弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (3 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
勝軍地蔵堂慶長六年為信公橋雲寺(真言宗)(5)聖観音不詳久渡寺(真言宗)僧円智の創立と
も伝える(6)深沙大権現大同二年坂上田村麻呂猿賀山長命院神宮寺(天台宗)(7)熊野三所大
所大権現不詳飛龍山東福院(天台宗)元...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第三節 律令時代の青森 三 北奥地域の田村麻呂伝説
青森県内の田村麻呂伝説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
)の建立を伝えている。たとえば『津軽一統志』首巻では岩木山三所大権現を延暦十五年
創建とし、猿賀神社(深沙大権現)については、田村麻呂の大同二年の再建という。また浪
岡町の八幡太神宮(はちまんだいじんぐう)が延暦十...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
賀村)坂上田村麻呂延暦年中(七八二~八〇六)猿賀神宮寺尾上町(もと猿賀村)天台宗猿賀
神社の別当、もと深沙大権現と称す。寺中に十二坊あり。「弘前中世寺院」のなかで最も
古いのは真言宗の久渡寺であるが、これも本来的に...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 二 日常生活 (二)日常生活
金木屋の生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
げん)に行き、今夜〓(城下本町の別家の金木屋)に一泊。大道寺家一行が明日の早朝に出
発し、猿賀(猿賀山深沙大権現(じんじゃだいごんげん)、現猿賀神社)へ参詣の後に、浅瀬
石村(あせいしむら)(現黒石市)の郷士鳴海久...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (二)天台宗の寺院
神宮寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
った。「天台宗縁起」(同前No.四〇七)によれば、延暦十四年(七九五)、坂上田村麻呂が
蝦夷と交戦中、深沙大権現に助けられたことから深沙宮を祀ったという。熊野系の修験で
ある福王寺玄蕃が乳井(にゅうい)毘沙門宮と兼...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 三 神社 (一)神社
深沙宮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
)(三蔵法師)がインドを往復した時の守護神で憤怒の相・全身赤色・左手に青蛇の深沙大
将と結びつけられ、深沙大権現となった。永禄八年(一五六五)とも元亀二年(一五七一)と
もいわれるが、別当を兼帯していた乳井毘沙門宮...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第六節 乳井茶臼館跡と周辺の城館群 二 乳井茶臼館の歴史
[[乳井茶臼館の歴史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
『津軽一統志』や『封内事実秘苑』によると、戦国時代にこの地を領していたのは、乳井
福王寺の別当で、猿賀深沙大権現(現在の猿賀神社)の別当も兼ねた乳井福王寺玄蕃であり
、また、福王寺玄蕃ははじめ乳井古館にいたが、後に...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第六節 乳井茶臼館跡と周辺の城館群 五 乳井地区の城館群と宗教的領域
[[乳井地区の城館群と宗教的領域]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
井古館にあり、のち乳井城(乳井新城)に移ったと伝えられる。また玄蕃は、乳井福王寺の
別当職にあり、猿賀深沙大権現の別当職も兼ねていた。『津軽一統志』によると、乳井福
王寺は、承暦二年(一〇七八)、白河天皇が「東夷調...