弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (12 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (2 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (3 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (3 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
上方廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
上方廻米は、貞享四年(一六八七)にすべての上方廻米を大坂着とする政策が出される以前
は、敦賀と大坂の両方に廻着していた。なお、同年以後も敦賀・大津への廻米は断続的に
実施され、大坂廻米の補足的な...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見作事板の運上と太閤蔵入地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
げ代、かすがい等の分として差し引かれ、残った四二二一石余から二三三三石八斗五升一
合が秋田領より越前の敦賀湊までの運賃として支払われている。この秋田から敦賀までの
廻漕は、表3のように秋田氏自身のほか、小野寺...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
近世初期海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
深浦澗(ふかうらま)は避難港としてよく利用された湊であった。その観音堂に、寛永十年
(一六三三)、越前敦賀の庄司(しょうじ)太郎左衛門が奉納した北国船(ほっこくぶね)の絵
馬が奉納されており、同寺にある他の絵...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
若狭・敦賀(つるが)を中点として、日本海沿岸地域と畿内とを結びつけた北国(ほっこく)
海運は、古くから発達してい...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
豊臣政権の奉行衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
や、浅利騒動において秋田氏を擁護した秀吉家臣佐々正孝、木下吉隆らに交代した。なお
、伏見作事板は、越前敦賀・三国(みくに)、若狭小浜(おばま)の豪商によって担われ、す
べて敦賀湊に一旦陸揚げされ琵琶湖を経て伏...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
責され、浅野長吉、利家の陣屋へ不参の状況を伝える。●文禄二年(一五九三)、この頃津
軽氏、京都・大坂・敦賀・駿府に屋敷を構えるという。●文禄三年(一五九四)、津軽為信
、堀越城を修復し、大浦より堀越へ、家臣団...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見築城と奥羽大名
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
った。奥羽の大名の中で、この伏見指月城の普請にかかわったのは秋田実季だけであった
。実季は、文禄三年に敦賀(つるが)城主大谷吉継(おおたによしつぐ)の家臣と考えられる
高橋次郎兵衛に「橋板」八二〇間を渡し、十...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 二 領知安堵と太閤蔵入地の設定
太閤蔵入地の設定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
月、秀吉は仁賀保(にかほ)兵庫ら由利五人衆に、秋田実季より「伏見向嶋橋板」(伏見作
事板)を受け取り、敦賀へ廻漕することを指示した(『能代市史』資料編中世二)。そして
、このとき、舟賃は「秋田蔵米」を充てるこ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
禄四年に確定していく(同前No.六二)。津軽領には太閤蔵入地が設定され、この太閤蔵入
地からの年貢米を敦賀の豪商組屋(くみや)源四郎に命じて南部領へ売却させたのは奉行浅
野長吉であった(同前No.五九)。長吉...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
洛して政権の要人と接触する必要に迫られたのである。為信は、文禄二年ころ、京都・駿
府(すんぷ)・大坂・敦賀に屋敷を設け留守居(るすい)を置いたが、これは上方を含む諸国
での需要に利用するとともに、近衛(このえ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
[[青森開港と初期海運]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の経済的関係は、寛文年間(一六六一~七三)、上方に至る西廻り航路が成立するまでは、
主として北陸地方の敦賀(つるが)や小浜(おばま)の廻船商人を通して行われていた。近世
初期の段階では、敦賀の廻船商人で徳川家...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運と領内の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
まい)の南部と小浜への売却が知られる(資料近世1No.五九)。津軽氏の上方廻米は、為信
が京都・大坂・敦賀に屋敷を構えた文禄二年(一五九三)ころに開始されたと推測される(
同前No.五五)。敦賀の蔵屋敷には御...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
れ、廻米の販売が行われたのであった。国元と大坂間の蔵米の廻漕を蔵元が担うことによ
り、藩が主導していた敦賀廻着の段階と異なり、隔地間の価格差による利ざやを得ること
が可能となるシステムが確立した。また上方廻米...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
立国文学研究資料館史料館所蔵の津軽家文書、京都府立丹後郷土資料館所蔵の丹後国元結
屋三上家文書、福井県敦賀市立図書館所蔵の高島屋文書、船登源兵衛文書などからなって
おり、これらの文書、日記類を項目立てに従って...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) [後付]
協力機関及び協力者一覧(各機関・個人ごとに五十音順、敬称略)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
図書館(北海道函館市)大東急記念文庫(東京都世田谷区)高照神社(青森県岩木町)長勝寺(
青森県弘前市)敦賀市立図書館(福井県敦賀市)東京大学史料編纂所(東京都文京区)東京都
立中央図書館(東京都港区)東北学院...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 四 阿倍比羅夫「北征」
阿倍比羅夫の登場
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
倍氏は、このように「阿倍+本拠の地名」を氏族名とする多数の氏族からなっていた。一
説に、比羅夫を越前国敦賀(つるが)郡引田(ひけた)郷出身とする地元越の大豪族とするも
のがあるが、比羅夫は大化五年(六四九)制...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (三)キリシタンの流罪とキリシタン改め
[[キリシタンの流罪とキリシタン改め]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
夷地とともに中世から流刑の地であった津軽へ流罪とした(資料近世1No.三一二)。京都か
ら大津を経て、敦賀港から五月二十四日に乗船して、六月十七日に外浜に着いた。この外
浜とはどこかわからないが、深浦か鰺ヶ沢...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (五)浄土真宗の寺院
浄龍寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
四四)、善覚が創建した(資料近世2No.四〇九)。『新撰陸奥国誌』によると、善覚は越前
国(現福井県)敦賀の出身で、正保元年にこの地に至り、慶安元年(一六四八)に一寺を創建
したという。
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第7章 藩政期の人々の生活と文化 第一節 武家の生活 二 弘前城と江戸藩邸 (二)江戸における屋敷
[[江戸における屋敷]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
弘前藩は、江戸に多くの屋敷を構えていた。その他にも大阪や京都、敦賀などにも屋敷が
あったのである。その中で江戸においては、「上屋敷」から「中屋敷」、「下屋敷」があ
り、さ...