弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (16 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (4 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (6 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (4 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (6 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (7 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[年表] 年表・索引編 (4 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第5節 温泉
[[温泉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
東北地方には600を超える温泉地があるとされている。青森県内の温泉地は福島県に次い
で多く、酒井(1967)によって青森県の温泉が総...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
境関館遺構配置図野脇遺跡遺構配置図弘前市内源泉分布図番号温泉名源泉名所在地深度口
径泉温(℃)湧出量(L/分)mmm自墳揚湯自墳揚湯1上恋塚源泉弘前市大字三和字上...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
泉質
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
O3型)・非炭酸ナトリウム+非炭酸カルシウム型(NaCl+CaSO4型)・中間型に区分される。
表10温泉井の水質一覧表(温泉ゆう出基礎調査報告書,1989・1990・1991を編集)番号深度
(m)pH陽イ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 -文献リスト-
[[-文献リスト-]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
分類基本調査「弘前」5万分の1.青森県,P.19-33◇41岩井武彦・塩原鉄郎(1973)黒石市地
温泉開発調査報告書.黒石市企画課,16p.◇42岩井武彦・甲田光明・新谷広幸・奈良正
義(1974)土地分...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
掘さくの深度
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
図41には弘前付近における温泉掘さく井の深度分布を示した。津軽平野南部の温泉掘さく
深度は、地下三〇〇メートルから一一〇〇メートルで...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 四 地質構造
第四節 引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
(1)岩井武彦(一九七九)青森県津軽平野地域における温泉群の研究、青森県環境保健部、
八-二五頁(2)岩井武彦(一九八〇)青森県弘前盆地地域における温泉群の研...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 一 平野の地下地質の評価法
水文地質学
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
層と地層を同義とする」検討、つまり帯水層を鍵にした地層区分が可能である。一方、津
軽地域における多くの温泉貯蔵形態は、古くは石油鉱床に伴う石油かん水的性質を示す、
地層に閉じこめられた地下水(化石水的状態)と...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
地下水系
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
図44に温泉の水素イオン濃度(pH)を示した。津軽平野南部地域の温泉は、中性泉からアル
カリ泉である。平賀町北部か...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 三 博奕と悪所 (二)悪所の取り締まり
公娼と私娼
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
営業する売春婦)に関する史料が残存せずまったく不明である。次に私娼については、両
浜の遊女が津軽領内の温泉場や弘前城下へ出てきて隠売女(かくればいた)となった場合と
、下層町人や貧農の娘が生活困窮や凶作・飢饉...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 二 日常生活 (二)日常生活
金木屋の生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
、〓・〓へ立ち寄り、昼食後に大道寺家を訪ねる。高屋(たかや)村(現中津軽郡岩木町)の
庄屋が嶽(だけ)温泉(現中津軽郡岩木町)へ入湯するので、見舞人を派遣。九日、別家〓(
本町の金木屋)の先祖の二〇〇回忌など...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 一 平野の地下地質の評価法
[[平野の地下地質の評価法]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
軽平野南部の地下地質を総合的に把握する本格的な試みは、岩井(一九七九・一九八〇)や
酒井(一九八一)の温泉開発資料に基づく研究が最初である。その後、温泉開発が進展し、
多くの地下地質に関連した資料が蓄積される...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 四 地質構造
黒石逆断層系
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
断層の運動形態を横ズレよりも逆断層成分が大きいと紹介している。本断層の存在もしく
は延長連続を示唆する温泉は、津軽平野南東縁部の東北自動車道の西側に分布し、想定さ
れる断層の東側にある平賀町唐竹温泉群と同一泉...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第二節 村の生活 二 日常生活 (二)年中行事と生活
お山参詣
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
なればいつでも禁止されていたのである。同時にこの期間、岩木山の南西麓にある嶽(だ
け)・湯段(ゆだん)温泉への入湯が禁止されており(「国日記」元禄九年八月五日条・明和
七年八月十日条)、地理的位置からいって、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 五 弘前における労働および社会問題 (四)津軽における社会主義勢力の伸長
[[津軽における社会主義勢力の伸長]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
した。大正十五年夏、地下に潜っていた日本共産党幹部渡辺政之輔の誘いに応じて入党、
同年十二月山形県五色温泉で開かれた党再建秘密会議に出席、書記として重要議事に参加
した。その後党中央部事務局員として活躍、藤原...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第五節 戦時教育の様相 四 旧制中等教育
嶽籠城ストライキ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
、「弘前中学四五年生徒全ストライキ」と三段抜きの記事を載せた。四、五年生三〇〇人
が参加したいわゆる嶽温泉籠城事件が起こったのである。これより先、第一四代校長葛原
運次郎が着任してきた大正十五年、剣道教師市川...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第一節 文学活動 三 津軽の文学の新たな展開(昭和の文学) (三)百万人の作家・石坂洋次郎
「草を刈る娘」について
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
の作品の成立事情については作者が自ら次のように語っている。郷里弘前の町から、西の
方の岩木山腹にある岳温泉に通う高原の道は、もっとも爽やかな印象を脳裡に止(とど)
めている景色の一つである。私は郷里に帰るたび...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次
[[新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
文献・用語の解説……………………………48第4節弘前地域内の地質系統の放射年代一覧
表………58第5節温泉…………………………………………………60文献リスト……………
………………………………………64第2...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
完新世の噴火
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
の型式場所放出物その他(1)その他(2)噴火水蒸気爆発鳥の海湯の沢鳥海山|湯の沢山頂本
質類質泥流硫黄温泉電光鳴動山崩れ地震1571○○○1597○○○1600○○○○〃○○○○○
○1604○○1605○○...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
[[深部の地質]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
深部の地質は、温泉開発が行われている深度三〇〇メートルから四〇〇メートル以深に分
布する地層を対象としている。以下に、掘...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
透水性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
温泉を貯蔵する地層の透水性は、弘前市街地でk=1.0×10-5cm/sec(青森県、一九九一)、
田舎館村...