弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (7 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 二 深い海に泥が堆積した時代
深海に堆積してできた地層
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
子を観察してみよう。松木平層を構成する地層は、南に向かって傾斜している(写真57)。
近づいてみると、泥岩層にみえるこの堆積岩は、粒子のサイズによる分類では極細粒砂岩
からシルト岩と呼ぶべきもので、しかも凝灰岩...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
大規模な海底地滑りの痕跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
水が多く含まれているので、振動と圧縮を受けると液状化現象が発生する。こうして亀裂
を生じて分離し始めた泥岩層のあらゆるすきまには、圧縮された地層から絞り出された水
が砂や礫、破壊されてできた地層のかけらを取り込...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 二 深い海に泥が堆積した時代
石油を生み出した地層
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
物中には、たくさんのプランクトンの死骸が含まれていて石油の元(根源岩(こんげんがん
))となった。この泥岩層から熟成して染み出した油は、長い時間かかって地層を作ってい
る粗い粒子のすきまを移動して上昇し、最後に...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 三 日本海の誕生と海底火山の活動
立構山で観察される火道の断面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
腹の下の方にみられる柱状節理の発達した硬い安山岩は、地下から上昇してきたマグマが
、海底を構成していた泥岩層を通過中に冷えて固まったものである。上に向かっていくつ
かに枝わかれした安山岩は、いずれもへりの所では...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち [[山地と丘陵の生い立ち]]
山の上にみられる大昔に川が流れていた跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
畑の中を登って行き、標高一六〇メートル付近の尾根の頂上部が削られた所(図46矢印①)
をみると、傾いた泥岩層の上に砂利がたまっていることに気がつく(写真44)。この場所は
深山沢に平行する北西-南東の尾根から枝...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
津軽平野を覆っていた海
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
この時代の始めごろ、この海はまだ深く、海底には泥や砂混じりの泥が堆積していた。そ
うしてできた暗緑色の泥岩層(大秋(たいあき)層)からは、マキヤマと呼ばれる、白く短い
紐状にみえる海綿の化石がよくみつかる(写真...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 五 日本列島の土台ができた時代
海洋プレートが運んでくるもの
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
けとは限らない。海中に懸濁(けんだく)している泥のような細かな粒子は、たえず海底に
向かって降り注ぎ、泥岩層となる。実際、海洋プレート上で目にみえる厚さとなるまでに
は、チャートと同じように大変長い時間がかかる...