弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (5 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (5 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
陶磁器と地域社会
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
相」のなかに入り、煮炊きの基本は鉄鍋だけで土器の鍋を使用しない。貯蔵具・調理具は
、越前焼を基本とする日本海交易の中に組み込まれている。陶磁器に関しては日本海交易
圏でありながら、かわらけという器ををほとんど使用し...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第一節 大浦氏の統一政権への接触 二 異民族との接触
津軽地域の確保と蝦夷荒
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
としても機能していたと思われ(資料古代・中世No.一〇二五)、大浦氏は鰺ヶ沢を確保す
ることによって、日本海交易に参加するための道を開いた。さらに、同じ天正期に、喜良
市(きらいち)(現金木町)にも八重・左助という...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
なる瀬戸施釉陶器小型品や、珠洲(すず)の壺・甕(かめ)・すり鉢、越前甕貯蔵具・調理具
などの流通による日本海交易の転換を背景に、北半部の広範囲にわたって都市的空間が形
成されるに至った。③十四世紀末以降、最も整備さ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第二節 室町・戦国期の津軽 一 「日の本将軍」安藤氏
夷千島王の朝鮮遣使
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
と、朝鮮北部国境地方のようすを知っていることなどから、日の本将軍としてある程度の
独立した勢力を持ち、日本海交易と密接にかかわる安藤氏ではないかといわれる。日の本
将軍の呼称と同じように、この夷千島王についても、地...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 一 十三湊と津軽
湊の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
おり、北辺の湊のイメージというよりは、広域流通の拠点的湊と考えることもできる。ま
た、十三湊の重要性は日本海交易の中核港湾であった三国湊(みくにみなと)(福井県三国
町)の事例にも認められる。正和五年(一三一六)の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 四 中世の住居とムラ
ムラの建物
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
中国製染付および瀬戸・美濃(志野も含む)・唐津を使い、擂鉢に越前・肥前・備前を使用
する組み合わせは、日本海交易で運ばれた印象を受け、当時の最先端の食器を使用してい
た人々を想定できる。とくに、火葬墓群の存在は一般...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (一)歴史的な激化の背景
文献史料から見た戦国動乱の激化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
どといったものではなく、土地の取り合いと伐(き)り取りである。その過程における在地
勢力の取り込みと、日本海交易に参加することにあったということができる。南部氏は延
徳三年(一四九一)、南部久慈(くじ)氏の一族光信...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
[[青森開港と初期海運]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
目の田中九兵衛も津軽へ進出し、深浦・鰺ヶ沢・十三の各湊へ入津している(和泉清司「
近世における津軽藩の日本海交易」年報『市史ひろさき』二)。また、近世前期までの津
軽と上方との交易品としては、津軽領から米や大豆等の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 一 町方支配機構の再整備~町役負担の変遷
町年寄の由緒
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
れらの開発に従事した松井家は、津軽氏の領国形成に不可欠の要素であった、岩木川舟運
・十三湊、ひいては、日本海交易への結びつきを積極的に推進する立場にあったのだろう
。また、表中の「知行取之分」など町支配の下部組織が...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 二 商品流通の発展と城下の変容
由緒書から
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
み、鰺ヶ沢を拠点として茶の販売を営んでいた問屋であったという。このように、十六世
紀の末ころには、近世日本海交易の原形が、かなり具体的な姿を現しつつあったといえよ
う。
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第3節 中世・近世の住居と集落
〈地域的な差〉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
るものは14~16世紀まで日本海側から馬淵川流域にほぼ限定される分布を示す。このⅠ型
-②の建物跡は、日本海交易による珠洲・越前・唐津陶磁器の分布範囲と一致している。
これは北陸地方などから移動した建築技術が、地域...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
発掘調査報告書」(青森県埋蔵文化財調査報告書第59集)1980年*17佐々木達夫「津軽出土
の陶磁器と日本海交易」(白水7号)1979年 佐々木達夫「日本海の陶磁交易」(日本海文化8
号)1981年 佐々木達夫「遺...