弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (7 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 一 弘前市の位置および外形
[[弘前市の位置および外形]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
て南北で地形の発達が異なり、岩木川以北では岩木山麓に展開する山麓扇状地、平野縁辺
の火砕流台地、そして沖積低地が発達している。山麓扇状地から火砕流台地にかけてはり
んご園として、沖積低地は水田として土地利用されて...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の概説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ここで、津軽平野の地形発達について概説する。図5には沖積低地内の模式的な堆積地形
を示したが、海津(一九七六)によると津軽平野もほぼ同様な発達を示していて、南から...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
第一節 注記
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
たはカルデラ内部にある小型の火山のこと。(6)分水嶺…二つ以上の河川の流域を分ける
山稜をいう。(7)沖積低地…約一万八〇〇〇年前のヴュルム氷期には海水準が現海面より
も一〇〇メートル以上も低く、内陸部には深いV...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
6.独狐遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
2)遺跡の立地遺跡は岩木山の東麓に位置し、岩木川支流の後長根川左岸の沖積丘陵に面し
た段丘とその南側の沖積低地上に立地する。この段丘面の標高は約28mで、眼下の沖積低
との比高差は約4mである。(3)調査の経緯...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
文,鎌倉安土桃山,江戸縄文土器(晩期大洞B式)・土師器7302115高田遺跡弘前市大字高田
一丁目13沖積低地包含地縄文(前・中期)奈良、平安縄文土器,土師器,須恵器7402116尾
上山(2)遺跡弘前市大字高杉...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
平野内の水系と等高線の配置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
と短い。平野内の等高線をみると、藤崎以北では標高二〇メートル未満で、勾配が一〇〇
〇分の一以下の平坦な沖積低地(7)として展開し、特に五所川原以北は五メートル未満で
、勾配が一〇〇〇分の〇・一~〇・二ときわめて低...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
従来の研究
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
賀町付近には開析された扇状地が展開している。青森県表層地質図(二〇万分の一)では河
成段丘(1)および沖積低地として、また青森県地形分類図(二〇万分の一)では開析扇状地
および扇状地性低地として取り扱っている(酒...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
古い扇状地の前縁部を被覆した緩傾斜面となっている。そして、扇状地の下流側には自然
堤防や後背湿地などの沖積低地が展開している。津軽平野南部における、このような地形
の発達を十和田カルデラに起因する噴火活動と関連さ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
第一節~第三節 引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
和田火山起源の浮石流凝灰岩について、年報市史ひろさき第二号、弘前市、一〇~四一頁
海津正倫(一九九四)沖積低地の古環境学、古今書院、二七〇頁青森県教育委員会(一九九
四)稲垣村久米川遺跡発掘調査報告書、県埋文報第...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 一 大浦城の立地と現状
[[大浦城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
ある。北を、岩木山に源を発する後長根(うしろながね)川が流れて外堀の機能を果たし、
南は岩木川の作った沖積低地で、かつては広大な水田が広がっていた。大浦城は、元和元
年(一六一五)のいわゆる「一国一城令」によって...