弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (10 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 一 弘前市の位置および外形
[[弘前市の位置および外形]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
おおわに)山地が展開し、そして山地から平野部への出口付近には扇状地が、下流側には
扇状地性の低地および氾濫原(はんらんげん)(1)が発達している。山地縁辺から扇状地に
かけてはりんご園として、扇状地性の低地から...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の発達史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る(図6)。またこの海退期には、蛇行する岩木川の氾濫によって平野中央部が自然堤防と
後背湿地とからなる氾濫原の環境へと変化し、板柳町幡龍(ばんりゅう)橋および鶴田町鶴
寿(かくじゅ)橋下の岩木川河床で確認された...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
清野袋面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
扇状地の下流側に分布する氾濫原は、微高地をなす自然堤防と後背湿地とからなり、前者
が清野袋面であり、後者が駒越面にあたる。図28に示...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
津軽平野
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
扇状地が展開し、藤崎町から五所川原にかけては、後背湿地と自然堤防が帯状に分布する
扇状地性の低地および氾濫原として展開している。そして、五所川原から平野北端の十三
湖にかけては三角州性の低湿地として展開している...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の概説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
の流域に扇状地が形成され、台地状に発達している。平野中央部の、藤崎から五所川原に
かけての自然堤防帯は氾濫原であって、掌(てのひら)状の自然堤防とそれに狭まれて分布
する後背湿地が良好に発達している。微高地にあ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
第一節 注記
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
〔注記は『新版地学事典』(平凡社)から引用したものである。引用・参考文献は第三節末
尾を参照。〕(1)氾濫原…河川流域の低地において、洪水の浸水によって生じた緩やかな
勾配の土地をいい、自然堤防・河道跡・後背湿...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平野南縁の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る。一方、黒石市より下流側の常盤村付近では等高線の間隔が粗く緩傾斜面であって、扇
状地性の低地あるいは氾濫原(はんらんげん)(10)として展開している。田舎館村は浅瀬石
川の河床面あるいは背後の扇状地性低地から...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
市街地の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
を開析扇状地として取り扱ってはいるが、詳細な分類は行っていない。筆者はこの地域を
開析扇状地と下流側の氾濫原とに大別し、その構成層から判断して、上位から桔梗野面・
松原面・原ヶ平面・城東面(高杉面)・広野面・境...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
駒越面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
氾濫原のうち、後背湿地にあたるのが駒越面である。岩木川以西では清野袋面の背後に位
置している。東方では自然堤...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
第三節 注記
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
とがある。(9)開析扇状地…河川の運搬土砂量の減少、流量の増加などにより開析を受け
た扇状地。(10)氾濫原…扇状地の分布域の下流側に河川の氾濫によって形成された堆積地
形で、自然堤防や後背湿地などが顕著に発達...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の限界性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
起こし、町屋まで浸水するという事件があった(同前No.二一八)。実際、堀越城跡の発掘
調査では、平川の氾濫原に位置していたため、たびたび洪水に見舞われたと報告されてい
る。堀越城は、岩木川東岸で浅瀬石川・平川に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
農村の再開発
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
参照)。藻川村(もがわむら)(現五所川原市藻川)は、岩木川中流右岸、岩木川と十川(とが
わ)の合流する氾濫原に位置する村である。寛永年間から開発された五所川原新田の一つ
で、この当時は広田組に属していた。「国日...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 一 堀越城の立地と現状
[[堀越城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
から南西五〇〇メートルの、津軽平野南部の沖積扇状地に位置しており、沖積扇状地の東
端、東を流れる平川の氾濫原から約三メートルの比高差をもった高みを利用して設けられ
た平城である。堀越の地は、中世において津軽平賀...