弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (4 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (3 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (15 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (11 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (23 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (16 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (7 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (4 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (16 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (5 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (2 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (2 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (9 件)

[年表] 年表・索引編 (12 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 八 弘前地域の板碑一覧
深浦1~74
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
深浦1西深浦深浦字浜町-円覚寺境内-深浦2西深浦深浦字浜町-円覚寺境内-深浦3
西深浦深浦字浜町-円...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
内4藤崎町藤崎字村元摂取院境内5藤崎町藤崎字西若松(藤崎町教育委員会保管)6藤崎町藤
崎字唐糸唐糸の碑深浦1~3深浦深浦字浜町円覚寺境内4深浦深浦字岡町浄念寺墓地5~
7深浦深浦字吾妻沢六所の森8・9深...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
前家記249●享徳二年(一四五三)、下国安藤義季、南部勢に攻められ、津軽鼻和郡大浦郷
にて自殺。残兵は深浦館を築きたてこもるという。…………新羅之記録・八戸湊文書250
●享徳三年(一四五四)八月、武田信広・...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 三 初期新田開発の展開
本村と新田
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
れている。ついで開発の史料としては、元和六年(一六二〇)十一月十八日に二代藩主信枚
が北村久左衛門に「深浦町派(立)」を命じたものと、工藤小左衛門に「柏木町派(立)(か
しわぎまちは(だち))」を命じたものが...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (二)沿岸警備と台場の構築
海防報告書にみる天保期の海防体制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
平士浦番人同下役浦役人横目付大筒役同下役足軽遠見番人大間越1112大間越大筒台場32月
屋村遠見番所2深浦117深浦大筒台場32金井ヶ沢村浦番所21金井ヶ沢村大筒台場32鰺ヶ沢12
4728鰺ヶ沢大筒台場32...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 四 阿倍比羅夫「北征」
有間浜の所在
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
題である。ただ有間浜については、話の展開などから考えて、齶田浦からある程度北上し
た、おそらく西津軽郡深浦(ふかうら)町か鯵ヶ沢(あじがさわ)町あたりの津軽半島西海岸
のうちに比定するのが自然であろう。西海岸...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (二)沿岸警備と台場の構築
領内海防と台場の構築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
廻組頭(表書院大番頭)西館宇膳(にしだてうぜん)を士大将とする一手五五人を派遣し、ま
た三厩・鰺ヶ沢・深浦・十三にも物(者)頭一手(物頭と中小姓・留守居組のうちから一手
一〇人宛)の固めの人数を配置した。この...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 出典・典拠一覧(第一章・第二章) [[出典・典拠一覧(第一章・第二章)]]
[[出典・典拠一覧(第一章・第二章)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
編纂所影写本お追良瀬見入山観音堂棟札…………………………………………………………
…………現物〔青森県深浦町-円覚寺〕奥羽永慶軍記…………………………………………
………………………………………………東京大学...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十六世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
御師重豊、津軽一円・夷島一円の旦那を実報院に売却する。●永正二年(一五〇五)十二月
十七日、葛西頼清、深浦円覚寺本堂を建立する。●永正三年(一五〇六)四月十七日、葛西
頼清、深浦円覚寺薬師堂(か)を建立す。●...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (二) 降水量
県内の月別降水量
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
区別、降水量にも差がある)である(表16・17)。年間降水量は、青森一三〇〇ミリ、弘前
一一〇〇ミリ、深浦一四〇〇ミリ台である。津軽地域全体の年間降水量分布をみると、八
甲田山地から十和田カルデラ帯にかけてが...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (三) 雪
積雪
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
黒石八五センチメートル、碇ヶ関八八センチメートル、今別七五センチメートル、鰺ヶ沢
七二センチメートル、深浦四二センチメートルなどである。表18最深積雪・降雪量と根雪
期間観測地点最深積雪年平均値cm年間降雪量...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第七節 弘前の宗教者ほか 三 僧衣の〝阿倍仲麻呂〟千崎如幻
出生の真実と仏苗学園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
十月五日長男愛蔵が生まれた。後の如幻である。しかし、四年後妻が病死し、平次郎は愛
蔵を置いて仕事の多い深浦へ出た。祖母は同じ十三村の浄土宗湊迎寺の二四世工藤定巖和
尚のもとへ愛蔵を引き取ってもらった。和尚は平...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (一) 気温
津軽地域の気温と特徴
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
振幅が大きく変化している。気温変化は内陸ほど大きく、季節変化にも特徴がよく現われ
る。津軽地域の青森・深浦・弘前および太平洋側の八戸・むつのアメダス観測点相互の月
別気温の比較から、同じ津軽地域内または津軽地...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
とも伝える(23)桜庭地主八幡宮大同二年坂上田村麻呂寺社名創建年次・創建者別当(宗派
名)備考(24)深浦間口観音堂大同二年坂上田村麻呂修験善光院本尊は聖徳太子作と伝える(
25)深浦薬師堂同右本尊は智証大師...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 二 津軽の修験道と神社
[[津軽の修験道と神社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
五拾余年ニて祠官と成、(下略)(「安倍社寺由緒書」)永正三年(一五〇六)に葛西頼清が建
立したと伝える深浦円覚寺薬師堂の別当に任じられていたのは、次のように修験善光院で
あった。間口観音深浦聖徳太子妙巧別当修...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
近世初期海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
さて西津軽郡深浦町の圓覚寺(えんかくじ)(真言宗醍醐派(しんごんしゅうだいごは))は、
江戸時代までは深浦の澗口観音(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
災害の続発とその影響
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
軒焼失12月30日水害弘前城下など岩木川の高水,橋の流失正徳4(1714) 4月13日火災
深浦165軒焼失 7月12日水害弘前城下岩木川・土淵川高水,浸水,橋の流失享保元(17
16)&...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 三 博奕と悪所 (二)悪所の取り締まり
公娼と私娼
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
いが「新地」とあり、遊廓として開かれたという(『鰺ヶ沢町史』第二巻一九八四年鰺ヶ
沢町刊)。そのほかに深浦(ふかうら)(現西津軽郡深浦町)は、「諸国遊所見立角力并ニ直
段附」によれば、青森・鰺ヶ沢と同じく六〇...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (一)寺社の開帳
出開帳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
この時、藩庁は宿雇人・雇馬の願い出を認めていないが、これらを藩の経費で支払うこと
もあったようである。深浦村(現西津軽郡深浦町)の修験大善院は、享保十七年(一七三二)
、飛驒の匠(ひだのたくみ)作の薬師堂修復...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第二節 村の生活 二 日常生活 (三)日常生活の諸相
人家の火災
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
うちでも特に著しかったのは、享保二十年(一七三五)であった。同年三月十八日の関(せ
き)村(現西津軽郡深浦町)二七軒焼失、同二十七日木作(きづくり)・上(かみ)木作村(現西
津軽郡木造村)九六軒、同二十八日舞...