弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (11 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (4 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見作事板の運上と太閤蔵入地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
事板の廻漕費用調達に必要なため設定された(長谷川成一『近世国家と東北大名』一九九
八年吉川弘文館刊)。杉板の廻漕は、主に秋田氏の領内に設定された太閤蔵入地からの収
入がその費用に充当させられた。慶長元年以降の...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
と苅場沢に決定するという。●慶長元年(一五九六)七月、この月、秋田実季、津軽為信へ
伐採した伏見作事用杉板を渡し、為信受領して敦賀へ廻漕する。●慶長二年(一五九七)正
月二十六日、津軽為信の次男津軽信堅、死去...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見木幡山城の築城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
上を命じられたのは文禄四年(一五九五)のことであったが、それ以降、秀吉の死去の翌年
である慶長四年まで杉板を継続して廻漕している。なお、文禄四年には伏見指月城の杉板
廻漕が秋田氏単独であったものが、翌慶長元年...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
間に立ってその意向を伝える取次であり、その取次を行う相手は秋田氏と仙北の小名衆で
あった。秋田山からの杉板廻漕は、秋田実季を中心とし仙北・由利の小名衆や津軽氏をも
含む「隣郡之衆」であったが、この「隣郡之衆」...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
[[伏見杉板の賦課]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天正十九年(一五九一)九月の九戸一揆鎮圧から間もない十二月、豊臣秀吉は関白(かんぱ
く)職を甥の豊臣秀...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見築城と奥羽大名
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
名護屋参陣中に材木の献上を命じられていた。実季は、伏見城の普請役を免除される代わ
りに、その用材である杉板を豊臣政権から賦課されていたのであり、これは伏見城の普請
役に代替する役儀として材木調達を命じられたも...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
豊臣政権の奉行衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
秋田氏へ杉板運上の朱印状を取り次いだ人物は、文禄元年は加賀の前田利家、文禄三年(
一五九四)は秀吉の家臣木下吉隆(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 二 浅利騒動への加担
浅利騒動の停戦命令
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
派の前田利家や徳川家康らと激しく権力抗争を重ねていた。長束は、文禄三年・文禄四年
・慶長元年の三年間、杉板運上にかかわる秀吉朱印状を秋田実季へ取り次いでおり、秋田
領からの伏見作事板徴収によって政権を強化する...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 序
新編弘前市史 通史編2(近世1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
~西根から東根へ…………………70第四節豊臣政権への軍役…………………………………
…………80一伏見杉板の賦課………………………………………………80二浅利騒動への加
担……………………………………………9...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
人質徴収
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
なり、最終的には、文禄元年(一五九二)の肥前名護屋への出陣、慶長元年(一五九六)から
の秋田の伏見作事杉板の廻漕(かいそう)へとつながる、まさに「際限なき軍役」に結びつ
いていた。なお、夷島については、朱印状...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 三 対幕府・公家関係の展開
津軽家宛ての領知宛行状と領知高の変動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の域を出ない。秀吉当時の大名の領知高を記した各史料と、豊臣政権下で北奥羽の大名に
課された役である秋田杉板の作事板搬出割り当ての状況から検討すると、津軽氏と出羽仙
北で三万一六〇〇石を領していた小野寺氏の割り...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
)。文禄四年(一五九五)からの伏見作事板の運送に、北陸の運送業者が秋田実季(さねすえ
)領から敦賀への杉板の廻漕を行っていたことが知られる(『能代市史』資料編中世二)。
さらに慶長二年(一五九七)六月に、最上...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 一 明治天皇の巡幸
行在所金木屋
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
関を新築、これには緋緞子(ひどんす)の幕を張り、廊下の板には白天竺(てんじく)木綿を
敷き詰め、天井は杉板で張った。台所には御調理場を設け、その天井を白金巾をもって張
り、別に天皇の御手道具置所とされた大座敷...