弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (3 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (9 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (12 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
号)1976年6)奈良仁「中世の下北地方と蛎崎氏」(考古風土記創刊号)1976年7)奈良岡洋一
「史跡浪岡城跡と水木館出土陶磁器」(考古風土記創刊号)1976年8)青森県教育委員会『鳥
海山遺跡発掘調査報告書』(...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
図(1)図9尻八館出土陶磁器実測図(2)図10尻八館出土陶磁器類・鉄製品・銅製品・石製品
実測図図11浪岡城跡出土陶磁器実測図(1)青磁・白磁図12浪岡城跡出土陶磁器実測図(2)図
13浪岡城跡出土瓦質土器図14...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 4.古代の文化と信仰 (2)文字資料と文字文化 [[文字資料と文字文化]]
[[文字資料と文字文化]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
〃本郷字松元〃(9H)〃9世紀後半18「〓」山本遺跡〃徳才子字山本〃(3H)〃10世紀前半19
「〓」浪岡城跡〃〃〃〃20「真」大平遺跡南津軽郡大鰐町大字長峰字杉浦平〃(29H)土師
器坏10世紀前半21「〓」鳥...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
5.16世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
16世紀の空白の「湊」を調査することが急務の課題となっている。16世紀の代表的な遺跡
としては、浪岡町浪岡城跡、八戸市根城跡、北海道上ノ国町勝山館があり、ほぼこの三遺
跡から出土する陶磁器によって16世紀における...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第6節 金属製品
[[金属製品]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
bsp;境関館跡9,300m23160.034 尻八館780m2700.089 浪岡城跡23,000m210,8000
.469 笹間館*4115,000m21250.008&nb...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第7節 出土遺物と生活
[[出土遺物と生活]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
例存在し、本丸では幼児骨だけを埋葬するという特殊な事例が存在する。15~16世紀の埋
葬である。浪岡町浪岡城跡北館出土人骨は土壙埋葬であり、女性骨で瓦質土器の出土から
16世紀頃と推定される。また、北館と猿楽館の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
かわらけと陶磁器
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
さらに細かくみていくと一二世紀後半代の遺跡と一三世紀前半の遺跡では遺物に相違が認
められる。たとえば、浪岡城跡内館(うちだて)と中崎館遺跡の出土遺物を比較すると、前
者は四耳壺(しじこ)の主体が白磁であるのに対し...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 一 十三湊と津軽
一六世紀の湊
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
それでは一六世紀に十三湊に代わりうる湊は、どこに存在したのであろうか。油川城跡で
は、浪岡城跡で出土したもの(写真171)と同類の棹秤(さおばかり)の錘(おもり)など、城
館ながら商業関連の遺物が...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
岡田・今井『堀越城跡』弘前市教育委員会ほか一九七八年三月(135)A浪岡町教育委員会『
昭和五十二年度浪岡城跡発掘調査報告書』(同委員会年度ごとに継続刊行Ⅰ~Ⅹ)一九七八
年三月~一九八九年三月 B浪岡町教育委員...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
四耳壺の出土
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
れる中世陶器生産地による白磁四耳壺の模倣生産である。津軽地域へ搬入された四耳壺を
みると、白磁四耳壺は浪岡城跡内館、瀬戸四耳壺は市浦村・伝山王坊遺跡、珠洲四耳壺は
中崎館遺跡をはじめとして田舎館村・平賀町・浪岡町...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
非かわらけ地域
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
積の割に出土陶磁器・かわらけの量は少ないが、それでも五六パーセントのかわらけが出
土する。これに対し、浪岡城跡(写真172)は内館という城主が居住した空間と推定される
場所であるにもかかわらず、一五・一六世紀にお...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
「前田野目砂田遺跡出土の箆書土器について」(北奥古代文化第7号)1975年*269浪岡町教
育委員会『浪岡城跡Ⅹ』(昭和61・62年度浪岡城跡発掘調査報告書)1989年*270新谷武・村
越潔ほか『懸河遺跡発掘調...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
4.15世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ものの、中核になる遺跡からは15世紀後半~16世紀まで継続した生活痕が理解できるよう
になった。図13浪岡城跡出土瓦質土器主要な遺跡としては、市浦村十三湊遺跡・伝山王坊
跡・檀林寺跡・二ツ沼遺跡、小泊村弁天島遺跡...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
古懸浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
bsp;y.B.PN 40°43'E140°37'浪岡川に臨む急崖(比高約5m)より採集。浪岡城跡がの
る扇状地(標高45m)を構成する軽石流凝灰岩中の炭化物を測定。Gak-19382山口(2000a...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
駒木浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ろで、浪岡町を流れる浪岡川および正平津川流域にも五本松付近を扇頂部とする開析扇状
地が分布し、面上には浪岡城跡が位置している。この扇状地を構成する火砕流堆積物を五
本松軽石流凝灰岩(山口、二〇〇〇a)と呼ぶが、年...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
噛式三塁環頭大刀柄頭(丹後平15号墳出土)21田向冷水遺跡(八戸市)22山元(1)遺跡(浪岡町
)23浪岡城跡(国指定史跡浪岡町)24種里城跡(国指定史跡鰺ヶ沢町)25根城(国指定史跡八戸
市)26懸仏(堀越城跡...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 四 中世前期の交易
埋納銭の出現
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
えられる場所からは、数千枚・数万枚の銭貨が一括して出土することからも追認できる(
写真85)。写真85浪岡城跡出土の埋納銭弘前市域の遺跡でも、中崎館遺跡では元豊通宝(げ
んぽうつうほう)(北宋、一〇七八年初鋳)・...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
陶磁器と地域社会
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
る事例が存在する。それは、日常生活で使用した陶磁器を廃棄するとき、意図的に破砕し
て捨てる風習である。浪岡城跡や中里城跡で出土した破砕陶磁器は、一定の場所に粉々に
砕いた陶磁器片を撒くような状態で廃棄しているので...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (二)さまざまな中世の城館
城館タイプの分類
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
、まず広い領域を支配するために造られた、「領主居住型城館跡」ともいえる拠点的性格
を持つ城館は、浪岡町浪岡城跡や弘前市石川城跡、鯵ヶ沢町種里城跡、岩木町大浦城跡、
川内町蠣崎城跡、八戸市根城跡、七戸町七戸城跡が挙...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
図50青森県埋蔵文化財調査センター図51作成図52青森県埋蔵文化財調査センター図53作成
図54『史跡浪岡城跡環境整備基本構想』1984年浪岡町教育委員会刊・『青森県埋蔵文化財
調査報告書第102集境関館遺跡』1...