弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (6 件)

[目録] 文学館 (1 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (19 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (3 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[年表] 年表・索引編 (14 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
正徳から天明にかけての大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の大名課役と同一路線にある。手伝普請はこの時期五回命じられている。その内容をみる
と、寺社普請が二度、江戸城城門普請が一度、河川普請が二度である。正徳三年(一七一
三)、津軽信寿(つがるのぶひさ)は、相役の富山...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
綱吉政権下における大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
戸に参府した大名に対して、幕府は家格・石高に合わせて務めを課した。その最も基本的
なものは儀礼のたびに江戸城に登城し、将軍へ挨拶することであった。このほかには、幕
府役職の任命(ほぼ譜代大名に限られる)、江戸城...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 二 越後への転封問題
津軽信枚の越後転封
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
し、二十五日になると事態は一変し、幕府は処罰方針を打ち出し、上杉景勝・伊達政宗・
義宣の家臣一人ずつが江戸城に呼ばれ、正則の件につき三人に相談する予定であったが、
それを中止する旨言い渡されている。幕府は、秀忠...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
を含む大名家の公事訴訟、幕府にて決着せざることを伝える。●寛永十二年(一六三五)、
この年、津軽信吉、江戸城天守台の普請に参加するという。●寛永十三年(一六三六)七月
二十六日、幕府老中、津軽信吉へ奉書を下し、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
近世大名と大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の役には、幕府役職への就任や、上洛・日光社参時の将軍への供奉(ぐぶ)、改易大名の領
地受け取り・在番、江戸城の門番、江戸市中の火消役、他領検地、普請役、全国各地の関
所番、幕府からの預人(あずかりにん)の管理、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江戸幕府からの軍役負担
江戸時代初期の大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
に津軽家が江戸時代初期に普請役を務めたという記録として、「津軽徧覧日記」に、寛永
十二年(一六三五)、江戸城天守台普請を命じられたことが記されているが(同前No.五八〇
)、この普請に関する一次史料が現在確認で...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 一 初代・二代藩政の動向
初代為信の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
。その理由は、大坂の豊臣氏との緊張関係、朝廷対策つまり征夷大将軍宣下、西国の有力
外様大名対策、そして江戸城の未完成等が複雑に絡み合ったためである(藤井譲治『日本
の歴史⑫江戸開幕』一九九二年集英社刊)。このた...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 一 築城と都市高岡の形成
為信の築城計画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
七)まで毎年上洛(じょうらく)しており、町屋建設の陣頭指揮をとれる状況ではなかった
。この点は、家康も江戸城建設に取りかかりながら、毎年上洛していたため工事が遅々と
してはかどらなかった状況(藤井譲治『日本の歴...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 二 三代藩政の動向と家中騒動
舟橋騒動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
た、対馬の宗家(そうけ)重臣柳川調興(やながわしげおき)を預けられたり(同前No.五七一
)、同年には江戸城天守台の普請に参加する(同前No.五八〇)等、幕府の公役を勤めており
、多忙であった。このうち国書改竄...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 二 越後高田領検地と領内統一検地
越後高田領検地の実施
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
にも同目録を提出した(同前天和三年閏五月二十八日条)。続いて七月二十八日、検地のお
もだった役人五人が江戸城に召され、他藩の家臣とともに白銀・時服(じふく)を下賜され
た(同前天和三年七月二十八日条)。津軽家が...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 五 殖産政策と文教政策
文教政策の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の兵法として重んじられ、講じられることになった。信政も元禄七年二月十五日、儒学を
奨励した綱吉の講釈を江戸城内で聞いている。同年帰国した信政は、儒学・兵学の振興に
より一層力を入れる。まず信政自身が六月五日に重...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
信寿の高増運動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
領地の石高、将軍家との親疎などの要素から家格が決定され、これらの要素の外に、大名
が叙任される官位や、江戸城内での殿席(でんせき)(詰の間と控の間の区別)、行列に持参
することを許される行装(長刀や長柄の槍、挟...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (一)高直りと相馬大作事件
二度の高直り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
来、代々、従五位下の官位が続いた津軽家にとって、二〇〇年ぶりの昇進であった。四位
(しい)ともなれば、江戸城内で大広間詰(おおひろまづ)めとなり、城中の待遇も従来とは
異なって世間の目も違うことから、藩主と側近...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (一)高直りと相馬大作事件
相馬大作事件
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
。秀之進はこのことに不満を抱き、寧親に果たし状を送って辞官隠居を勧め、それが聞き
入れられないときには江戸城に登城する前か、もしくは参勤交代の途中など、チャンスを
うかがって寧親を暗殺しようとした。秀之進は文政...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (二)黒石藩の成立
黒石津軽家の大名昇格
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、十二月十六日には叙爵に与り、従五位下・甲斐守に任ぜられた。図164.黒石陣屋図文化
七年正月、親足は江戸城において、将軍家斉から盃を賜り、時服を拝領。五月、大名とし
て初の黒石入りをし、蝦夷館(陣屋構内)に茶...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (二)黒石藩の成立
黒石藩の位置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
は、弘前藩一〇万石内における一万石の内分分家大名として幕府から認知され、それにし
たがって、文政四年の江戸城鍛冶橋門(かじばしもん)警護などの公役(くやく)を課されて
いたのであり、非常事態においては、本藩同様...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (一)文政四年の警備引き揚げ
「松前復領期」における蝦夷地派兵準備体制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、先代同様蝦夷地警衛に勤めるようにとの申し渡しがなされた。たとえば、天保十年(一
八三九)五月十六日に江戸城中で達せられた津軽黒石藩主津軽順徳(つがるゆきのり)(順承
(ゆきつぐ)、一八〇〇~一八六五)の本家弘...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
取り調べと牢屋
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
幕府では江戸城下で容疑者が逮捕されると、同心・目明などにより簡単な吟味が自身番屋
(じしんばんや)(町内警備を主目的...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 一 開港と武備の充実
金木屋日記にみる対外危機
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
世2No.一九四)。当月三日、相州(そうしゅう)浦賀へ一万石位積の船五艘が入港したが、
その時諸大名は江戸城中で能(のう)を見物中であり、能が終わってからどう対処するかの
評定(ひょうじょう)がもたれた。五艘の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 二 沿岸警備と蝦夷地警備 (三)蝦夷地分領体制と西蝦夷地の経営
「分領」と津軽弘前藩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
二十七日、津軽弘前藩主津軽承烈(つぐてる)(後の承昭(つぐあきら)、一八三四~一九一
六)の名代として江戸城に登城した津軽黒石藩主津軽承叙(つぐみち)に対して、幕府は蝦
夷地の開発と守衛が時節柄重要になってきた...