としても
知られた教養人でもあったが、訴状の下書きを書...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (二)改革の課題と推進体制
改革推進体制の構築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
権限の集中につながった。同六年六月十五日には御用達(ごようたし)商人を運送役(うん
そうやく)と改め、町年寄の一段上に格付けした上で元司支配とし(同前No.九三一)、また
同十八日には代官と大庄屋を郡奉行支配か...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
「標符(通帳)」発行の前提と経過
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
五日、御用達(ごようたし)商人を運送役と名目を改めて藩庫に納められた米穀などの物資
の運送に当たらせ、町年寄の上に格付けし、元司の直支配とした(資料近世1No.九三一)。
運送役の総括(司取(つかさどり))は足...