弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (3 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (3 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (6 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (2 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (7 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (13 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (2 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (6 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
駒木浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
では磁鉄鉱・紫蘇輝石・普通輝石の順に多く含まれ角閃石を欠いている。図19に示したが
、井戸沢や沖浦など浅瀬石川流域においても、火砕流堆積物が丘陵前縁にあって、基盤に
張りつくように堆積したりしていることから、火砕流の流下時に...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平野南縁の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
メートル未満の小河川を省略した等高線を示している。南縁部の主要河川として、十和田
湖の外輪山を源とする浅瀬石川と白神山地に隣接する大鰐山地を源とする平川があげられ
る。このほかに阿蘇ヶ岳などの山稜をもつ平賀丘陵からの小河川と...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
平野南部における地形発達およびその構成層の概要をボーリング資料に基づいて記述して
きた。総じて、平川、浅瀬石川および大和沢川の各流域には、山地および丘陵から供給さ
れた砂礫を主体とした膨大な扇状地性の堆積物と、十和田カルデラ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平賀面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
火砕流堆積物で新たに埋積し、また舌状にとり残された黒石面を覆うように形成されたも
のと思われる。一方、浅瀬石川以北にあっては黒石面の前縁部に幅約一キロメートルの帯
状の分布を示し、田舎館村東光寺・前田屋敷、黒石市馬場尻(ばば...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
黒石面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
黒石面には、黒石市街地のほぼ全域および浅瀬石川南岸の高賀野(こがの)、尾上町金屋(
かなや)・南田中・原、平賀町新屋(あらや)・尾崎などが位置している。黒石面は...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 5.浅瀬石川玄武岩Ⅷ)(あせいしがわげんぶがん)
[[浅瀬石川玄武岩Ⅷ)(あせいしがわげんぶがん)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
村岡・長谷(1990)の命名による。模式地は、黒石市板留(いたどめ)南方の浅瀬石川沿い。
黒石市南中野から一ノ渡までの浅瀬石川西岸に分布する。岩相は、緑色変質し暗緑色を呈
する玄武岩から成る。大規模...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
古懸浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
浮石流凝灰岩と呼称し、年代測定値や重鉱物組成などから八戸浮石流凝灰岩に対比される
(山口、一九九三)。浅瀬石(あせいし)川流域では古懸浮石流凝灰岩の分布が少なく、上流
部の葛川(くずかわ)付近で確認したのみである...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第六節 医学都市の衛生対策 三 上下水道施設の整備
上水道設備の向上
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
と人員を必要とするため、地方自治問題からも検討課題は多い。弘前市周辺地区では、な
んといっても岩木川・浅瀬石川水系が水源となる以上、両河岸地域の協力が必要である。
昭和四十九年(一九七四)三月十四日、弘前市では、それまで岩木...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
花巻面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
花巻面は河成段丘であって、黒石市花巻および豊岡などが位置する。標高一〇五~一一五
メートルの、浅瀬石川への緩い傾斜面で、浅瀬石川に沿って最大幅五〇〇メートルの帯状
の分布を示し、背後には柏木(かしわぎ)山、高清水(た...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
田舎館面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
浅瀬石川南岸および平川流域内に帯状の自然堤防として分布している。高度は浅瀬石川
域において、黒石市浅瀬石付近で五〇~六〇...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
谷底平野
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
浅瀬石川および平川流域内には砂礫を主体とする谷底平野が分布している。流域には河川
に平行する土手が築造され、背後の谷底平野...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
田火山起源の火砕流凝灰岩は、少なくとも2万8,000年前と1万3,000年前の2回にわたって
平川及び浅瀬石川流域を通って津軽平野に達したものと考えられる。弘前市街地及び津軽
平野下でのボーリング資料等で確認される浮石凝灰岩...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 2.青荷層Ⅲ)(あおにそう)
[[青荷層Ⅲ)(あおにそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
今泉(1949)の命名によるが、ここでは北村ほか(1972)の再定義による。模式地は、黒石市
浅瀬石川(あせいしがわ)支流の青荷川流域。浅瀬石川東方の丘陵地一帯に広く分布する。
本層の下部は、基底礫岩*7・凝灰角礫岩...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 8.板留層Ⅷ)(いたどめそう)
[[板留層Ⅷ)(いたどめそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の命名によるが、ここでは村岡・長谷(1990)の再定義による。模式地は、黒石市板留南縁
から沖浦に至る浅瀬石川沿い。浅瀬石川沿いの、板留南方から虹ノ湖周辺にかけて広く分
布する。岩相は、非火砕物と安山岩質火山噴出物に大別され...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 29.下山形礫層Ⅵ)(しもやまがたれきそう)
[[下山形礫層Ⅵ)(しもやまがたれきそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
小高ほか(1970)の命名による。模式地は、黒石市下山形付近の浅瀬石川北岸の中位段丘崖
。上位の浅井火山灰ともに、浅瀬石川流域での中位段丘を構成している。岩相は、模式地
では斜交層理のよ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 41.遠手沢層(とおてざわそう)
[[遠手沢層(とおてざわそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
岩井(1962)の命名による。模式地は、平賀町尾崎及び遠手沢付近。模式地周辺及び浅瀬石
左岸に分布する。岩相は、砂岩及びシルト岩から成る。下部は砂鉄を含む中~粗粒砂岩
から成り、軟体動物化石を含む。中部...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 二 青森県の板碑分布
[[青森県の板碑分布]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
分けて考えることができる。その第一は岩木川と平川の合流点、藤崎町藤崎と弘前市三世
寺を北限とする平川・浅瀬石川の流域、黒石~大鰐を結ぶ東根の山麓地方及び岩木山麓の
西根地方、言い換えると津軽平野内陸部に相当する。第二の分布地...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
平野内の水系と等高線の配置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
本海に注いでいる。途中の藤崎付近では、大鰐山地に源を発する平(ひら)川と十和田湖の
外輪山に源を発する浅瀬石(あせいし)川が合流している。岩木川の河床勾配は弘前市まで
はきわめて緩やかで、蛇行しながら河口の十三湖...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の概説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
域に区分し、最北端に潟湖(せきこ)(8)である十三湖が位置している(写真3)。藤崎以南の
弘前盆地では浅瀬石川や平川などの流域に扇状地が形成され、台地状に発達している。平
野中央部の、藤崎から五所川原にかけての自然堤防帯は氾...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の発達史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
十三湖付近では日本海側に開放した扇状地が展開していたと考えられる。平野最奥の弘前
盆地では、平川および浅瀬石川などの河川から供給された多量の砂礫により扇状地が形成
され、また十和田カルデラに起因する火砕流堆積物の流下によって...