弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (19 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (8 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
若狭・敦賀(つるが)を中点として、日本海沿岸地域と畿内とを結びつけた北国(ほっこく)
海運は、古くから発達していた。室町時代の中ごろに成ったという『廻船式目(かいせん
しきもく)』に三津七湊(...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
本章は、津軽領における「産業と海運の発達」として、おおむね第四代藩主津軽信政の時
期から藩政後期にかけての期間を取り扱い、地域的には津軽...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 序
新編弘前市史 通史編2(近世1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
……………………200第四節近世前期の商品流通と交通の整備…………………………210一
青森開港と初期海運…………………………………………210二陸上交通網の整備と岩木川
舟運……………………………218第三...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
近世初期海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
航海中、嵐に遭った際、無事避難できたことへの感謝の気持ちを表わしたものであろう。
この絵馬は、近世初期海運の実態を知る上で重要である。北国船とは、近世初期から前期
にかけて羽賀瀬(はがせ)船と並んで、日本海海...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
[[青森開港と初期海運]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
慶長八年(一六〇三)、江戸幕府が成立した後、海運を通じた北奥地方と上方との経済的関
係は、寛文年間(一六六一~七三)、上方に至る西廻り航路が成立するま...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
青森町の成立と青森開港
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
軽から同藩の江戸屋敷へ御膳米(ごぜんまい)(江戸藩邸で費消する台所米)の廻漕を許可し
たもので、東廻り海運、太平洋海運への参加を促すものとなった。寛永三年(一六二六)四
月六日、津軽信枚は家臣の森山弥七郎(も...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運が実現すると、上方廻米に利用される廻船の多くが大坂での雇船となった。しか
も、積米の不足を訴えるほど潤...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運
西廻海運と領内の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運の発達は、大坂市場の発達とともに盛んとなり、流通機構の再編成を促した。津
軽地方における上方廻米は、文...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 序 はじめに・例言・目次
新編 弘前市史 資料編2(近世編1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
………八九六三牢屋敷の構造………………………………………………………………………
…八九八第四章産業と海運の発達…………………………………………………………………
……九〇一第一節殖産政策の展開…………………...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第一節 大浦氏の統一政権への接触 一 関東・奥惣無事令と北奥大名の動向
北奥羽の大名の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
―蘆名(あしな)の系列が形成され、これをもとに推進されており、これに近い南部・安東
氏を加えると、北国海運の商業資本の存在まで予測することが可能であるという(朝尾直
弘「豊臣政権論」『講座日本歴史』近世一一九...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 二 領知安堵と太閤蔵入地の設定
太閤蔵入地の設定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
は、陸奥国に設定されたという蔵入地についてみてゆくことにしよう(以下は、渡辺信夫
「南部・津軽藩と若狭海運」福井県立図書館他編『日本海海運史の研究』一九六七年、お
よび、長谷川前掲『近世国家と東北大名』による...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
豊臣政権の奉行衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
原の戦いで石田三成側につく大谷吉継であった。秀吉はこれら集権派に属する財務に秀で
た奉行や家臣らを北国海運の拠点に据え、その海運によってもたらされる太閤蔵入地から
の年貢米や伏見作事板等の調達と算用を担当させ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 二 十三廻しと領内商品流通
材木移出
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
御用、もしくは、販売を目的とした材木の廻漕を担っていた。津軽領内の材木は、大坂・
上方のみならず、東廻海運・太平洋海運をも通じて流通していたのである。さて、右にみ
てきた材木移出の形態も、寛文四年(一六六四)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 二 商品流通の発展と城下の変容
慶安二年の「弘前古御絵図」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
認められるところであり、これによれば、十七世紀の中ごろに弘前城下に居住していた町
人層の多くは、西廻り海運の航路に沿った地域の関係者であることがわかる。そして、こ
れらの地名は、越前・若狭・加賀などの各湊津に...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 序 はじめに・例言・目次
はじめに
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
収載した内容は、第一章、藩政成立への道、第二章、藩政の確立、第三章、藩政の展開と
思想、第四章、産業と海運の発達、第五章、藩政時代の町と村、である。第一章のみは、
編年体の構成としたが、第二章以下は、資料を整...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
第二節 海運の発達
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
海運に関する布達二出舟・出人、湊口、津出・入津役(旧八木橋氏蔵)三廻米の状況(一)
上方廻米(二)江戸廻米...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 一 文治五年奥州合戦
鳥取越えの奇襲と安藤次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
裏道にも十分通じていた。鎌倉方の道案内をするということは、奥州方への裏切り行為と
もいえるのであるが、海運や商品流通に深くかかわる安藤氏ゆえの商人的な見通しの確か
さ、あるいは変り身の早さがそうさせたのであろ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 二 奥州惣奉行と津軽惣地頭
津軽惣地頭宇佐美実政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
こうして平泉藤原氏の滅亡後の体制整備が進むなか、本州の最北辺にして海運上の要衝で
もある津軽地方の鼻和・平賀・田舎三郡(津軽地方の中世の郡制については、次項で詳述
する)には...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
奥羽の特殊産物
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
て「もくし(牧士)きとう四郎」なる人物がみえることから明らかなように、山の民・海の
民である安藤氏は、海運(海の道)や馬産と密接な関係を持っている。以上のように、安藤
氏が就いた蝦夷管領とは、幕府による蝦夷支...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 七 蝦夷の争乱と津軽大乱
文永の蝦夷の乱
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
は中世国家に対する反乱ということになる。北条得宗家の幕政全般における権力掌握につ
れて、得宗家は全国的海運をも掌握するに至っていた。あるいはそれに伴う蝦夷地からの
収奪強化が蝦夷蜂起の原因かもしれない。また中...