弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (51 件)

[目録] 文学館 (67 件)

[目録] 成田文庫 (100 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (67 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (148 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (213 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (315 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (338 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (281 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (84 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (46 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (17 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (27 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (4 件)

[その他ページ] (10 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (3 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (8 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (27 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (26 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (13 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (17 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (29 件)

[年表] 年表・索引編 (72 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
大正4年測量今泉道次郎編「弘前市地図」弘前市立図書館蔵弘前市史寫眞館(治・大正
)1廃藩置県~昔の弘前城〈治4年〉2「学制」頒布〈治5年〉~含英女小学校集合写真
3りんご...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第二節 美術界の様相 一 治期の美術
国内外の博覧会
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
治期における万国博覧会・内国勧業博覧会などの国が主催する内外の博覧会は、開国ま
もない日本と世界を結ぶ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 二 都市財政の展開
弘前市における県税と国税
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
税の推移を示している。主要な県税は営業税関係の諸税と雑種税、戸数割である。地租割
は五%前後を増減し、治三十二年の地租増徴にかけて漸増したこと以外には、際立った
特徴は見られない。表26弘前市県税(予算)...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 二 都市財政の展開
市税の構造
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
表22は、市税の弘前市歳入に占める位置を見るために、弘前市の予算を治二十二年以後
五年間隔で示したものである。これによれば、市の歳入に占める市税の構成比は、治期
から大...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 八 金融業の展開
県下銀行の発展と金融都市弘前
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
日清戦争(治二十七~二十八年)後の好景気は青森県にも波及し、治二十七年(一八九
四)末に二四社あった県内の会社...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第四節 農林業の発達 一 りんご栽培の拡大と販路拡張
りんご生産の展開と農業振興
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
津軽地方の水田地主は、治三年(一八七〇)の弘前藩による土地取り上げによって、一〇
町歩以下の土地保有に抑えられた。取り上げら...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 三 軍制改革の展開 (一)軍制改革の開始
御軍政局の発足と組織
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
すでに述べたように、治元年(一八六八)三月十八日に藩は軍政局を設置する布令を発し
、藩主自筆書・家老口達をもって諸士に示し...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 六 通信・運輸
運輸事業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
運輸に関しては、治政府は治元年五月に商工業の自由な発達を図るため、商工業の株
仲間制を廃止し、さらに同月には関所を廃...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 一 青森県の成立と経済制度改革
家禄制度改革
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
治四年(一八七一)七月に廃藩置県が行われ、旧弘前藩は弘前県となり、知藩事(藩名を
付すときは、弘前藩知...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 五 日露戦後の商工業
日露戦後の工業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
日露戦後期の弘前市における重要生産物は表40のとおりである。治四十三年(一九一〇)
の生産金額では、清酒が最も多く、織物がこれに次いでいる。表40重要生産物種目...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第三節 音楽界の様相 五 洋楽・学校音楽・軍歌
学校における音楽
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
治五年(一八七二)に東奥義塾が設置され、続いて、治六年(一八七三)に一番小学
(現朝陽小学校)、二番...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
菊池楯衛とりんご植栽
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
治政府は、殖産興業政策の一環として洋種果樹の生産を奨励した。治四年(一八七一)
六月に、北海道開拓使...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 一 青森県の成立と弘前 [[青森県の成立と弘前]]
県政初期の混乱
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
て県名とした。青森県の命名はこれに該当する。特に青森県の場合、内務省の「地方沿革
略譜」で「青森県置県治四年十一月二日廃青森県更置之」とあるように、弘前藩から自
動的に弘前県となり、そのまま合県で青森県に...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 一 青森県の成立と経済制度改革
貨幣制度の改革
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
治政府は成立以来、急速に貨幣制度の改革を進めていった。治元年には太政官札(金
札)を発行して全国的に...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 六 通信・運輸
電信事業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
わが国の通信・運輸の近代化は、まず治二年(一八六九)に電信が開通し(東京・横浜間)
、次いで治四年(一八七一)に郵便(東京・京都・大阪...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 二 都市財政の展開
弘前市財政の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
地租の軽減や増徴の問題は、治期の全国的な政治活動の争点の一つであり、以後もしば
しば政治問題化した。これは農村部に限ったことでは...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第四節 近現代の建築 一 治時代の洋風建築
学校建築・公共的建築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
みると、学校建築については、既述のように、学制発布当初のころは民家の借り上げによ
って設置され、その後治十一年(一八七八)に朝陽小学校、治十六年(一八八三)に
城西小学校、治十八年(一八八五)に大成小...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 治前期の弘前 第三節 弘前地方の経済活動 三 殖産興業と士族授産
殖産興業の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
治十一年(一八七八)の第五十九国立銀行創設など、士族の禄券などを主たる元手とする
企業の設立が見られ、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 七 経済団体の活動
弘前商業会議所の活動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
商業会議所は、治二十三年(一八九〇)制定の商業会議所条例に規定された団体であり、
順次各地に設置されていった。青森県...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第四節 近現代の建築 一 治時代の洋風建築
棟梁・堀江佐吉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
弘前における洋風建築について述べるとき、覚仙町に生まれた棟梁・堀江佐吉(ほりえさ
きち)(弘化二-治四〇一八四五-一九〇七)を抜きにすることはできない。佐吉の家
は祖父の代から藩お抱えのお城大工を勤め...