弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (3 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (11 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (2 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (4 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (4 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
領内荒廃が進行しているとして、出頭人グループ主導の藩政を批判している。宝永六年十
一月から翌年夏までの津出の見込みによれば、前年に比べて三万石多い一三万石余となり
、そのうち売却した後「御城御普請料」に充てら...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (二)商品流通と商人統制
津出・抜け米の取り締まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
視は当然領内だけでなく、領外への移出にも向けられた。秋田領に通じる早瀬野(はやせ
の)、箱館への不正な津出があった青森、ほかに他湊に通じる十三・小泊などで摘発が行
われた。没収された品物は大豆・水油・たばこ・...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 一 開港と武備の充実
安政期の蝦夷地警備と交通問題
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
だけで処理を終えざるをえなかった(「国日記」安政四年八月二十四日条)。また、不正に
旅をする通行人や隠津出(かくれつだし)という密輸を水際で摘発すべき湊役人の実態も、
この安政期には散々なありさまであった。特...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 一 慶長五・六年の動乱と津軽氏
関ヶ原の戦いと津軽氏
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
閣様御置目」のごとくと称する朝鮮出兵時の軍役に依拠して大名たちに動員が課せられた
ものとして、さらに島津出兵の覚書との連動がみられるとすれば、次のように考えること
ができる。第一次朝鮮出兵の際、文禄二年(一五...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 五 殖産政策と文教政策
鉱山の開発
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
負担となっていったのである。元禄年間には生産の主力が銅・鉛へと移行した。銅・鉛の
積み出しには湊役銭・津出役は無役とされ、便宜が図られていた(資料近世1No.一〇七八
・一〇七九)。その後、藩では、尾太鉱山を...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
糧米確保
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
あるものの松前は除外されていた。七月二十一日、松前藩の家老から青森町奉行を通じて
六、七〇〇〇石の米の津出が求められている。津軽弘前藩は一度はその申し入れを受け入
れるが、江戸藩邸による最終的な決定では減石と...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
穀留(こくどめ)の処置が講じられた。弘前では和徳町の山本四郎左衛門が藩の買米を担当
し、家中の知行米や津出米の管理・販売なども行うなど特権的立場を持つ御用商人となっ
ていった。安永年間は米価も高く、買米制のも...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
青森以外の町の騒動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の騒動にも同じ陸奥湾岸に面する青森騒動の影響がみられる。同じ西浜の深浦では天明三
年七月三十日に蔵米を津出しようとした問屋、三国屋助左衛門・秋田屋惣左衛門が打ちこ
わしを受けた。深浦町奉行は八月になり、首謀者...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
領内戸数・人数・諸家業調べおよび諸家業・諸職の統制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、これらの措置を徹底するため、家業札の掲示を命じるとともに、隠家業・隠職・隠仲買
、さらには隠田畑・隠津出などについて、五軒組合に過料を定めて取り締まりの末端を担
わせている(資料近世2No.五一・五二・六九...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (二)黒石藩の成立
黒石藩の位置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
絶対性をおおむね認める立場をとった。経済財政面では、天保十一年(一八四〇)一月、弘
前藩から黒石藩への津出し米に関する指令にみられるように、黒石藩の廻米は届出制なが
らも、ほぼ完全に弘前藩の管理下にあった。そ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
で、その内訳は自他領への米の売却(「払米」)が二万七七八八両で約六七パーセントを占
め、他に米穀・酒の津出料が多く、あとは田畑への高掛金(たかがかりきん)、酒造役金な
どであるが、米穀収入に基盤を置く体制に変...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 二 旧慣廃止と新風俗
生活刷新の布告
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
は差さず、二、三人連れで町々を巡回する役が置かれるようになった。後の巡査の始まり
というべきもので、会津出身者が多かったという。町を見廻って通りに馬糞やわらじ切れ
などが捨てたままになっていると、すぐさまその...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 序 はじめに・例言・目次
新編 弘前市史 資料編2(近世編1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
八三一海運に関する布達……………………………………………………………………九八三
二出舟・出人、湊口、津出・入津役…………………………………………………九九一三廻
米の状況………………………………………………...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
第二節 海運の発達
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
一海運に関する布達二出舟・出人、湊口、津出・入津役(旧八木橋氏蔵)三廻米の状況(一)
上方廻米(二)江戸廻米(三)江戸・上方廻米(四)他国米買入...